キルゴア・トラウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

キルゴア・トラウトKilgore Trout)は、カート・ヴォネガットの複数の小説に登場する架空のSF作家

経歴[編集]

登場する小説によって差はあるが、おおむね以下のような経歴が設定されている。

  • ニューヨーク州にある架空の町イリアム(初期の作品)またはコーホーズ(後期の作品)に住む、売れないSF作家。
  • 未完の長編を含め209作を残す。主な作品としては以下のものがある。このうち、『貝殻の上のヴィーナス』は実際に出版されているが、著者はヴォネガットではなく、フィリップ・ホセ・ファーマーが「キルゴア・トラウト名義」で刊行したものである。
    • 貝殻の上のヴィーナス
    • おお、きみは匂うか?
    • サンキュー第一地方裁判所
    • 宇宙の三日間通行券
    • 第四次元の狂気
    • 宇宙からの福音書
    • 腑抜けの英雄
    • 株式取引惑星
    • 銀河系の手配師(改題されて)悦楽の口
    • 転轍手の居眠り
    • 車輪の災厄
  • 生年・没年は登場する小説により異なる。『チャンピオンたちの朝食』では、1907年生、1981年没。『タイムクエイク』では、1917年生、2001年没。最近のエッセイでは2004年10月15日にパイプ用洗剤を飲んで自殺したとされる。[1]
  • 1979年にノーベル医学賞を受賞(『チャンピオンたちの朝食』、『タイムクエイク』)。
  • 終身刑の受刑者ボブ・フェンダーのペンネームの一つ(『ジェイルバード』)。

登場作品[編集]

初登場は『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』において。『チャンピオンたちの朝食』では主役として活躍している。

モデル[編集]

  • モデルはシオドア・スタージョンとも、ヴォネガット自身とも言われている。
  • シオドア・スタージョンとは、ファースト・ネームの"Theodore"と"Kilgore"が脚韻を踏んでいる。また、ファミリー・ネームは、"Sturgeon"がチョウザメという意味なのに対し"Trout"はマスと、両者とも魚の名前になっている。
  • 作品中に自分の分身として架空の作家を登場させるという手法は、ヴォネガット風の文体と共に村上春樹のデビュー作『風の歌を聴け』の作中人物デレク・ハートフィールドに流用された。

映像化作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Requiem for a Dreamer -- In These Times