ブラックマンバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラックマンバ
Dendroaspis polylepis head.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: コブラ科 Elapidae
: マンバ属 Dendroaspis
学名
Dendroaspis polylepis
(Günther, 1864)
和名
ブラックマンバ
英名
Black mamba

ブラックマンバ学名Dendroaspis polylepis)は、コブラ科マンバ属に分類されるヘビ特定動物。有毒。

分布[編集]

アフリカ大陸東部から南部にかけてと西部の一部

特徴[編集]

全長は2-3.5mで、大型の個体は4.5mに達する。キングコブラに次いで世界で2番目に長くなる毒蛇。名前にブラック(黒)が付いているが、体色は灰色や褐色。体型は細長く、体重はそれほど重くならない。名前の由来はの中が黒いことから来ている。

生態[編集]

サバンナに生息し、草原や森林、岩場などあまり環境を選ばずさまざまな環境で見られる。地面で日光浴をしていることもあり、地表性ではあるが、木登りも上手い。よく、よりも速く移動が出来るなどと言われることもあるが、事実ではない。たまたま馬上の人間が咬まれた事は過去にあったとしても、本種が馬より速く移動できるわけではない。実際の移動速度は16km/h(50mを11秒程)とされる[1]。一方、瞬発力は優れており攻撃は非常に素早く、また正確である(噛まれた場合はほぼ確実に毒が注入される)。参考までに、小学校低学年の走力上位者は50mを9秒~10秒程で走る[1]。人間が本種と遭遇した場合、深い草むらや密林などでは追いつかれる可能性がある。

毒は非常に強く、量も極めて多いうえ[2]、即効性で回りも早い。主に神経毒なため後遺症が残ることは少ないが、血清があり研究が進んでいるにも拘らず致死率は高く、未治療ならば致死率は100%に近いとされる[3]。気性は荒いとされるが、多くの他のヘビと同じく人間を積極的に襲うことはない。しかしブラックマンバが危険を感じると強い攻撃性を示す。専門家はしばしば世界で最も危険な毒蛇に本種とタイパンを挙げる[4]。以上の特徴によりアフリカでは非常に恐れられているものの、本種の生息密度の高い地域は人間の活動範囲とそこまで重ならないため被害は比較的少ない(アフリカで最も犠牲者を出しているヘビはカーペットバイパーの仲間である)。

食性は動物食で、主に小型哺乳類や小型鳥類を捕食する。特に樹上の鳥の巣を襲うことが多い。

繁殖形態は卵生で、1回に6-17個の卵を産む。

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ニューワイド学研の図鑑 動物 152ページ
  2. ^ Greene, WH. (1995). The dangerous snakes of Africa: natural history, species directory, venoms, and snakebite. Ralph Curtis-Books. pp. 49-51. ISBN 0-88359-029-8.. 
  3. ^ Greene, WH. (1987). Black mamba bites. A report of 2 cases. South African medical journal = Suid-Afrikaanse tydskrif vir geneeskunde. 
  4. ^ Greene, WH. (1974). A Guide to the Snakes of Uganda. United Kingdom: Wheldon & Wesley. pp. 290. ISBN 0-85486-020-7. 

参考文献[編集]

  • 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、小学館、2004年、130頁。
  • 『ニューワイド学研の図鑑 爬虫類・両生類』、学習研究社、2004年、160頁。
  • 『ニューワイド学研の図鑑 動物』、学習研究社、1999年、208頁。