ノーブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ノーブラとは、ノー・ブラジャーの略で、ブラジャーを着けずに且つブラジャーの機能がある(ブラジャーと一体化した)衣装を全く着ていない思春期以降の女性を指す。乳房の成長前でブラジャーを着ける必要が無い思春期前の女性と上半身トップレス)の女性は指さない。

概要[編集]

ノーブラは和製英語である(英語では braless と言う)。かつて日本では和服が中心であったために古くから誰もがノーブラであったが、洋装化と共に、思春期以降の女性はブラジャーを着けることが一般的となった。 1970年代初頭のウーマンリブ運動において、一部の活動家はブラジャーを「女性を拘束する象徴」として敵視し、ブラジャーを焼く、日常生活でブラジャーを着用しないといった活動も見られたが、後に沈静化した。

ブラジャーの項も参照のこと。

思春期における乳房の成長過程でのノーブラ[編集]

1980年頃は中高生向けのジュニアブラしか市販されておらず、当時の小学生はジュニアブラの想定外だった。現在では思春期初来の約4年(7歳7か月-11歳11か月の間[1][2])のうちにジュニアブラを付けるのが望ましいと考えられるようになり[3]、小学生がジュニアブラを着けることが想定されるようになった[4]

しかし思春期初来から初経の1年以上前はノーブラの割合が69%と多く、初経前後でも44%、初経の1年以上後から成人型乳房になるまでの間で10%存在するという[5]

このように適切な時期にノーブラを卒業できない女性が多い背景には、学校でブラジャーについて学ぶ機会が殆ど無く、学校の健康診断で胸囲の測定が廃止され先生が児童・生徒の胸の発育を把握する機会が減ったことや、乳房の成長段階に合わせてブラジャーを着けることの大切さ[6][7] が母親らに十分に浸透していないため、タイミングを逃してしまうことなどが上げられている[8]

そのような場合、胸ポチが生じやすくなり、衣服の摩擦によって乳頭乳輪周辺に疼痛痒みが生じ、初経前後以降は乳揺れで疼痛が生じたり、乳房の内部組織が伸びてしまう場合がある[9]

また、ノーブラの乳房を隠そうとして姿勢が悪くなったり、体育授業や運動会などで思いきり運動ができない[10]、乳房の膨らみがはっきり分かることから防犯面に影響が生じる[11]場合がある。

そこで、思春期初来(乳房の発達開始)平均年齢(9歳9ヶ月[1])が過ぎて1/2成人式(10歳)を迎えたら母娘で話合いノーブラをやめるよう勧めているメーカーがある[12]

映画[編集]

  • オムニバス映画「非女子図鑑」(2009年5月30日公開)の中の一編「B(ビー)」にて主人公(演:月船さらら)がノーブラ女性として描かれている。

有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]