堺すすむ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さかい すすむ
堺すすむ
本名 堺 迪
生年月日 (1942-11-23) 1942年11月23日(74歳)
出生地 日本の旗日本大阪府
職業 歌手
活動期間 1960年 -
事務所 芸能事務所

堺 すすむ(さかい すすむ、本名:堺 迪(読み同じ)、1942年11月23日 - )は、日本ギター漫談家歌手芸能事務所社長。「円立奈」(えん たてな = エン タティナー)のペンネームで演芸番組の構成・演出も手掛ける。大阪府大阪市東住吉区生まれ。大阪市立田辺中学校卒。

腹話術の川上のぼる門下。従来の声帯模写の枠を突き破り、1曲をパートに分けて何人もの物真似で歌い分けるスタイルを得意とする。また「こんばんは、森進一です」という、森進一の声帯模写の元祖とされている。

人物と芸風[編集]

中学生時代より在阪民放局の素人演芸番組で活躍。音楽ショウあひる艦隊(山名派)のボーヤを経て、1960年千土地興行の川上のぼる門下に移籍。19歳で新世界新花月にて『おしゃべりギター』と題打った、物真似ギター漫談でピン初舞台。1963年に師匠が『川上のぼると大阪ヤローズ』を結成すると、パーカッション・ドラム担当で直ちに参加した。

1967年に独立し上京、持ち前の客いじりにも磨きを掛け、以降40数年間に亙り活躍中。NHKラジオ第1放送の『サンデージョッキー』や『真打ち競演』に数多く出演するのみならず、構成・演出から芸人のブッキングまで幅広く手掛けている。

1980年代後半以降は、物真似から『なんでか?フラメンコ』に比重を移し、新境地を開拓。20回以上出演している日本テレビの『笑点』では、五代目三遊亭圓楽から「この人は、大金脈を掘り当てました」と讃えられた。

西川貴教T.M.Revolution)に顔が似ていると話題になり、「T.M.Revolution 堺すすむの隠し子 」(折り曲げた状態の駅売では「T.M.Revolution」と「隠し子」だけが見える状態になる)の衝撃的な見出しが東京スポーツの一面を飾った。余勢を駆ってTBSの『うたばん』など若者向け歌番組にも出演し、西川と同じ様な半裸の衣装で大型扇風機の前に立ち『WHITE BREATH』を熱唱したのみならず、寄席の出囃子にも『WHITE BREATH』を用いた。西川も答礼として「♪な〜んでか?」を披露している。

プロモーション・ススムの代表を兼ね、若手育成にも力を入れている。弟子にキングジョー堺たいようがいる。

主なネタ[編集]

なんでか?フラメンコ
  • ギター漫談。フラメンコを演奏しながらなぞなぞを出題し、終わりに「♪な〜んでか?」と観客に問いかける。ネタの最後には「オーレ-!」とかけ声で締める。
  • 考慮時間を取るため「♪な〜んでか?」を数度繰り返すこともあり、最後に「それはね……」といって、とんちを披露する。中には20年以上ウケ続けているネタもある。
  • NHK「真打ち競演」出演時は「なんでか?フラメンコ◯◯編」と銘打ち、収録場所にちなんだギャグを取り入れた新ネタを毎回用意する。
  • 幾人ものなぞなぞ考案ブレーンを抱えている他、投稿も募集しており、なぞなぞのストックは数百本に上る。
今週は、な〜い!
  • 日本テレビの視聴者参加歌謡番組『歌まね振りまねスターに挑戦!!』でプロ審査員を務めた際(1975-86年)、海外旅行プレゼント選出者に該当なしとなった時の決め台詞。
  • 「な〜い!」は甲高い声から始まって、トーンを下げながら伸ばしていた。ちなみにプレゼントする場合の決め台詞は「○○さん、あんた行ってらっしゃい!」。
そう〜なんや〜!
火曜サプライズ」(日本テレビ)レギュラー出演時に使ったギャグで、舞台でも使っている。自分で言った言葉を強調するときに、目玉をひんむいて客一人を凝視しながら言う。

レパートリー[編集]

その他

レコード・CD[編集]

  • 『飛騨の高山』
  • 『北の別れ町』 - 瑞ゆかりとのデュエット
  • 『覚えておきたい大衆芸能名セリフ集 歌舞伎篇1, 2』
  • 『覚えておきたい大衆芸能名セリフ集 新派・新国劇篇』
  • 『覚えておきたい大衆芸能名セリフ集 落語・大道芸篇』
  • 『堺すすむ!爆笑な〜んでか?トークライブ』
その他

著書[編集]

  • 『堺すすむのゴルフな〜んでか』
  • 『堺すすむな〜んでかフラメンコ』
  • 『堺すすむの爆笑!なーんでか799連発!』
その他

主な受賞[編集]

外部リンク[編集]