内山田洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
内山田 洋
出生名 内山田 道生
生誕 1936年6月6日
出身地 日本の旗 日本 福岡県柳川市
死没 (2006-11-03) 2006年11月3日(満70歳没)
学歴 伝習館高校卒業
ジャンル 演歌ムード歌謡
職業 作曲家
担当楽器 ギターキーボード
活動期間 1957年 - 2006年
共同作業者 内山田洋とクール・ファイブ

内山田 洋(うちやまだ ひろし、本名:内山田 道生(みちお)、1936年(昭和11年)6月6日 - 2006年(平成18年)11月3日)は、日本歌手作曲家血液型AB型

来歴・人物[編集]

福岡県柳川市出身。 高校時代は水泳選手として活躍。水泳は後々まで趣味としており、営業には欠かさず水着を持参していた。また隠れマッチョ芸能人として知る人ぞ知る存在であり、晩年まで腕立て伏せ150回を日課としていた。

1957年ころから福岡県内のベースキャンプで音楽活動を開始。クラブやキャバレーでの営業を経て、1967年小林正樹岩城茂美森本繁宮本悦朗らと「内山田洋とクール・ファイブ」を結成、長崎市キャバレー「銀馬車」の専属となる。自主制作した『涙こがした恋』が有線放送で人気となり、徐々にミュージシャンとしての地歩を固めた。1968年前川清をメンバーに加え、1969年に『長崎は今日も雨だった』でデビュー。これが大ヒットとなり、一躍スターダムにのし上がった。その後も、『中の島ブルース』、『そして、神戸』、『噂の女』、本人作曲の『東京砂漠』や『港の別れ唄』など、多くのヒットを飛ばし、ムード歌謡の旗手として1970年代から80年代の音楽シーンを席巻した。

1987年にリードボーカルの前川がクール・ファイブを脱退するが、その後もメンバーチェンジを繰り返しながらクール・ファイブとしての活動を続けていた(詳細については「内山田洋とクール・ファイブ」の記事を参照)。

2006年11月3日肺癌のため横浜市の病院にて死去[1]。70歳没。

脚注[編集]