多摩森林科学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
多摩森林科学園

多摩森林科学園(たましんりんかがくえん)は、東京都八王子市廿里町にある森林林業木材産業に関 する試験研究機関である。組織としては、独立行政法人森林総合研究所の施設にあたる。施設の一部は一般に公開されているが、入園料がかかる。

園内施設[編集]

  • サクラ保存林:日本各地のサクラ遺伝子を保存するための林であり、約1,700本の桜が植えられている。開花時期は、種類により異なるが毎年2月~5月(ごく一部は10月~11月)にかけて咲く。多くは、都心部のソメイヨシノの開花時期よりも半月ほど遅れた4月中旬頃が見頃となるため、時期になると二度目の花見を楽しむ入園者で混雑する。なお、園自体は、サクラの開花時期以外にも年末年始及び休園日を除く通年、一般公開されている。
  • 樹木園:約620種類の樹木が植えられている。

歴史[編集]

直轄試験地[編集]

アクセス[編集]

  • 東日本旅客鉄道京王電鉄高尾駅北口より徒歩約10分。もしくは高尾駅北口1・2番のりばから小仏行以外のバスに乗車、「森林科学園」下車(但し森林科学園バス停は高尾駅発のみ停車)。駐車場はない。

関連項目[編集]

  • 武蔵陵墓地:都道を挟んで真向かいに位置する。宮内庁所管の組織として発足した多摩森林科学園ではあるが、設置は墓地の造営(1927年)よりも先行している。

外部リンク[編集]