新世界秩序

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新世界秩序(しんせかいちつじょ、New World Order、略称:NWO)とは、国際政治学の用語としては、ポスト冷戦体制の国際秩序を指す[1]。また陰謀論として、将来的に現在の主権独立国家体制を取り替えるとされている、世界政府パワーエリートをトップとする、地球レベルでの政治経済金融社会政策の統一、究極的には末端の個人レベルでの思想や行動の統制・統御を目的とする管理社会の実現を指すものとしても使われる[2][3][4][5]

概要[編集]

New World Orderという用語自体は第一次世界大戦後頃から英米政治家によって多用されるようになった。公式で確認されている中でも、国際連盟の設立とベルサイユ体制の構築によって大国間の勢力均衡が大きく変化したことを指したアメリカ大統領ウッドロウ・ウィルソンや、第二次世界大戦の悲惨な帰結を見たイギリス首相ウィンストン・チャーチルが破滅的な世界大戦を避けるには国民主権国家を廃絶し世界政府の管理による恒久的な平和体制の実現が不可欠であるとして、この言葉を使った[6]

SF小説家歴史家としても著名なH.G.ウェルズは国家の存在を認める国際連盟を批判し、主権国家の完全な根絶と、高級技術官僚や少数のエリートによる世界統一政府を通じた地球管理を訴え、1940年に『新世界秩序』(New World Order)を出版しその持論を述べた[7][8]

この用語が一般にも広く知られるようになったのは、1990年9月11日に時のアメリカ大統領ジョージ・H・W・ブッシュ湾岸戦争前に連邦議会で行った『新世界秩序へ向けて(Toward a New World Order)』というスピーチであった[9]。下記は1991年3月6日の『新世界秩序(New World Order)』というスピーチの一部の抜粋。

Until now, the world we’ve known has been a world divided—a world of barbed wire and concrete block, conflict and cold war. Now, we can see a new world coming into view. A world in which there is the very real prospect of a new world order. In the words of Winston Churchill, a "world order" in which "the principles of justice and fair play ... protect the weak against the strong ..." A world where the United Nations, freed from cold war stalemate, is poised to fulfill the historic vision of its founders. A world in which freedom and respect for human rights find a home among all nations. 今日まで我々が知っていた世界とは、分断された世界―有刺鉄線コンクリートブロック、対立と冷戦の世界でした。今、我々は新世界への到達を目にしています。まさに真の新世界秩序という可能性です。ウィンストン・チャーチルの言葉で言えば、"正義と公正の原理により弱者が強者から守られる世界秩序"です。国連が、冷戦という行き詰まりから解放され、その創設者の歴史観を貫徹する準備の出来た世界、自由と人権の尊重が全ての国家において見出せる世界です。

その他に、ヘンリー・キッシンジャービル・クリントントニー・ブレアゴードン・ブラウンジョージ・ソロスデイビッド・ロックフェラージョー・バイデンなどもこの語を使ったことで知られる。

陰謀論としての新世界秩序[編集]

アメリカ合衆国の国章の裏側. ラテン語で"novus ordo seclorum", 直訳すると"New Order of the Ages(時代の新秩序)[10]。提案したのはチャールズ・トムソン。彼はアメリカ独立宣言採択の日以来の「新しいアメリカの時代の始まり」を表すために、このモットーを取り入れるよう提案した[11]プロビデンスの目が一緒に書かれていることから、フリーメイソンとの関係が指摘されているが、アメリカが国章にプロビデンスの目を使用したのは1782年で、これはフリーメイソンよりも先である。

前述の著書の影響から、新世界秩序をアングロサクソンによる帝国主義国家だと主張する陰謀論者もいる。

陰謀論では、その世界政府の成立はクーデターのような目に見える形ではなく、段階的に成し遂げられるものとされており、国際連合を頂点とする国際通貨基金世界銀行による金融的な支配、欧州連合などの地域統合を名目とした国家主権の段階的な廃止、NAFTATPPなどの自由貿易体制を通じた人と資本の移動自由化による経済的な国境の廃止、または地球温暖化世界金融危機など世界レベルの取り組みが不可欠であるという、いわゆる「グローバルな問題」を創り出し宣伝することによって国家の廃絶が必要であるという世論の形成を通じて行われるとされる。

関連項目[編集]

類似概念

脚注[編集]

  1. ^ Goldberg, Robert Alan (2001). Enemies Within: The Culture of Conspiracy in Modern America. Yale University Press. ISBN 0-300-09000-5. 
  2. ^ Berlet, Chip; Lyons, Matthew N. (2000). Right-Wing Populism in America: Too Close for Comfort. Guilford Press. ISBN 1-57230-562-2.
  3. ^ Barkun, Michael (2003). A Culture of Conspiracy: Apocalyptic Visions in Contemporary America. University of California Press; 1 edition. ISBN 0-520-23805-2.
  4. ^ Pete Williams, Andrew Blankstein (2014年11月1日). “Sources: Alleged LAX gunman had 'new world order' conspiracy tract”. NBC News. https://www.nbcnews.com/news/other/sources-alleged-lax-gunman-had-new-world-order-conspiracy-theory-f8C11514443 2014年7月10日閲覧。 
  5. ^ Berlet, Chip (15 April 1999). "Dances with Devils: How Apocalyptic and Millennialist Themes Influence Right Wing Scapegoating and Conspiracism". The Public Eye.
  6. ^ Thomas J. Knock (12 March 2019). To End All Wars, New Edition: Woodrow Wilson and the Quest for a New World Order. Princeton University Press. ISBN 978-0-691-19192-8.
  7. ^ Wells, H. G. (2006). The New World Order. Hesperides Press. ISBN 1-4067-2262-6.
  8. ^ Wagar, W. Warren (1977). H. G. Wells and the World State. Ayer Co Pub. ISBN 0-8369-5915-9.
  9. ^ BUSH 'OUT OF THESE TROUBLED TIMES . . . A NEW WORLD ORDER'”. ワシントン・ポスト (1990年9月12日). 2020年1月9日閲覧。
  10. ^ Lewis and Short, A Latin Dictionary: Founded on Andrews' Edition of Freund's Latin Dictionary: Revised, Enlarged, and in Great Part Rewritten by Charlton T. Lewis, Ph.D. and Charles Short, LL.D. The Clarendon Press, Oxford, 1879, s. vv.
  11. ^ Novus Ordo Seclorum - Origin and Meaning of the Motto Beneath the American Pyramid”. GreatSeal.com. 2018年4月30日閲覧。
  12. ^ 辻隆太朗「世界の陰謀論を読み解く ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ」講談社現代新書、2012年2月