関暁夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Mr.都市伝説 関暁夫
本名 関 暁夫(せき あきお)
別名義 スティーヴン・セキルバーグ
生年月日 (1975-06-21) 1975年6月21日(43歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都杉並区高円寺
血液型 A型
身長 168cm
言語 日本語
出身 NSC東京校2期
コンビ名 ハローバイバイ(1996年 - 2009年)
相方 金成公信(コンビ時代)
芸風 コント(ボケ)
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1997年 -
同期 パックンマックンライセンスロザンBコースなど
現在の代表番組やりすぎ都市伝説
作品 著書 『関暁夫の都市伝説
著書 『関暁夫の都市伝説2
配偶者  既婚
公式サイト www.sekielberg.jp

Mr.都市伝説 関暁夫(ミスターとしでんせつ せきあきお、1975年6月21日 - )は、日本のミステリーテラー。1996年から2009年までお笑いコンビハローバイバイのメンバー関暁夫として活動し、2011年に「Mr.都市伝説 関暁夫」に改名。別名「スティーブン・セキルバーグ」として、都市伝説をテレビ・ラジオ番組で語る「都市伝説テラー」である。

経歴[編集]

寿司屋の父と母の間に誕生[1]。東京都杉並区立松ノ木中学校出身。在学時はボンタンに短ランの格好をした「ヤンキー」だった。当時の夢は調理師で、家業を継ぐ事を考えていた。東京都立大島南高等学校卒業後、モランボン調理師専門学校へ入学、そこで金成公信と知り合う。その後関は自身が多汗症であるため、寿司を握るのは難しいと思い始め寿司職人としての夢を断念、金成とお笑い芸人としての道を歩む事を決心し、吉本総合芸能学院(東京NSC)2期生として入学し卒業。1996年頃、金成とお笑いコンビ「ハローバイバイ」を結成。

2004年頃「ハローバイバイ」はテレビ番組への出演が少なかった。当時、関は芸人を廃業しようと悩んでいたが、その前に自分の好きな「都市伝説」で仕事をしようと考える。そして、2005年8月6日に放送された『やりすぎコージー』の「芸人都市伝説」のコーナーで芸人都市伝説キングになり、その知識の豊富さが話題となる。その後関は、『やりすぎコージー』の「芸人都市伝説」2・3・4のすべてに出演している。

2006年11月には著書『ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説 信じるか信じないかはあなた次第』を出版。80万部以上を売り上げ、後の都市伝説再ブームの「火付け役」と称される。この頃から「スティーブン・セキルバーグ」を名乗り「都市伝説テラー」(都市伝説を語る人物)としてテレビ番組などの出演が増えると共に「関暁夫のオカルトトークライブ」という不定期のライブを行っている。

2009年12月21日に方向性の違いによりコンビの解散が発表された(ただし公式ブログには現在でも「吉本興業のお笑い芸人」と書いてある)。2010年11月3日に一般女性と入籍[2]。2011年5月25日放送分の『やりすぎコージー』内で、スティーヴン・スピルバーグの映画製作チームが選ぶ「我々が手を組むべき日本のメディアに影響力のある10人」の中の1人になったと発表された。

その後は「ハローバイバイ関暁夫」という芸名で活動を続け、2011年12月30日に「Mr.都市伝説 関暁夫」に改名[3]

都市伝説テラー[編集]

  • 関の紹介する「都市伝説」のジャンルは、身近な都市伝説から陰謀論、さらにはトリビアまでを含んでおり、一般な「都市伝説」からは逸脱したものも多い。著書やテレビ番組出演などでは「スティーブン・セキルバーグ」を名乗るが、わかりやすく「ハローバイバイ・関暁夫」と紹介される事が多く、TBS『ドッカ〜ン!』では、「都市伝説先生」として出演。
  • 「セキルバーグ」の名前の由来は、スティーヴン・スピルバーグのもじりと思われる。英語表記すると「Steven Sekielberg」。
  • セキルバーグとしてテレビなどに出演するときは、「Bill Monroe's BLUEGRASS hall of fame....」と書かれた黄色い袖の部分が黒色の長袖Tシャツに黒いジーンズ、「U.S.AIR FORCE」と書かれた黒いイーグルマークの帽子と黒い茶色がかったサングラスをかけ、アゴと口にヒゲをはやし長髪というスタイルで登場する。
  • 都市伝説を語ったあとは「信じるか信じないかはあなた次第」が決まり台詞。

批判[編集]

オカルト批判のスタンスである作家山本弘は、明らかに関の創作や虚偽を「都市伝説」と偽っている例があると指摘した上で、「実際には100%嘘である話を「信じるか信じないか」という二者択一を読者に押し付けることで半分くらい信憑性があるかのように錯覚させている」として、「信じるか信じないかはあなた次第」というフレーズを「卑劣」であると指摘している[4]

人物[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

DVD[編集]

  • けっこう仮面 プレミアム

映画[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【関暁夫】“Mr.都市伝説”実家は商店街の寿司屋!”. 夕刊フジ (2012年8月31日). 2015年6月25日閲覧。
  2. ^ 元ハロバイの都市伝説テラー・関暁夫が一般女性と結婚”. ORICON STYLE. オリコン株式会社 (2010年11月4日). 2015年9月21日閲覧。
  3. ^ ハローバイバイ関暁夫が改名! 今後は「Mr.都市伝説 関暁夫」で活動”. ORICON STYLE. オリコン株式会社 (2011年12月30日). 2015年9月21日閲覧。
  4. ^ と学会 『トンデモ本の世界X』 楽工社2011年7月5日ISBN 978-4-903063-50-8 P87-97

関連項目[編集]

外部リンク[編集]