サキシマハブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サキシマハブ
サキシマハブ
サキシマハブ Protobothrops elegans
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: クサリヘビ科 Viperidae
亜科 : マムシ亜科 Crotalinae
: ハブ属 Protobothrops
: サキシマハブ P. elegans
学名
Protobothrops elegans
Gray, 1849
和名
サキシマハブ

サキシマハブ学名Protobothrops elegans)は、クサリヘビ科ハブ属に分類されるヘビ。有毒。

分布[編集]

日本与那国島および波照間島を除く八重山列島固有種[1][2]沖縄本島の南部に、薬用などの目的で持ち込まれた個体が逸出し分布している[2]

また、2013年4月には、本来生息しない宮古島で発見された[3][4]

形態[編集]

全長60-120センチメートル、頭胴長は50-100センチメートルで、雌雄差はない[1][2]。体色は褐色から灰褐色[1][2]。鎖状に暗褐色の鎖状の斑紋が入るが、個体変異も大きく斑紋が不明瞭な個体もいる[1]。種小名elegansは「優雅な」の意。毒性はハブよりも弱いとされているが、噛まれた場合には重症に陥ることもある[2]。体鱗数は23-25列[2]

生態[編集]

平地から山地にかけて生息する[1]。地表棲だが樹上に登ることもある[1]夜行性[1]

食性は動物食で、死体を含め哺乳類トカゲカエルなどを食べる[1][2]

繁殖形態は卵生。繁殖期は7月頃で、1回に3-13個の卵を産む[1][2]。移入された沖縄本島では、ハブとサキシマハブの交雑個体も確認されている[2]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、328頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 富田京一、山溪ハンディ図鑑10 日本のカメ・トカゲ・ヘビ、山と溪谷社、2007年7月15日初版、pp.228 - 231、ISBN 978-4-635-07010-2
  3. ^ 宮古でハブ初捕獲 県、注意呼び掛け、琉球新報2013年4月24日。
  4. ^ 宮古島でハブ初捕獲/平良港近くの公園内、宮古毎日新聞2013年4月24日。

関連項目[編集]