諏訪神社 (神戸市中央区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
諏訪神社
Suwa Shrine Kobe 003.JPG
拝殿
所在地 兵庫県神戸市中央区諏訪山町5-1
位置 北緯34度41分47秒
東経135度10分47.7秒
主祭神 建御名方大神、比売神、宇迦之御魂大神
例祭 10月15~16日
テンプレートを表示

諏訪神社(すわじんじゃ)は兵庫県神戸市中央区の諏訪山に鎮座する神社

仁徳天皇の皇后である八田皇后の離宮鎮護神として鎮斎されたとされる。 生田神社長田神社の中間に位置することから、古くは中宮と称されていた。 1182年頃の治承・寿永の乱(源平合戦)のおりに源義経が武運を祈ったという伝えがのこる。

諏訪山公園金星台ヴィーナスブリッジ)と隣接している。奥の院からさらに上の道を行くと、大龍寺に向かう大師道につながる。

祭神[編集]

  • 建御名方大神
  • 比売神
  • 宇迦之御魂大神 - 1778年、万宝院法院の勧進による

例祭[編集]

  • 10月15~16日

ギャラリー[編集]

所在地[編集]

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 勝沼直子 (2007年4月2日). “港望む楼門華僑ら集う 諏訪神社”. 社寺巡礼. 神戸新聞. 2012年11月15日閲覧。