ヤマカガシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤマカガシ
ヤマカガシ
ヤマカガシ Rhabdophis tigrinus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: ナミヘビ科 Colubridae
: ヤマカガシ属 Rhabdophis
: ヤマカガシ R. tigrinus
学名
Rhabdophis tigrinus (Boie, 1826)[1]
シノニム

Tropidonotus tigrinus Boie, 1826
Amphiesma tigrinum
Duméril & Bibron, 1854
Natrix tigrina Stejneger, 1907[1]

和名
ヤマカガシ
英名
Tiger keelback

ヤマカガシ(山楝蛇、赤楝蛇、Rhabdophis tigrinus)は、爬虫綱有鱗目ナミヘビ科ヤマカガシ属に分類されるヘビ。

分布[編集]

日本(本州、四国、九州、佐渡島、隠岐島、壱岐島、五島列島、屋久島、種子島に分布し、南西諸島小笠原諸島および北海道には分布しない[2][3]固有種

形態[編集]

頭部

全長60 - 120センチメートル[4]。頭胴長は55 - 120cm[2]。体色は地域変異があり、関東地方の個体群は体側面に赤色と黒色の斑紋が交互に入る[4]。関西地方の個体群は体側面の斑紋が不明瞭[4]。近畿地方西部から中国地方の個体群では青色型もみられる[5]

頸部背面には黄色の帯があり、幼体でより鮮やかで、成長するにつれてくすんでくる。この黄色の帯も個体によっては表れない。 胴中央付近の背面の体鱗数は19列[2]。鱗には強いキールがある。

[編集]

毒牙は上顎の奥歯にあり、0.2センチメートル以下と短い[6]。毒線(デュベルノワ腺)を圧迫する筋肉がないため、一瞬噛まれただけでは毒が注入されないこともある[6]。 毒性は強い血液凝固作用で、血管内で微小な血栓形成を引き起こす[6]。咬傷直後には局所的な激しい痛みや腫れはあまり起こらない[6]。毒が患部から血液に入ると、血液凝固作用によりフィブリノーゲンが大量に消費される[6]。フィブリノーゲン、続けて血小板が血栓の形成に伴い減少されていくことで全身の血液が止血作用を失う[6]。並行して血栓を溶かす作用(線溶血性)が亢進し、毛細血管が多い鼻粘膜・歯茎・消化器官・からの出血、全身の皮下出血を引き起こす[6]。出血あるいは血栓が原因と考えられている一過性の頭痛が起こることがあり、頭痛が発生する場合は毒量が多いと考えられ重症化することが多い[6]赤血球が血栓で狭窄した血管を通る際に損傷し、赤血球内のヘモグロビンが血中あるいは尿に溶出するため褐色尿も見られる[6]。 重症例では脳出血、急性腎不全DICなどを引き起こす[6]

20グラムのマウスに対する半数致死量(LD50/20g mouse)は静脈注射で5.3マイクログラム、(日本産の他種ではセグロウミヘビ1.7 - 2.2マイクログラム、ニホンマムシ19.5 - 23.7マイクログラム、ハブ沖縄島個体34.8マイクログラム、奄美大島個体47.8マイクログラムなど)[6]

頸部皮下にも毒腺(頸腺)があり[6]、頸部を圧迫すると毒が飛び散る[4]。これが目に入ると結膜角膜の充血や痛みを生じ、結膜炎や角膜混濁、角膜知覚麻痺、瞳孔反応の遅延、虹彩炎などの症状の他、最悪の場合失明を引き起こす[7]。この頸腺の毒は、餌であるニホンヒキガエルの持つ毒(ブフォトキシン)を貯蓄して使用していることが明らかになった[8][9]。ヒキガエルが生息しない金華山では、そこに生息するヤマカガシはこの頸腺の毒を持たないが、このヤマカガシがヒキガエルを捕食すると、この毒を分泌するようになった[9]

分類[編集]

朝鮮半島や中華人民共和国、沿海州の個体群を亜種R. t. lateralis(基亜種<狭義の本種>のシノニムとされることもあった)、台湾の個体群を亜種R. t. formosanusとする説もあった[10]ミトコンドリアDNAシトクロムbを分子解析し、最大節約法最尤法ベイズ推定で系統推定したところ、亜種間の遺伝的距離が種単位で大きいと推定された[10]。そのため亜種を分割して独立種とする説もある[10]

生態[編集]

ヤマカガシは水辺を好む
ヒキガエルを捕らえた様子

カガシとは日本の古語で「蛇」を意味し、ヤマカガシは、「山の蛇」となる。しかし実際には平地や、山地でも標高の低い場所に生息し、特に水辺や水田地帯、湿地周辺などに多い[2]

危険が迫るとコブラのように頭を持ち上げ、頸部を平たくし、頭を揺すったりし、この頸腺を目立たせることで威嚇する[2]。また、それでも相手が怯まない場合、仰向けになり擬死行動を行う[2]。それでも相手が怯まない場合は噛みついたり、相手に毒腺のある頸部をすりつける[2]。性質は一般に大人しいとされているが、中には非常に攻撃的な個体もいるため、注意が必要である。

食性は動物食で、主にカエルを食べるが、有尾類、小型爬虫類(ニホンカナヘビ)、魚類(ドジョウ類)などを食べる[11]水田の土中に頭を入れて、土に潜ったトノサマガエルなども捕食する。他の蛇からは嫌われる有毒のヒキガエルも食べてしまう[2]。飼育下では、ドジョウ金魚捕食例もある。また他のヘビとは違い、ネズミは食べない[要出典]。飼育下の幼蛇の観察例では魚類は死んでから食べることもあり頭から飲み込むことが多いが、カエルは生きたまま捕食し最初に噛みついた場所から飲み込むことが多かった[12]。 捕食者はシマヘビイヌワシクマタカサシバノスリモズなどが挙げられる[13]

繁殖形態は卵生。交尾は秋期を行う[4]。7月に1回に2 - 43個の卵を産む[4]。卵は30 - 50日で孵化する[2]

人間との関係[編集]

本種はアオダイショウシマヘビとともに、日本本土でよく見かけるヘビの一種である。同じ毒蛇であるニホンマムシと比べても生息数は多く、水田などを活動の場とすることで人との関わりも深い。ヤマカガシはカエルを主な食料とするため、日本の農業、特に水田の発達と共にヒキガエルや他のカエルの繁殖地が増加していき、それに伴って発展していったものと考えられている。

しかし近年は、水田の減少、そしてそれに伴うカエルの減少と共に、個体数は減少しているようである。特に都市部では、本種を見かけることは極めてまれである。

咬傷は主に捕獲時や取扱い時に発生する[6]。本種の咬傷による死亡例は2002年現在で1972年に肺浮腫(咬傷は1971年)、1982年、1984年に脳出血による3例が報告されている[6]。頸腺による被害は本種の頸部を棒で叩いた場合などにより発生する[6]

本種の血清は1984年の死亡例から試作品が作られ、2001年までに11例の重症例で使用された[6]。2001年に厚生省(現:厚生労働省)の研究班によって製造された試作品が、2002年現在では財団法人日本蛇族学術研究所、国立感染研究所、杏林大学で保管されている[6]

2006年に改正された動物の愛護及び管理に関する法律により、特定動物に指定され、現在は飼育には許可が必要となった。

参考文献[編集]

  • 『原色ワイド図鑑3 動物』、学習研究社、1984年、144頁。
  • 『爬虫類・両生類800図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、324-325頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、小学館、2004年、127頁。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Rhabdophis tigrinus. Uetz, P. & Jirí Hošek (eds.), The Reptile Database, http://www.reptile-database.org, accessed May 17, 2015
  2. ^ a b c d e f g h i 富田京一、山渓ハンディ図鑑10 日本のカメ・トカゲ・ヘビ、山と渓谷社、2007年7月15日初版、pp. 190 - 195、ISBN 978-4-635-07010-2
  3. ^ 疋田努 『爬虫類の進化』 東京大学出版会 2002 ISBN 4-13-060179-2 p215
  4. ^ a b c d e f 鳥羽通久 「ヤマカガシ」『爬虫類・両生類800図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、324-325頁。
  5. ^ 鳥羽通久 「ヤマカガシの青色型について」『爬虫両棲類学会報』第2002巻 2号、日本爬虫両棲類学会、2002年、68-69頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 堺淳、森口一、鳥羽通久「フィールドワーカーのための毒蛇咬症ガイド」『爬虫両棲類学会報』第2002巻 2号、日本爬虫両棲類学会、2002年、11-17頁。
  7. ^ 川本文彦、熊田信夫「自ら経験したヤマカガシ頸腺毒による眼障害」、『衞生動物』第40巻第3号、日本衛生動物学会、1989年9月15日、 211-212頁、 NAID 110003820162
  8. ^ JR Minkel. “Snake Bites the Toxic Toad That Feeds It--and Spreads Its Poison”. 2010年12月5日閲覧。
  9. ^ a b Deborah A. Hutchinson et al.. “Dietary sequestration of defensive steroids in nuchal glands of the Asian snake Rhabdophis tigrinus, PNAS,Vol. 104, 2007,pp. 2265-2270”. 2010年12月5日閲覧。
  10. ^ a b c Takeuchi, H., Ota, H., Oh, H.-S., and Hikida, T. "Extensive genetic divergence in the East Asian natricine snake, Rhabdophis tigrinus (Serpentes: Colubridae), with special reference to prominent geographical differentiation of the mitochondrial cytochrome b gene in Japanese populations." Biological Journal of the Linnean Society, Vol. 105, 2012, pp. 395–408.
  11. ^ 吉川夏彦「ヤマカガシ幼体によるハコネサンショウウオ幼体の捕食例」『爬虫両棲類学会報』第2008巻 1号、日本爬虫両棲類学会、2008年、8-10頁。
  12. ^ 森哲 「ヤマカガシ(ヘビ亜目:ナミヘビ科)孵化幼体におけるカエルおよびサカナに対する捕食行動の比較」『爬虫両棲類学雑誌』第17巻 2号、日本爬虫両棲類学会、1997年、39-45頁
  13. ^ 田中幸治、森哲 「日本産ヘビ類の捕食者に関する文献調査」『爬虫両棲類学会報』第2000巻 2号、日本爬虫両棲類学会、2000年、88-98頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]