市川市コミュニティバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

市川市コミュニティバス(いちかわしコミュニティバス)は、千葉県市川市コミュニティバスである。北東部ルートの愛称は梨丸号、南部ルートの愛称はわくわくバス

沿革[編集]

  • 2005年 - 試験運行開始
  • 2008年 - 市川市コミュニティバス運行指針策定
  • 2009年 - 策定に基づいて運行開始
  • 2010年 - 実行委員会を組織して本格運行開始
  • 2012年 - 南部ルートの愛称が、「わくわくバス」に決まる。
  • 2014年 - 北東部ルートの経路変更および南部ルートの運賃改定[1]
  • 2015年 - 北東部ルートの愛称が「梨丸号」に決まる。[2]

現行路線[編集]

北東部ルート[編集]

北東部ルートの車両

京成バス市川営業所が受託。

2015年夏に愛称を沿線小学校の児童より公募、市川市動植物園のマスコット「梨丸」から「梨丸号」と命名される。

南部ルート[編集]

南部ルートの車両

京成トランジットバスが受託。

2005年10月より市川市コミュニティバスのうち、行徳地区を通る南部ルートを社会実験として運行、2010年より本格運行に移行している。沿線には最近建設された大型マンションなどがあり、東京メトロ東西線沿線の公共施設や都市公園、大規模商業施設を結ぶようにルートが組まれている。一部の時間帯を除いて約30分間隔で運行されているが、妙典駅から新行徳橋(江戸川)を越えて現代産業科学館・メディアパーク(ニッケコルトンプラザ付近)へ延長運転される便は少ない。塩浜営業所の中型車両(いすゞ・エルガミオノンステップ車)が就役しており、2012年に公募で「わくわくバス」と命名、専用の装飾が施されている。

現代産業科学館・メディアパークでは北東ルートに、東京ベイ医療センターでは浦安市コミュニティバス「おさんぽバス」医療センター線に乗り継ぐことができる。

運賃[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "平成26年10月1日より市川市コミュニティバス運行計画の変更について"、市川市。2014年10月29日閲覧。
  2. ^ 広報いちかわ2015年12月5日号 (pdf)”. 市川市役所. p. 2 (2015年12月5日). 2018年6月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]