エンバ中国近代美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg エンバ中国近代美術館
Emba Museum of Chinese Modern Art
Emba12s5.jpg
施設情報
正式名称 エンバ中国近代美術館
前身 植野藤次郎邸
専門分野 近現代の中国景徳鎮の美術品
管理運営 一般財団法人 植野アジア芸術文化振興財団
開館 1980年
所在地 659-0003
兵庫県芦屋市奥池町12-1
プロジェクト:GLAM
2F通路

エンバ中国近代美術館(エンバちゅうごくきんだいびじゅつかん、英:Emba Museum of Chinese Modern Art)は、兵庫県芦屋市奥池町にある美術館

概要[編集]

当美術館の設立は1980年昭和55年)で、実業家植野藤次郎のコレクションが館収蔵品の基礎となっている。収蔵品は近現代の中国景徳鎮などの陶磁器刺繍絵画工芸品が中心にその数10,000点以上で、特に代の刺繍3000点のコレクションは、中国国外では最大の収蔵規模である。

美術館の建物は植野家の旧大邸宅を使用しており、六甲山地の中、瀬戸内海国立公園の区域にある。

敷地内にある「奥池倶楽部」には、陶芸教室、テニスコートなどの施設がある。

主な所蔵品[編集]

  • 彩絵蓮花図磁皿(景徳鎮窯、咸豊底款)
  • 彩絵美人図方形磁瓶(景徳鎮窯、王錫良作)
  • 青花染付葡萄葉水魚図磁壺(秦錫麟作)
  • 彩絵樹下人物図磁瓶(景徳鎮窯)
  • 廣彩鳥牡丹図磁瓶(潮州彩磁総廠作)
  • 彩絵樹石人物図磁瓶(景徳鎮窯)
  • 彩絵人物画磁板(王大凡作)
  • 彩絵人物画磁板(王歩作)
  • 蘇州両面刺繍六曲屏風

付属施設[編集]

  • 中国陶磁器等の販売店
  • 奥池倶楽部 - 1990年創立。
    • 陶芸教室
    • テニスコート

交通アクセス[編集]

開館時間・休館日[編集]

  • 開館日 - 春(5 - 7月)・秋(9 - 11月)の企画展開催時のみ。祝日を除く月 - 木は休館。
  • 開館時間 - 10:00 - 16:00 ※入館15:30まで

備考[編集]

ギャラリー[編集]

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度46分22.5秒 東経135度17分06.5秒 / 北緯34.772917度 東経135.285139度 / 34.772917; 135.285139