大渕愛子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおぶち あいこ
大渕 愛子
生誕 1977年8月12日(38歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 中央大学
職業 弁護士、タレント
配偶者 金山一彦(2014年 - )
子供 長男

大渕 愛子(おおぶち あいこ、1977年8月12日 -[1] )は、日本弁護士である。アムール法律事務所代表弁護士。東京弁護士会所属(登録番号:28914、登録年度:2001年)。

人物[編集]

東京都生まれ。跡見学園高校中央大学法学部出身。左利き。血液型はA型

大学在学中の1999年11月に旧司法試験に合格。司法修習54期。東京弁護士会に登録。2001年より糸賀法律事務所に入所。

2010年に独立し、法律事務所インフィニティを開所。2011年からはアムール法律事務所に改名し、銀座から表参道に移転。主な取扱領域は、離婚・親権(親子関係を含む。)、遺言相続ドメスティックバイオレンスストーカー等、子どもの権利、セクハラパワハラ、公益通報者の支援など[2]。糸賀法律事務所時代には日系企業と中国企業との企業法務案件に関わったことがある。

2011年11月から日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に住田裕子の後任としてレギュラー出演。

私生活[編集]

糸賀法律事務所入所後、事務所の同僚である弁護士と結婚したものの、後に離婚。大渕はこの離婚歴について公表している[3]

ゆるキャラふなっしー」の大ファンであり、自宅の仕事机周辺には、大量のふなっしーグッズが飾られている[4]

2014年8月24日に生放送された『行列のできる法律相談所』で再婚したことを発表した[5]。2014年6月より同棲中だった[5]。自身の誕生日8月12日に入籍[5]。結婚相手は俳優の金山一彦[5]。大渕は金山のことを「彦さん」と呼んでいる。2015年3月26日に第1子となる長男を出産。同年12月31日でブログでの長男の顔写真公開を終了した[6]

家事のほとんどは夫の金山の担当であり、金山は作った料理を弁護士事務所に届けたり大渕の弁当を作っている。

アムール法律事務所[編集]

大渕が経営する東京・表参道の法律事務所「アムール法律事務所」(渋谷区神宮前)は、他の法律事務所とは異なり、料金体制に顧問料制をとっている[7]。弁護士に依頼した場合、通常は着手金と 成功報酬だけを支払うが、大渕に依頼するとさらに別に顧問料がかかるシステム。また大渕はアムール株式会社(渋谷区)も経営している。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 誕生日はFacebookで公表。
  2. ^ “弁護士情報提供サービスひまわりサーチ”. 各弁護士の自己申告に基づく詳細情報. (2011年12月7日). http://www.bengoshikai.jp/search/detail.php?kai_code=1&id=28914 2013年3月3日閲覧。 
  3. ^ “『行列』住田弁護士の後枠はバツイチ美人弁護士・大渕愛子さん”. ORICON STYLE (オリコン). (2011年11月27日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2004108/full/?from_todaysnews 2011年11月29日閲覧。 
  4. ^ ふなっしーが大好き!(*´▽`*)|弁護士大渕愛子オフィシャルブログ「大渕愛子の無駄のない日々」 Powered by Ameba
  5. ^ a b c d “「行列」大渕愛子弁護士が金山一彦と再婚 2月から交際 緊急生放送で発表”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年8月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/08/24/kiji/K20140824008804470.html 2014年8月27日閲覧。 
  6. ^ “大渕愛子、長男顔写真のブログ公開を15年末終了”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年1月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1586804.html 2016年1月1日閲覧。 
  7. ^ “離婚問題の場合の料金表一覧”. アムール法律事務所料金表. (2013年4月29日). http://www.amour-law.jp/rikon.html 2013年4月29日閲覧。 
  8. ^ “TBS『白熱ライブ ビビット』新レギュラー続々 月曜はカンニング竹山”. ORICON STYLE. (2016年3月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2069164/full/ 2016年3月29日閲覧。 

外部リンク[編集]