布引ハーブ園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
神戸市立布引ハーブ園
121208 Nunobiki Herb Garden Kobe Hyogo pref Japan04s3.jpg
香りの庭園「グラスハウス」
施設情報
愛称 布引ハーブ園
専門分野 植物ハーブ
事業主体 神戸市
管理運営 神戸リゾートサービス株式会社
開園 1991年10月23日
所在地 650-0002
兵庫県神戸市中央区北野町1丁目4-3
位置 北緯34度42分51.7秒
東経135度11分30.8秒
テンプレートを表示
展望レストハウス
「香りの庭園」俯瞰(8月)
「香りの庭園」俯瞰(12月)
香りの庭園「ワイルドフラワー園」
香りの庭園「香りの芝生」
森のホール
香りの資料館

神戸市立布引ハーブ園(こうべしりつぬのびきハーブえん)は、兵庫県神戸市中央区にある植物園である。神戸布引ロープウェイ風の丘中間駅とハーブ園山頂駅間に広がっている。

施設[編集]

料金は香りの庭園内のみ有料、他は無料で利用可能。

香りの庭園[編集]

ラベンダーカモミールを中心としたハーブの栽培を行っており、緩やかな坂を下りながら、もしくは上りながら神戸の全景とともに香りを楽しむことが可能。

  • 見本園 - ハーブガイドツアーにてハーブの栽培法や利用法を学べる(晴天時のみ開催)。
  • 林の小径
  • キッチンガーデン
  • ラベンダー園
  • ワイルドフラワー園
  • ブルーガーデン
  • 香りの芝生
  • 滝のレスト
  • 日本のハーブ園
  • グラスハウス - 香りの温室内にて愛の像がテルニ市より贈呈されている。2階は教室スペースとして用いられる。ハーブティーを味わうことのできる「ミントカフェ」を隣接

その他施設[編集]

  • 森のホール - 最高部12mのドーム型木製の多目的ホール
  • 香りの資料館 - ハーブの利用方法及び歴史についての資料館
  • 展望レストハウス - 神戸布引ロープウェイハーブ園山頂駅に隣接。
    • 神戸グリーンショップ - ハーブを生かしたアイテムや、ステンドグラスなどの内装品、贈答用菓子などを販売する店舗(1階)
    • レストランハーブガーデン - ハーブをテーマにした料理が堪能出来るレストラン(2階)
    • ローズマリールーム - 会議室。一般にも貸し出され、各種セミナーが開催される。
  • 風の丘 - 神戸布引ロープウェイ「風の丘中間駅」に隣接した広場。
  • 園内のトイレは、7箇所あり、衛生面や快適性を向上させるために園内トイレ内の全ての大便器小便器サニタイザーが取付けられている。

歴史[編集]

  • 1991年10月23日 - 開園。同時に新神戸ロープウェーが開業。
  • 2006年4月1日 - 指定管理者制度により、新神戸ロープウェーも含め、財団法人神戸市公園緑化協会・財団法人神戸市都市整備公社清里ハイランドパーク株式会社に運営・管理を委任、「神戸布引ハーブ園」に改称。
  • 2010年4月1日 - 指定管理者が新神戸ロープウェーも含め神戸リゾートサービス株式会社に変更。
  • 2010年11月29日―2011年3月31日 - 新神戸ロープウェーの補修・改修工事実施(同時に布引ハーブ園も休園した)

イベント[編集]

主にハーブの開花時期、適摘時期に合わせたイベントが定期開催される。

  • カモミールフェスティバル(4月 - 5月)
  • ラベンダーフェスティバル(6月 - 7月初旬)
  • バジルフェスティバル(7月中旬 - 7月下旬)
  • ローズマリーフェスティバル(9月 - 10月初旬)
  • セイジフェスティバル(10月中旬 - 11月下旬)
  • エリカフェスティバル(3月)

その他、季節に応じたイベントも定期的に開催される。

  • スパイスフェスティバル
  • クリスマス・フェスティバル
  • 初日の出早朝開園
  • ハーブ七草粥
  • カレーフェスティバル

教室[編集]

ハーブを利用した物を作成する教室を随時開催している。

個人受講可能な教室

  • 押し絵
  • アロマ石鹸
  • お香
  • ハンドトリートメント

団体で受講可能な教室

  • フラワークラフト

交通アクセス[編集]

所在地[編集]

〒650-0002 神戸市中央区北野町1丁目4-3(※)

※この住所の場所は神戸布引ロープウェイのハーブ園山麓駅(神戸リゾートサービス株式会社)であり、実際の所在地は約1km北、神戸市中央区葺合町字山郡にある。

周辺情報[編集]

外部リンク[編集]