乳輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
乳輪
Female Areola closeup.jpg
成人女性の乳輪(中心は乳首
ラテン語 area
英語 Areola

乳輪(にゅうりん)とは、乳首のまわりの部分にて、焦げ茶色黒色桃色の部分を意味する。乳暈(にゅううん)と呼ぶ場合もある。

概説[編集]

女性は乳房のタナー段階で、IIの後半(乳輪期)から乳輪周辺が盛り上がり、乳輪の面積が拡大し初め、乳首・乳輪が茶色や黒色に着色し始める。以降、Vに近づくにつれて乳輪の面積が拡大し、着色が濃くなっていく。

思春期前(乳房タナー段階I)からIIの前半(乳頭期)の女性の乳輪は男性と性差が無く、面積で小さくてピンク色であるが、思春期になると、第二次性徴により乳房の成長として乳房のタナー段階IIの後半(乳輪期[1][2])から乳輪周辺が盛り上がり、乳輪の面積が拡大し初め、乳首・乳輪が茶色や黒色に着色し始める。以降、Vに近づくにつれて乳輪の面積が拡大し、着色が濃くなっていく。着色の程度は個人差がある[3]ノーブラの状態で乳首・乳輪周辺に被服などのが接触したり体を揺すったりすると疼痛痒みが生じたり、胸付近の布地が薄く胸に密着している被服を1枚のみ着用している時に俗に「胸ポチ」が過去に比べて目立ちやすくなることで、思春期に入ったことに気づきやすく[4]、これを機にノーブラを止めてジュニアブラを着け始める時期であり、ジュニアブラを着用する事で乳首・乳輪の疼痛や痒み、胸ポチを抑える。[5][6]形成期には隆起するようになる。妊婦、経産婦ではさらに濃い茶色・黒色に色づく場合があり、個人差もまた大きい。一概には言えないが、乳房が大きい程、乳輪も大きくなる傾向がある。男性も思春期に少し面積が広くなり(女性化乳房発症時は女性並みに広くなる場合がある)、茶色や黒色に着色する。閉経後は再び色が薄くなる。

また乳輪内部にはモントゴメリー腺と呼ばれる皮脂腺が多数存在するので、男女ともに思春期以降は毛が生えることもある。モントゴメリー腺は乳首と乳輪を保護する役目を持つが、皮脂腺にしては非常に珍しい表皮に近い位置に存在するので個人差こそあれ大体の乳輪は目で見ても判る位ぶつぶつになっていることが多い。

疾患[編集]

希に男性の乳輪肥大(500円硬貨程度)も見られることもあるが、女性ホルモンによる女性化乳房である。

脚注[編集]

関連項目[編集]