摩耶ロープウェー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
摩耶ロープウェー「おりひめ」
摩耶ケーブルの駅に隣接するロープウェーの虹の駅
掬星台にある星の駅

摩耶ロープウェー(まやロープウェー)は、兵庫県神戸市灘区摩耶山にかかる、神戸すまいまちづくり公社ロープウェーである。

概要[編集]

摩耶山の中腹にある虹の駅と、山頂部にある星の駅を結ぶ。摩耶ケーブル線と合わせて、まやビューライン夢散歩という公式愛称がつけられている。しばしば、まやビューラインまやロープウェーとも表記される。

摩耶山山頂の星の駅近くにある掬星台展望台から眺める神戸の夜景は「1000万ドルの夜景」といわれている。また同駅から釈迦の生母摩耶夫人像を祀る忉利天上寺は徒歩10分のところにある。また同駅付近にサンテレビジョンの親局送信所がある。

路線データ[編集]

  • 駅数 - 2駅(起終点駅含む)
  • 傾斜こう長 - 856.56m
  • 最大高低差 - 222.23m
  • 支柱数 - 1基
  • ゴンドラ定員 - 29人×2台
  • 主原動機 - 75kW三相誘導電動機
  • 運転速度 - 3.6m/s
  • 所要時間 - 5分

運行形態[編集]

  • 摩耶ケーブル線と同じ時刻で20分間隔で運行され、改札は発車2分前から行われる。
  • 多客期は増発されることがある。
  • 所要時間は5分。
  • 冬期を除く土曜・休日と夏期は営業時間が延長される。
  • 2007年9月から夏季を除き毎週火曜日(祝日の場合は翌水曜日)は休業となる。
  • ロープウェイの車内(搬器)内に乗務員は添乗しない。

ゴンドラ[編集]

現在の車両は2001年の営業再開時に安全索道武庫川車両で新造されたものであり、1号車は「ひこぼし」2号車は「おりひめ」という愛称がそれぞれ付けられている。車体色は摩耶ケーブル線と同じで「おりひめ」は「海老茶」(#773c30) であり、「ひこぼし」は「苔色」(#69821b) である。

開業時から営業休止までは丸みを帯びた車体で、白をベースに窓周りと模様が緑で神戸市バスのような配色となっており、前面には神戸市バスの後部に似た模様が付いた車両であった。

歴史[編集]

  • 1955年(昭和30年)7月12日 - 神戸市交通局奥摩耶ロープウェイとして摩耶駅(現・虹の駅) - 摩耶山上駅(現・星の駅)営業開始。
  • 1977年(昭和52年)7月1日 - 神戸市都市整備公社に移管され、摩耶ロープウェーとなる。
  • 1995年(平成7年)1月17日 - 阪神・淡路大震災の被害を受け運休。
  • 2001年(平成13年)3月17日 - 摩耶ケーブル線とともに運行再開。駅名を現駅名に改称。
  • 2013年(平成25年)1月1日 - 神戸市都市整備公社から神戸すまいまちづくり公社に改称[1]

駅一覧[編集]

接続路線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「神戸すまいまちづくり公社」の誕生 - 神戸すまいまちづくり公社、2013年8月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]