ゴールデンハムスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ゴールデンハムスター
ゴールデンハムスター
ノーマルカラーのゴールデンハムスター
保全状況評価[1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 齧歯目 Rodentia
: キヌゲネズミ科 Cricetidae
亜科 : キヌゲネズミ亜科 Cricetinae
: ゴールデンハムスター属 Mesocricetus
: ゴールデンハムスター M.auratus
学名
Mesocricetus auratus
(Waterhouse, 1839)[1]
和名
ゴールデンハムスター[2][3]
英名
Golden hamster[1][2]

ゴールデンハムスター (Mesocricetus auratus) は、哺乳綱齧歯目キヌゲネズミ科ゴールデンハムスター属に分類される齧歯類。別名シリアンハムスター[2]

分布[編集]

シリアトルコ[1]

形態[編集]

体長14 - 17センチメートル[2]。体長は約15cm-20cm。体重は約100-200g。ショーが行われているスウェーデンでは200gがスタンダードとされているが、日本のゴールデンハムスターは200g未満、150g前後の個体が多い。

背面は黄褐色、腹面は褐色がかった白[2]。種小名auratusは「金色の」の意。漫画アニメに登場する、白にオレンジのよく見られるハムスターはゴールデンハムスターの野生色がモデルとなっている。

生態[編集]

乾燥した岩場や砂地に生息する[2]。野生状態では地面に巣穴を掘って生活しており、基本的に単独行動を行なう。夜行性の動物であり、昼間はほとんど寝ているが、夜になると活発に動き出す。

植物の種子などを食べる[2]。雑食性で、植物の葉、、種、果実昆虫類、さらには自分より小さい動物を食べる。これは乾燥地帯で生活していたために何でも食べるようになったと言われる。

以下は主に飼育下の知見に基づく。妊娠期間は15 - 16日[2]。1回に約15頭の幼獣を産む[2]。生後7週間で性成熟する[2]。寿命は2 - 3年と考えられている[2]。生後2-3ヶ月で性成熟し、子供は大体4-17匹生まれる。ジャンガリアンハムスターより多産である。臭腺は背中の腰付近に2対ある。性格は全体としておっとりしており、性格の個体差が大きいジャンガリアンやロボロフスキーハムスターとは違って自分から寄ってきて人を噛むような好戦的な個体は少ない。(ただし、これは飼育しやすい個体を人為淘汰によって増やした結果とも言われる)。反面、同種同士の縄張り意識は強いため複数での飼育は避けるべきである。生まれた時から同居飼育されていた姉妹などは、稀に喧嘩をせずに天寿を全うすることもあるが、ほとんどの個体は成獣となると縄張り争いで喧嘩を始め、相手を殺傷・捕食する。

キヌゲネズミ亜科の例にもれず、目が悪い。反面、鼻と耳は効くため、それらによって環境を認識する。また単独行動をするため、特に親密になると人に触られたがるラットマウステンジクネズミなどと違って、人には慣れるものの「懐く」個体はほとんどいない。鳴き声はドワーフハムスターの「ジッ」「キッキッ」というものとは違い、モルモットに近い「ビヒッ」というものである。鳴く事は他のハムスター以上に少なく、この種が鳴くことはよっぽどのストレスを感じている時や、生命の異常事態であると言える。ただ、寝言で鳴くことはある。

ドワーフハムスターよりもほお袋を使う個体が多く、一度食物をほお袋に詰めたのち、巣に持って帰って吐き出して貯蔵する。また、ドワーフより大型で力が強く、脳容積も広いためか、記憶力・集中力があり、脱走してしまった場合も大抵帰巣できる。反面、ドワーフより工夫を凝らしてケージから脱走してしまうことも多い。

人間との関係[編集]

農作物を食害する害獣とみなされることもある[1]

分布域はシリアとトルコの国境周辺と限定的で、生息密度も少なくまれな種だと考えられている[1]。記載されてから1930年までに標本は1頭のみしか採集例がなかった[3]。農地開発による生息地の破壊、害獣としての駆除などにより生息数は減少している[1]

1930年にシリアで捕獲されたメスとその12頭の幼獣が元となり、実験動物として飼育されるようになった[2][3]。以後は飼育下繁殖が成功し、ペットとして飼育されたり飼育施設で展示されている[2]当初の12匹のうち8匹が大学に送られ研究・繁殖が開始されたが、そのうち4匹が脱走、1匹が個体間での争いのなかで死に、残った1匹の雌と2匹の雄の間で繁殖したという。どこかに雌の番がいたのは間違いなく、捕獲時点ですでに絶滅寸前だったのか今となってはわからないが発見当初から野生のハムスターはほとんどいないと言われており、発見されることは極めて稀である。上記の通り1930年に捕獲されて繁殖に成功するまで、「幻の動物」とまで言われていた。[要出典]

飼育時の主食としては、専用の固形飼料を中心に与え、ブロッコリー、にんじんなど水気を切ったものを与えるのが望ましい。 

品種[編集]

他のハムスターに比べてペットとしての歴史も長い為、毛色や毛柄も一番種類が豊富である。

毛色[編集]

  • 黒目クリーム 通称 キンクマと呼ばれているもの。オレンジ色っぽいものはアプリコットと呼ばれる事もある。
  • シナモン(赤目またはブドウ目なのでクリームと区別できる)
  • ライトグレー・シルバーグレー・ダークグレー (日本ではいずれも、シルバーという名称で売られている)
  • ブラック・ディンジーブラック
  • アイボリー
  • 錆色
  • イエロー
  • アンブロウス
  • 黒目ホワイト : シルバー + 黒目クリーム
  • アルビノ - 便宜上アルビノと呼ばれるが、一般的な色素のないアルビノではない(マウス等のアルビノとは違い、見た目に目が赤く、体毛が白いだけ)。シナモン+黒目ホワイト
  • バイオレット - ブラック+シナモン、ダークグレー+シナモン
  • トリコロール - イエロー+原種

※その他、様々な色のコンビネーションが存在する

柄模様[編集]

  • バンデッド
  • ドミナントスポット
  • ローン

毛質[編集]

  • サテン - 光沢のある毛質
  • 長毛 - 頭の部分以外の毛が長い毛質
  • レックス - 縮れ毛の毛質
  • 無毛

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g Yigit, N. & Kryštufek, B. 2008. Mesocricetus auratus. The IUCN Red List of Threatened Species 2008: e.T13219A3421173. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T13219A3421173.en. Downloaded on 22 February 2018.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 遠藤秀紀 「ゴールデンハムスター」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2000年、172頁。
  3. ^ a b c Julie Feaver 「ハムスター」柴内俊次訳『動物大百科 5 小型草食獣』今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編、平凡社、1986年、86-87頁。

関連項目[編集]