神戸布引ロープウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新神戸ロープウェーから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハーブ園山麓駅の上
風の丘中間駅の上
ハーブ園山頂駅の下

神戸布引ロープウェイ(こうべぬのびきロープウェイ)は、兵庫県神戸市中央区新神戸から世継山にかかるロープウェイである。世継山よりも布引ハーブ園へ向かうためのロープウェイとして知られている。改修工事前は神戸夢風船愛称があった。

以前は神戸市都市整備公社(現在の神戸すまいまちづくり公社)によって運営されていたが、2009年4月に神戸市が設備・施設等を取得し、PFI事業として再整備し、2011年4月1日にリニューアルオープンした[1]。現在は、施設を神戸市が保有し、鉄道事業法上の許可は神戸リゾートサービスによって運営されている。

概説[編集]

新神戸駅に直結されたハーブ園山麓駅(旧北野1丁目駅)とハーブ園山頂駅(旧布引ハーブ園駅)との間を結ぶ。海を望むロケーションと、布引ハーブ園への観光客輸送を目的として利用されている。

途中、眼下に布引の滝布引五本松ダム重要文化財・布引ダム)などが一望できる。

開業以来、「新神戸ロープウェー」として財団法人神戸市都市整備公社が運営して来たが、指定管理者制度の導入により、2006年4月1日から山梨県レジャー施設を運営する清里ハイランドパーク株式会社神戸事業所(NCリゾートマネージメントグループ)に布引ハーブ園の事業と共に運営された。しかし、慢性的な赤字は解消されず、同社への指定管理者契約が終了する2010年4月1日神戸リゾートサービス株式会社に経営権が譲渡された[2]

老朽化に伴い、2009年4月に神戸市が設備・施設等を取得し、PFI事業として日本ケーブルグループ[3]日本ケーブル、NCリゾートマネージメント、びわ湖バレイ、阪神園芸の共同企業体)が再整備を行うこととなった。2010年11月29日から2011年3月31日まで改修工事が行われ[4]、同時に布引ハーブ園も休園し、改修工事を行った。

同年4月1日の改修工事後、これまでの「新神戸ロープウェー」から「神戸布引ロープウェイ」に名称が変更された他、駅名や料金も変更された[5]

運行形態[編集]

冬季は9:30 - 17:00、季は平日9:30 - 17:00・祝日9:30 - 20:30、季は9:30 - 20:30に運行している。例外として、元日には5:00から運行を行う。これは、初日の出を見やすいスポットとして、布引ハーブ園を利用する客への対応である。

設備概要[編集]

(改修工事前)

  • 最大高低差 - 330.0m
  • 最大径間長 - 216.65m
  • 支柱数 - 12基
  • ゴンドラ定員 - 6人×69台
  • 主原動機 - 250kW直流電動機
  • 最大輸送人数 - 1,050人/時間
  • 運転速度 - 3.0m/s
  • 所要時間 - 10 分

歴史[編集]

  • 1991年平成3年)10月23日 - 開業。
    スイスで設計された自動循環式ロープウェイが導入された。気候帯の違いから、窓のないゴンドラ内が夏には蒸し風呂状態になり、当初は団扇を利用客に貸与して対応したが、その後、抜本的な対策として長期運休し、ゴンドラの改修が行われ、その結果、窓と扇風機が設置された。ゴンドラに付いている固有の番号が順不同になったのは、この改修以後のことである。
  • 2010年(平成22年)
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 改修が完了して再開[4]。名称、駅名、運賃を公社時代と変更[5]

駅一覧[編集]


神戸布引ロープウェイ
路線図
uWSLa
uSTR+BSlr
ハーブ園山麓駅
uSTR
uSTR+BSlr
風の丘中間駅
uSTR
uSTR+BSlr
ハーブ園山頂駅
uWSLe

ハーブ園山麓駅 - 風の丘中間駅 - ハーブ園山頂駅(2011年4月1日から)
北野1丁目駅 - 風の丘駅 - 布引ハーブ園駅(2010年11月28日まで)

接続路線[編集]

ハーブ園山麓駅(旧北野1丁目駅):山陽新幹線神戸市営地下鉄西神・山手線北神急行電鉄北神線(以上新神戸駅

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]