スキンシップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スキンシップ(skin ship)は、互いの身体の一部を触れ合わせることにより親密感帰属感を高め、一体感共有しあう行為を指す言葉である。

子供など家族関係にある者や、友人同士が手を握り合ったり抱きしめ合うものや、話しかける相手の身体に軽く触れる行為もスキンシップと言える。

飼い犬や猫、また公園に見かける鹿やハト、動物園で飼育されているキリンなど、人に慣れた動物が、明らかに意図的に人間にすり寄って来る様子も動物からのスキンシップと言えるが、単にエサを求めている場合との見極めが必要である。

スキンシップという言葉は、1953年に開催されたWHOセミナーで、アメリカ人女性がたまたま話した造語を平井信義が日本に持ち帰り、やがて全国的に広まったと『日本大百科全書』では紹介されているため、和製英語であるか否かの判断は別れる。

英語圏では、該当する行為はフィジカルインティマシー(: Physical intimacy)というため通じにくいものの、「スキンシップ(skin ship)」という活字を含む表現自体はSNSサイトなどを中心に共有されており、全く理解されないという訳ではない。日本以外では、韓国でも日本語からの輸入でスキンシプ(스킨십)という言葉を使っている。

関連項目[編集]

脚注[編集]