大龍寺 (神戸市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大龍寺
Tairyuji05n4592.jpg
本堂 大師堂
所在地 兵庫県神戸市中央区神戸港地方再度山1
位置 北緯34度43分1.4秒
東経135度10分40.8秒
座標: 北緯34度43分1.4秒 東経135度10分40.8秒
山号 再度山(ふたたびさん)
宗派 東寺真言宗
寺格 別格本山
本尊 如意輪観音秘仏、重要文化財)
創建年 (伝)神護景雲2年(768年
開基 (伝)和気清麻呂
別称 中風除けの寺
札所等 摂津国八十八箇所82番
近畿三十六不動尊9番
西国愛染十七霊場5番
摂津国三十三箇所6番
神戸十三仏霊場 第6番
神戸七福神(大黒天
文化財 木造菩薩立像(重要文化財)
地図
大龍寺 (神戸市)の位置(神戸市内)
大龍寺 (神戸市)
法人番号 6140005000273
テンプレートを表示
山門(赤門)
毘沙門堂
不動堂
仁王門前、正面の石段沿いに西国三十三観音が並ぶ。左手の鳥居は奥の院に通じる石段の入口
亀岩(伝・空海作)
奥の院大師堂(修繕中)

大龍寺(たいりゅうじ)は、兵庫県神戸市中央区神戸港地方再度山にある仏教寺院。山号は再度山(ふたたびさん)。東寺真言宗別格本山。通称、中風除けの寺。

歴史[編集]

寺伝によれば、神護景雲2年(768年)、和気清麻呂によって再度山(摩尼山)山頂近くの南斜面に開かれたとされる。山号は空海大輪田泊からに渡る直前と帰国直後の2度、当寺に参詣したことに由来するという。奥の院には空海作と伝わる「亀の岩」があり、空海が登山した道は大師道と呼ばれ、空海の修行地である現在の再度山公園には修法ヶ原の地名が残る。

14世紀前半は赤松則村の多々部城の構成要素であったために度々戦火を受け衰亡したが、観応年間(1350年1352年)、善妙上人による中興が行われ、堂宇が再建される。 現在の伽藍は江戸時代初期以降に再興されたものである。

森林に映える朱塗りの大きな山門はランドマークになっており六甲全山ハイキングコースなどにも取り入れられることがあるため、登山家もたびたびおとずれる。

伽藍[編集]

  • 大師堂(本堂)
  • 不動堂
  • 毘沙門堂
  • 鐘楼堂
  • 仁王門
  • 奥の院大師堂
  • 霊明殿

文化財[編集]

重要文化財(国指定)
  • 木造菩薩立像 - 奈良時代、伝・如意輪観音、秘仏

札所[編集]

行事[編集]

  • 1月1日〜3日 - 除夜の鐘ならびに修正会
  • 1月6日 - 寒の入り中風除大祈祷加持
  • 1月21日 - 初大師
  • 2月3日 - 節分星まつり
  • 3月21日 - 彼岸大師
  • 4月第2日曜日 - 春季永代土砂加持法会
  • 7月20日 - 中風除大祈祷加持
  • 8月21日 - 柴灯護摩修行
  • 9月21日 - 彼岸大師
  • 10月第2日曜日 - 秋季永代土砂加持法会

所在地[編集]

  • 〒650-0007 兵庫県神戸市中央区再度山1

交通アクセス[編集]

  • JR神戸線 三ノ宮駅 から市バスで森林植物園か再度山行バス30分、大龍寺山門前下車徒歩10分(冬季運休)
  • JR神戸線 三ノ宮駅 から市バス10分、諏訪山公園前から徒歩1時間30分(ハイキングコース)

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]