乳輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
乳輪
Female Areola closeup.jpg
成人女性の乳輪(中心は乳首
ラテン語 area
英語 Areola

乳輪(にゅうりん)とは、乳首のまわりの部分にて、焦げ茶色黒色桃色の部分を意味する。乳暈(にゅううん)と呼ぶ場合もある。

思春期前の女性の乳輪は、男性とほぼ同じ面積で小さく、ピンク色であるが、思春期になると、第二次性徴により乳房の成長として乳輪期[1][2]から乳輪周辺が膨らみ、乳輪の面積が拡大し、乳首・乳輪が茶色や黒色に着色する。着色の程度は個人差がある[3]。乳首・乳輪周辺に何かが接触したり体を揺すったりすると疼痛痒みが生じる場合がある(ブラジャーを着用する事で乳首・乳輪周辺の疼痛や痒みを抑える)。これらによって既に思春期に入っている事に気づきやすい[4]。成長期には隆起するようになる。妊婦、経産婦ではさらに濃い茶色・黒色に色づく場合があり、個人差もまた大きい。一概には言えないが、乳房が大きい程、乳輪も大きくなる傾向がある。男性も思春期に少し面積が広くなり(女性化乳房発症時は女性並みに広くなる場合がある)、茶色や黒色に着色する。 また男女ともに、思春期以降は毛がはえることもある。

疾患[編集]

希に男性の乳輪肥大(500円硬貨程度)も見られることもあるが、女性ホルモンによる女性化乳房である。

脚注[編集]

関連項目[編集]