彦八まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

彦八まつり(ひこはちまつり)とは、上方落語協会が年に一度、9月の第1土曜日日曜日に、大阪府大阪市天王寺区生國魂神社で開催する、ファン感謝イベント江戸落語の「圓朝まつり」は、落語家が身内で行っていた圓朝忌を、彦八まつりを参考にして一般開放したものである。

概要[編集]

上方落語の始祖」米沢彦八の功績を称え、上方落語の伝統を身近な人々に広くアピールする目的から、6代目笑福亭松鶴の命日である9月5日にちなみ、1990年の生国魂神社での「彦八の碑」建立を機に、1991年より開催されている。

その後、開催日は9月の第1土曜と日曜に変更となり、現在に至る。

落語家以外のゲストが来場することもある。

実行委員長[編集]

落語家以外のゲスト[編集]

主な出し物[編集]

  • 参集殿での奉納落語会
  • 種々の芸能の奉納
  • 「彦八ばなし大賞」
  • 「素人演芸バトル」
  • 「お茶子クイーンコンテスト」
  • 「噺家おもしろ屋台」
  • 「噺家大相撲 いくたま場所」
  • 大喜利交流戦」
  • 「RR-1」:2006年度2日目昼に行われた若手落語家によるNo.1決定戦。優勝者は天満天神繁昌亭のトリを務める。審査委員長 は桂きん枝

イメージキャラクター[編集]

  • 「彦八くん」:米沢彦八がモチーフとなっている。

グッズ[編集]

  • 噺家一覧手拭(700円)

  彦八まつりにあわせて、新規入門者を追加するなど、一覧が更新される。

(過去に販売のもの)

  • ハッピ型手拭(700円)
  • 彦八くんストラップ(200円)
  • 彦八まつり10周年記念湯呑み(1,000円)
  • 彦八まつり団扇(200円)
  • 彦八まつりミレニアムグッズセット(2,000円):ハッピ型手拭、湯呑み、携帯ストラップ、団扇の4点セット

料金[編集]

  • 原則は無料(奉納落語会は「入場志納金」として料金を支払い、入場整理券と引き換える)

最寄り駅[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]