宮地大介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

宮地大介(みやち だいすけ、1968年4月3日 - )はタイタン所属の俳優、芸人。

役者として多くの舞台、TVドラマ、映画、CMに出演。2014年まではタイタン主催の「タイタンシネマライブ」「タイタンライブ・レア」に出演するなど、芸人としても活動。「ラジオDJ」ネタが好評であった。

略歴[編集]

1968年4月、広島県呉市に生まれる。父は陶芸家(主に水滴)。

東京・調布の日活撮影所の中にあったにっかつ芸術学院2013年3月末閉校[1])を卒業後、定まった劇団には所属せず役者として活動を続けていたが、1996年藤田真文とコントコンビ「がんす」を結成しデビュー。同時にタイタンに所属となる。

また、ウクレレえいじコヤマ紀比古THE MANスギタヒロシとでコントユニット「哀愁メロメロ」を組み、年1回のペースでコントライブを行う(現在は休止中)。

2004年末をもってがんす解散。2005年2月25日のタイタンライブにて解散を発表。以降、ピン芸人として「ラジオDJ」ネタが好評。また、役者としての活動も本格的に開始。

2012年3月、演出に映画監督の深作健太を迎え、一人芝居による初の単独公演「ディスクジョッキーを黙らせろ」vol.深作健太を開催。その後も年1回のペースで一人芝居を行う。

2015年より、一旦芸人活動を休止し、役者一本で活動。

人物[編集]

  • メガネがトレードマークで、携帯アプリ「宮地大介のラジオ大学 朝セット」「宮地大介のラジオ大学 夜セット」では、メガネボタンを押すとDJのプロフィールや裏設定、ひとくちメモが現れる[2]。役の上でも、最近はほとんどメガネをかけている。実際に、視力は裸眼で0.1。また、「哀愁メロメロ」等では時々鼻の下が長いことをいじられる。
  • デッサン画も得意としており、しばしば自らの芝居や友人・知人の芝居のチラシのデザインを描いている。

エピソード[編集]

  • 2005年2月25日、がんす解散発表の日のタイタンライブにおいて、宮地ウクレレえいじと「哀愁メロメロ」の中でのネタ「部長と課長」で出演したが、その後しばらくタイタンライブに出演しない時期があった。一方、相方の藤田は解散発表の日は「グレート乙羽屋」で歌舞伎ネタを披露。現在、藤田はタイタンを離れ、「ラブセクシー乙羽屋」として西口プロレスで活動中[3]
  • 2012年8月20日、芝居の稽古からの帰宅中に甲州街道にて自転車の単独事故により転倒。右膝を強打し、膝の皿が丸見えになった[4]。しかし、翌日から連続6日間全9回公演の舞台があったが、そのまま支障をきたすことなく無事に全公演をこなした。

出演[編集]

舞台[編集]

  • Aries33 Presents「SCANDALOUS NIGHT」(1991年9月6日〜9日、池袋小劇場)
  • Aries33 Presents「BLUE Part.III」(1991年12月14日、池袋小劇場)
  • Aries33 Presents「SCANDALOUS NIGHT2」(1992年4月17日〜19日、池袋小劇場)
  • 「オン・マイ・マインド」(1993年8月28日、くにたち市民芸術小ホール)
  • ミュージカル「雫の中の星座-もうひとりのアリス-」(1993年12月10日〜12日、シアターVアカサカ)
  • 劇団Bey 第1回プロデュース公演「ゴジラ」(1994年2月3日〜6日、荻窪アールコリン劇場)
  • まっぷVol.III「YUTAKA〜放熱という名のもとに」(1995年4月25日〜26日、広島YMCA国際文化ホール/1995年5月6日〜7日、銀座小劇場)
  • PK Belly & Company「GOOD-BYE MELANCHOLY」(1995年4月29日〜30日、スペースゼロ
  • 劇団Bey 第2回プロデュース公演「土方歳三殺人事件」(1995年6月23日〜26日、ウエストエンドスタジオ)
  • 劇団ACT-ARROW Vol.IV「HAPPY BIRTH DAY」(シアターグリーンフェスティバル '95 Vol.40参加)(1995年7月7日〜11日、シアターグリーン
  • 劇団鈴音座興行其ノ六「アジアの泪-目醒めれば黄金の郷、夢見るは月凪ぐ浜辺-」(1995年11月17日〜19日、池袋文芸坐ル・ピリエ
  • 絶対王様Pバージョン「オーディション」(1996年4月27日〜5月1日、新宿シアターモリエール)
  • オペレッタ「オズの魔法使い〜私に伝える物語〜」(1996年9月26日〜29日、大塚ジェルスホール)
  • 劇団Bey 第3回プロデュース公演「あしたが雨になりますように」(1996年12月13日〜16日、ウエストエンドスタジオ)
  • 絶対王様「はえお」(1997年3月11日〜12日、下北沢駅前劇場
  • 絶対王様「絶対王様〜多摩ヴァージョン〜」(1998年2月28日、パルテノン多摩小ホール)
  • 絶対王様「絶対王様〜グリーンヴァージョン〜」(1998年3月20日〜24日、池袋シアターグリーン)
  • 哀愁メロメロVol.1
  • 哀愁メロメロVol.2
  • 哀愁メロメロVol.3(2002年11月7日〜8日、新宿プーク人形劇場)
  • 哀愁メロメロVol.4「メランコリック・ノックアウト」(2003年8月9日〜10日、しもきた空間リバティ)
  • 哀愁メロメロVol.5「ダウヨル・ガロコ」(2004年4月5日〜7日、新宿プーク人形劇場)
  • 劇団ビタミン大使ABC「黒くなる」(2004年11月17日〜21日、紀伊國屋ホール
  • 哀愁メロメロVol.6「ミル貝がゆく」(2005年3月12日〜15日、新宿プーク人形劇場)
  • ポエティック・シンフォニー「The Seventh night of July」(2005年6月17日〜19日、東京芸術劇場小ホール2)
  • 劇団ビタミン大使ABC「ほ通り六番の柱がないので」(2005年10月6日〜9日、紀伊國屋ホール
  • 劇団ダミアン「虚船 ウツロブネ〜此処からはみえない海〜」(2006年3月2日〜6日、中野光座)
  • 劇団ビタミン大使ABC「夏屋服部商店のやり方」(2006年4月15日〜23日、シアター・グリーンメインホール)
  • 哀愁メロメロVol.7「マザーと呼ばれた男」(2006年8月10日〜13日、しもきた空間リバティ)
  • 劇団ビタミン大使ABC「君のビート」(2006年10月25日〜29日、シアターサンモール
  • 「憂の喜劇07〜パニッシュ夫人〜」(2007年3月24日、アイピット目白)
  • 劇団ビタミン大使ABC「誘蛾灯」(2007年7月10日〜15日、SPACE107)
  • 「哀愁メロメロVol.8〜椅子と机〜」(2007年9月21日〜24日、新宿プーク人形劇場)
  • alliance design+ プロデュース「feel trip」〜オムニバスストーリー〜(2008年1月19日、スパイラルホール)
  • 黒色綺譚カナリア派「葦ノ籠〜アシノカゴ〜」(2008年3月19日〜23日、青山円形劇場
  • 哀愁メロメロVol.9「NORIHIKO」(2008年11月6日〜9日、しもきた空間リバティ)
  • フラクタル公演「スナック寒月〜ひろしの店の作り方〜」(2008年12月17日〜21日、サンモールスタジオ)
  • 劇団ビタミン大使ABC「インスンデル」(2009年11月12日〜15日、シアターサンモール)
  • 花歌マジックトラベラー「夏の夜の夢のよう」(2010年9月3日〜12日、築地本願寺ブディストホール)
  • 劇団ビタミン大使ABC「眠る夢、見る夜」(2010年11月11日〜14日、シアターサンモール)
  • 劇団ビタミン大使ABC「入力1のパヴァーヌ」(2011年9月27日〜10月2日、中野ザ・ポケット)
  • 劇団ダミアン「説教強盗」(2011年11月6日〜13日、アサヒ・アートスクエア
  • 宮地大介第一回単独公演「ディスクジョッキーを黙らせろ」vol.深作健太(2012年3月27日〜29日、笹塚ファクトリー)
  • 演劇集団Nの2乗 第17回公演「窓からは夏の空が…」(2012年8月21日〜26日、下北沢「劇」小劇場)
  • Wonder×Works「満州夜曲」(2012年10月17日〜21日、俳優座劇場
  • 宮地大介第二回単独公演「人生リハーサル」vol.和田ラヂヲ(2013年2月24日〜26日、座・高円寺2)
  • 演劇ユニットNプラス「ニュータウンカフェの人々」(2013年8月27日〜9月1日、下北沢「劇」小劇場)
  • ザ★夕方カレー第6回プロデュース公演「千年目の浮気」(2013年10月4日〜6日、ウッディシアター中目黒)
  • 「プロペラとスカーフ」(2013年11月15日〜25日、シアター風姿花伝)
  • 宮地大介第三回単独公演『時雨銀二郎第49回ひとり芝居「Break a leg.」』vol.小宮孝泰(2014年10月24日〜26日、座・高円寺2)
  • 「ダウンライトの真贋」(2014年11月7日〜16日、キンケロシアター)
  • 劇団K助presents「ドブ恋4」(2015年3月5日〜15日、千本桜ホール)
  • 女々「窒息」(2015年5月22日〜31日、千本桜ホール)
  • 惑星☆クリプトンVol.2「SMOKIN' LOVERS」(2015年9月4日〜13日、松濤Bar BASE)
  • O次郎presents公演「チチガハハ」(2016年4月7日〜10日、ABCホール
  • 劇団時間制作第十回公演「皮肉にも雨は降る」(2016年5月11日〜22日、劇団MOMO)
  • 劇団K助presents「ドブ恋6」(2016年6月7日〜12日、千本桜ホール)
  • 惑星☆クリプトンVol.3「SMOKIN' LOVERS〜シケモク〜」(2016年9月8日〜18日、多目的DINING BARでんでけ)
  • 惑星☆クリプトンVol.4「SMOKIN' LOVERS〜ヤニクラ〜」(2016年9月18日〜28日、多目的DINING BARでんでけ)
  • 劇団K助presents「ドブ恋7」(2016年10月18日〜30日、千本桜ホール)
  • コギエルproduce vol.1「絶唱」(2016年11月11日〜13日、ザ★キッチンNAKANO)
  • トローチ第三回公演「エキスポ」(2017年1月22日〜29日、赤坂RED/THEATER)
  • 劇団道学先生「梶山太郎氏の憂鬱と微笑」(2017年6月7日〜18日、赤坂RED/THEATER)
  • 女々presents「ドブ恋8」(2017年7月4日〜12日・2017年7月15日〜23日、千本桜ホール)
  • 「劇、佐藤満春 第0章」(2017年7月21日〜23日、新宿シアター・ミラクル)
  • 劇団時間制作第十五回公演「手を握る事すらできない」(2017年11月8日〜19日、萬劇場)
  • 惑星☆クリプトンVol.5「SMOKIN' LOVERS〜紫煙〜」(2017年12月8日〜17日、Cafe Bar LIVRE)
  • BuzzFestTheater第6回公演「昏闇の色」(2018年1月17日〜23日、下北沢駅前劇場)
  • 女々presents「ドブ恋9」(2018年5月22日〜27日、下北沢小劇場B1)
  • 日穏-bion- 第10回公演「月の海」(2018年7月11日〜17日、下北沢「劇」小劇場)
  • 「劇、佐藤満春 第1章」(2018年7月20日〜22日、新宿シアター・ミラクル)

脚本[編集]

  • 太郎次郎一門猿芸ショー 被災地慰問公演スペシャル!IN東京(2012年10月30日〜31日、銀座博品館劇場

バラエティ[編集]

※パイロット版制作協力及び出演[5]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

携帯配信ドラマ[編集]

CM[編集]

DVD[編集]

書籍[編集]

  • 人類滅亡と13のコント集(2005年

携帯アプリ[編集]

  • 宮地大介のラジオ大学 朝セット
  • 宮地大介のラジオ大学 夜セット

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日活芸術学院 閉校のお知らせ
  2. ^ 「宮地大介のラジオ大学 朝セット」「宮地大介のラジオ大学 夜セット」
  3. ^ ラブセクシー乙羽屋 公式ブログ-自己紹介
  4. ^ 宮地大介第三回単独公演のチラシより
  5. ^ 書籍「人類滅亡と13のコント集-もう笑うしかないのか?!」P.286

外部リンク[編集]