オオガラゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オオガラゴ
オオガラゴ
オオガラゴ Otolemur crassicaudatus
保全状況評価[1][2]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 霊長目 Primates
: ガラゴ科 Galagidae
: オオガラゴ属 Otolemur
: オオガラゴ O. crassicaudatus
学名
Otolemur crassicaudatus
(É. Geoffroy, 1812)[1]
シノニム

Galago crassicaudatus
É. Geoffroy, 1812[1]

和名
オオガラゴ[3][4]
英名
Grand galago[3]
Greater bushbaby[1]
Greater galago[1][3][4]
Large-eared greater galago[1]
Thick-tailed bushbaby[1]
Thick-tailed galago[3]
Thick-tailed greater galago[1]

オオガラゴ (Otolemur crassicaudatus) は、霊長目ガラゴ科オオガラゴ属に分類される霊長類。

分布[編集]

アンゴラエスワティニコンゴ民主共和国南東部、ケニア南部、ザンビアジンバブエ東部、タンザニアブルンジマラウイ南アフリカ共和国東部、モザンビークルワンダ[1]

分類[編集]

以前はガーネットガラゴO. garnettiiを亜種として含める説もあった[3]。シルバーオオガラゴO. monteiriを独立種とする説もある[1]

人間との関係[編集]

農地開発による生息地の破壊などの影響が懸念されている[1]1977年に霊長目単位でワシントン条約附属書IIに掲載されている[2]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k Masters, J. & Bearder, S. 2019. Otolemur crassicaudatus. The IUCN Red List of Threatened Species 2019: e.T15643A17963699. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2019-3.RLTS.T15643A17963699.en. Downloaded on 01 August 2021.
  2. ^ a b UNEP (2021). Otolemur crassicaudatus. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. [Accessed 06/08/2021]
  3. ^ a b c d e 岩本光雄 「サルの分類名(その8:原猿)」『霊長類研究』第5巻 2号、日本霊長類学会、1989年、129 - 141頁。
  4. ^ a b 日本モンキーセンター霊長類和名編纂ワーキンググループ 「日本モンキーセンター 霊長類和名リスト 2018年11月版」(公開日2018年12月16日・2021年8月1日閲覧)

関連項目[編集]