掬星台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本三大夜景と称される眺望
掬星台
掬星台夜景。歩道が蓄光材で舗装されているため、暗くなると青色の光で浮かび上がる。

掬星台(きくせいだい)は、兵庫県神戸市六甲山地に属する摩耶山の山頂近くにある展望広場である。日本三大夜景の一つ。

概要[編集]

標高700mに位置する。摩耶ロープウェー星の駅の駅前にあり、広場の北側には摩耶自然観察園が隣接する。"手で星を掬(すく)える"ほどの絶景の夜景が遠くまで広がっていることからその名前の由来にもなっている。

星座が描かれた遊歩道「摩耶★きらきら小径」は天の川をモチーフにしたもので、蓄光材で舗装されているため夜間は歩道全体が青色の光で浮かび上がる。なお、この蓄光材は「マヤストーン」として、星の駅で販売されている。

所在地[編集]

  • 兵庫県神戸市灘区摩耶山町

交通[編集]

周辺[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度44分03秒 東経135度12分23秒 / 北緯34.73417度 東経135.20639度 / 34.73417; 135.20639