TOKYO MX STADIUM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
MXスタジアムから転送)
Jump to navigation Jump to search

TOKYO MX STADIUM』(トーキョー・エムエックス・スタジアム)は、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)で放送されている野球中継番組。ハイビジョン制作(一部試合を除く)。2006年以降の正式な番組名は『TOKYO MX STADIUM(西暦)』。

しかし2009年以降TOKYO MXの野球中継においてこのタイトルを使用するのは東京ヤクルトスワローズ主催試合中継だけとなり、その東京ヤクルト戦中継も2012年限りで全て打ち切られたため(後述の福岡ソフトバンクホークス主催試合中継や高校野球中継ではこのタイトルを使用していない)、現在この番組名で放送される野球中継は存在しなくなっている。

便宜上本項では、高校野球中継やソフトバンク戦中継などを含めたTOKYO MXの野球中継全般についても記述する。

概要[編集]

開局当初のMXテレビはプロ野球中継の放送がほとんどなかったが、番組編成を見直した1998年からサンテレビが制作した阪神タイガース主催試合中継(『サンテレビボックス席』)と、自社制作の東京六大学野球夏の高校野球東京都大会(東・西ブロックとも)の試合の実況中継をこのタイトルで放送するようになった。とくに阪神戦中継は「六甲おろしが、東京に吹く」というキャッチコピーを用いてアピールしており、東京都内を走る山手線などの電車内にステッカー形式の車内広告を出して宣伝していた。

これらに加えて、2007年からは福岡ソフトバンクホークス主催試合の中継も行っている(→STRONG!ホークス野球中継を参照)。

大学野球中継はその後打ち切られたため、放送対象はプロ野球公式戦と高校野球大会だけとなり、2007年からは阪神戦とソフトバンク戦の他に、明治神宮野球場で行われる東京ヤクルトスワローズ主催試合(主に対中日ドラゴンズ戦、三重テレビぎふチャンへもネット)の自社制作放送という陣容となる。なお、2006年以降の東京ヤクルト主催公式戦の自社制作は、対中日戦を年2、3試合程度放送で三重テレビとぎふチャンにネットするという放送形式でほぼ固定されていた。

以前はテレ玉制作の埼玉西武ライオンズ戦、GAORA制作の北海道日本ハムファイターズ戦(東京ドーム主催試合)やCTC(チバテレビ)制作の千葉ロッテマリーンズ戦も放送していたことがあるが、2006年度以降は番組供給を受けていないため放送されていない。

2006年までは東京シティ競馬FC東京ナイター開催がある場合はそちらを優先して編成するため野球中継をしないことが多かったが、本社がテレコムセンターから現在地(半蔵門メディアセンター)に移転し、地上デジタル放送が本格的に開始されてからは、マルチ編成が開始され、野球中継と並行して放送することも多くなった。現在は終日マルチ編成を実施しているため、野球中継と競馬中継の放送時間帯が重なる場合は前者がメインチャンネルで、後者はサブチャンネルで放送するようになっている。

ヤクルト主催試合は地上デジタル放送でも4:3の標準画質で放送されていた。2010年よりデジタル放送への完全移行の準備としてアナログ放送ではほとんどの番組がレターボックス放送になっていたものの、本番組では4:3の標準画像のままとなっていた。2011年より画面サイズは16:9になったが、前述のとおり野球中継時はマルチ編成のため標準画質のままだった。

最初の中継[編集]

MXで最初に放送された野球中継は1995年11月5日阪神甲子園球場で行われた「'95プロ野球日韓親善スーパーゲーム」第3戦で、開局記念特別番組として午後1時から試合終了まで生中継した。これはサンテレビからのネット供給による放送で、MXテレビ、サンテレビ(制作局)、KBS京都の3局ネットで放送された(KBS京都は競馬中継のため変則時間帯を適用)。この日は日曜日だったため、関東地区の他の独立UHF放送局tvk、テレ玉、チバテレビ、群馬テレビ)は中央競馬ワイド中継を放送する関係でネットしなかった。

なお、開局当時のTOKYO MXはスポンサーが極めて少なく、ほとんどCMなしで放送していた(ただし、東京新聞伊藤園「充実野菜」などのCMが番組の合間に流されていた)。

歴史[編集]

沿革[編集]

各年度のできごと[編集]

ここでは、主にプロ野球中継について列挙する。

2006年[編集]

  • 2006年は、4月の開幕から東京MXテレビがテレコムセンターに入居していた6月いっぱいまでは中継がなかったが、麹町新社屋に移転しハイビジョン放送を開始(同時にTOKYO MXに改称)した7月から公式戦終了までは、サンテレビ制作の阪神戦4試合、自社制作のヤクルト対中日戦(神宮球場)の3試合が中継されたほか、11月4日には、明治神宮外苑創建80年記念試合「東京六大学選抜対ヤクルト」(神宮球場)も中継された[2]
    • なお、サンテレビではこの年の5月より阪神戦を中心にハイビジョン制作を開始したが、TOKYO MXの放送では最後まで標準画像のまま続いた。

2007年[編集]

2008年[編集]

  • 4月27日に神宮球場で、8月6日と7日に、松山中央公園野球場で行われたヤクルト対中日戦を自社制作で中継した。
    • なお、サンテレビからネットされる阪神戦については、tvkやチバテレビなど他の関東独立UHF局ではハイビジョン放送となっているのに対し、MXでは4:3の標準画質での放送のままとなっていた。

2009年[編集]

  • 7月31日・8月1日・2日に神宮球場で行われたヤクルト対中日戦(ナイター)を自社制作で中継した。三重テレビとぎふチャンにもネットされた。
  • この年からサンテレビ制作の阪神戦中継のネットが消滅し、すべて自主制作となっている。

2010年[編集]

  • 8月4日・5日・9月20日に神宮球場で行われたヤクルト対中日戦を自社制作で中継。前年同様、三重テレビとぎふチャンにもネットされた。
    • なお、9月20日は『STRONG!ホークス野球中継』 ソフトバンク対西武(デーゲーム、福岡Yahoo! Japanドーム)と、このヤクルト対中日(ナイター)と、TOKYO MX自主制作によるプロ野球中継が2本立てで放送された。

2011年[編集]

  • 4月30日に『「がんばろう東北」東北楽天ゴールデンイーグルス野球中継』として初めて、楽天主催の楽天対オリックス戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)を放送。2011年度は23試合中継。実況・解説はMX独自であるが、現地派遣はせずスタジオで球団制作の映像に合わせて行う。
  • 8月23日・24日・25日に神宮球場の東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズ戦を中継した。

2012年[編集]

  • 7月4日、5日、8月31日に神宮球場で行われたヤクルト対中日を中継した(例年どおりぎふチャンと三重テレビにネット)。

2013年[編集]

  • 放送対象をソフトバンク主催試合だけに絞ったことにより、ヤクルト主催試合の中継が全廃された。これ以降TOKYO MXでのヤクルト公式戦の放送機会は交流戦のソフトバンク対ヤクルト戦のみとなる。

主な放送試合[編集]

プロ野球[編集]

かつて放送していた試合

高校野球[編集]

大学野球[編集]

放送時間[編集]

(2011年当時の場合)

火曜日 - 金曜日
  • 19:00 - 21:30
土曜日・日曜日(祝日)
  • 試合開始時間によって異なる。
    • 13時開始の試合:13:30 - 16:30
    • 14時開始の試合:14:30 - 17:30
    • 18時開始の試合:18:30 - 21:00
補足
  • 上記は全て楽天戦中継の場合であり、ヤクルト戦は年に1回の平日に限られ、放送時間も楽天戦より30分短い19:00 - 21:00となっている。
  • プロ野球放送時は通常の番組は休止、平日21:00から放送される自社制作番組「ゴールデンアワー」は21:30からの短縮版として放送される。但し中継が早く終われば通常通り放送される。

出演者[編集]

プロ野球の出演者[編集]

いずれも過去の出演者である。
〈東京ヤクルトスワローズ戦〉

解説者
アナウンサー
過去のアナウンサー・リポーター
  • 柴崎啓志(実況、2009年〜2011年)
  • 佐藤隆輔(実況、2008年まで)- この中継を担当しているほか、以前勤めていたNHKでラジオ(第1、FM、国際放送)のニュース(深夜の時間帯)や株式市況(ラジオ第2)も担当。
  • 河田浩兒(リポーター)

〈東北楽天ゴールデンイーグルス戦〉

解説者
アナウンサー

高校野球の出演者[編集]

アナウンサー
リポーター

上記3名はライムライトに所属

過去の出演者

リポーター

テーマソング[編集]

高校野球
プロ野球
  • 1998年 - SIDE-ONE「青いプライドの靴」
  • 1999年 - 「六甲おろし
  • 2011年 - OP「不明」、ED「JAGUAR'08」(楽天戦)

脚注[編集]

  1. ^ ソフトバンク主催の交流戦中継でも対巨人戦だけが放送対象外となっているため(除外されている理由は不明)、地元テレビ局でありながら10年以上に渡って巨人公式戦の中継が皆無になっている。
  2. ^ 明治神宮外苑創建80年記念試合「東京六大学選抜対ヤクルト」については、12月30日夜にも再放送された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]