オテル・ド・摩耶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オテル・ド・摩耶
Hotel de Maya01s2816.jpg
ホテル概要
正式名称 神戸市立国民宿舎神戸摩耶ロッジ[1]
運営 PFI事業者:鹿島建設[2]
所有者 神戸市
前身 旧:神戸市立国民宿舎神戸摩耶ロッジ
部屋数 30室
開業 2001年7月
所在地 〒657-0105
兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-8
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
神戸港を望むジャグジー

オテル・ド・摩耶(オテル・ド・まや)は、兵庫県神戸市灘区摩耶山上に存在するオーベルジュスタイルの国民宿舎である。

概要[編集]

1957年より神戸市立国民宿舎神戸摩耶ロッジとして運用していたが、1995年の阪神大震災で被災し損壊したため休館した。2000年1月の六甲摩耶活性化研究会の報告に基づいた観光施設として日本で最初のPFI法事業として全面改築し、2001年7月にグランドオープンした。客室はバストイレ付きツインの洋室を中心とし、さらに水着着用で露天ジャグジーサウナを利用できるオーベルジュスタイルとした。

掬星台摩耶自然観察園六甲山牧場などが近所にあり、さらに足を伸ばし再度山ドライブウェイを使えば再度公園ヴィーナスブリッジ神戸などの周辺観光地にも近く便利である。摩耶山の尾根上にあり大阪方面の眺望が望めるが、少し山に遮られる格好になるためダイナミックな形での眺望はできない。

2008年7月に神戸北野の北野工房のまちにレストラン ドルチェの専門店「Pasticceria オテル・ド・摩耶 北野工房店」がオープンした[3]。懐かしのしっかりプリン「オテル・ド・摩耶プリン ブディーノ」などの生菓子や焼菓子を販売する。

館内設備[編集]

  • レストラン(エルベッタ(イタリア料理))
  • 会議室
  • 大浴場
  • サウナ
  • 露天風呂

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 神戸市立国民宿舎条例
  2. ^ 神戸市産業振興局事業概要 平成24年度版 p80
  3. ^ オテル・ド・摩耶シェフのブログ 2015年8月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度44分15秒 東経135度12分22秒 / 北緯34.73750度 東経135.20611度 / 34.73750; 135.20611