和歌山県立紀伊風土記の丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 和歌山県立紀伊風土記の丘
Kiifudoki-no-oka museum of history.jpg
紀伊風土記の丘資料館
和歌山県立紀伊風土記の丘の位置(和歌山県内)
和歌山県立紀伊風土記の丘
和歌山県内の位置
施設情報
専門分野 考古学
民俗学
事業主体 和歌山県
開館 1971年8月
所在地 640-8301
和歌山県和歌山市岩橋1411
位置 北緯34度13分40.3秒 東経135度13分46.5秒 / 北緯34.227861度 東経135.229583度 / 34.227861; 135.229583 (和歌山県立紀伊風土記の丘)座標: 北緯34度13分40.3秒 東経135度13分46.5秒 / 北緯34.227861度 東経135.229583度 / 34.227861; 135.229583 (和歌山県立紀伊風土記の丘)
外部リンク ようこそ紀伊風土記の丘へ
プロジェクト:GLAM

和歌山県立紀伊風土記の丘(わかやまけんりつきいふどきのおか)は和歌山県和歌山市にある登録博物館施設。国の特別史跡である「岩橋千塚古墳群」(いわせせんづかこふんぐん)の保全・研究・公開を主たる目的として1971年8月に開館した考古学民俗学系の博物館である。

概要[編集]

和歌山市郊外の丘陵地(標高150m)にあり、総面積は65ヘクタール。その広大な敷地全体が博物館施設となっている。国の特別史跡に指定されている約400基の古墳群、復元した竪穴式住居、移築した江戸時代古民家集落(重要文化財2件を含む)、資料館および万葉植物園などで構成される。

紀伊風土記の丘資料館[編集]

国指定の特別史跡「岩橋千塚古墳群」など、和歌山県内の遺跡古墳等からの出土品の保存・研究・公開を主たる目的として、郷土出身の実業家松下幸之助の寄付により建てられた。

史跡公園かつ登録博物館施設である和歌山県立紀伊風土記の丘の中心となる施設であり、ビジターセンターとしての役割をもつ。館の外観は弥生時代高床倉庫を模した造りになっており外壁には古墳石室材に使用される「青石」が張られている。館内には古墳からの出土品や根来寺坊院跡から出土した陶磁器類、備前焼民具などが展示されている。

施設概要
  • 常設展示室 - 「掘り出された歴史 -和歌山のあけぼの-」
    • 図書コーナー
    • みんなの展示室
  • 企画展示室 - 企画展・特別展会場
  • 設計 - 浦辺建築事務所
  • 延床面積 - 1,687m2

遺跡博物館地区[編集]

  • 特別史跡「岩橋千塚古墳群」(約400基の古墳群)
    • 公開古墳(12基、石室内部公開)

野外博物館地区[編集]

  • 古民家集落
    • 旧柳川家住宅主屋・前蔵 (重要文化財
    • 旧谷山家住宅 (重要文化財)
    • 旧谷村まつ氏住宅 (和歌山県指定文化財)
    • 旧小早川梅吉氏住宅 (和歌山県指定文化財)
  • 竪穴式住居(復元)
  • 万葉植物園

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]