パイズリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パイズリによる狭射

パイズリ: Mammary intercourse, Titty fuck, titfuck: 乳交)は、大きい乳房を使い男性のペニスを刺激する性行為である。イギリスでは、フレンチ・ファック (French fuck) ともいう[1]

概要[編集]

左右の乳房の間にペニスを挟み、両乳を上下に動かすのが一般的とされる。このとき男性が上に乗る場合は体重をかけすぎると女性の肺を圧迫し呼吸困難にすることがある。 パイズリの大まかな定義は、「乳房で男性器を刺激して性的興奮を促す行為」である。近年はアダルトビデオや風俗産業などの影響から、多くの人が思い浮かべるのは、豊かな胸(巨乳や爆乳)の谷間にペニスを挟んで行うプレイである。これによって得られる男性の性的快感は趣向によるところが大きいが、必ずしも乳房の形やサイズなどと相関せず、また一般にさまざまな体位でのパイズリが可能である。 刺激自体はあまり強くないが、パートナーが自分の胸を使い、身を挺してパイズリをしてくれること自体に意味があり、それを理解することで快楽を得ることができる。

胸の谷間に挟んだままで射精させることを、挟射という。一般的に豊かな胸の持ち主しか行えず、胸フェティシズムと相関性の強いプレイである。

語源[編集]

かつては「紅葉合わせ」と呼ばれていた。キュウリやナスなどを塩揉みする際、まな板の上に塩をまき押し付けるように転がすことを「板擦り(いたずり)」というが、押し付けるのが板ではなくおっぱいであることから、こう呼ばれると考えられる。「パイズリ」というフレーズを発明したのはお笑いタレント山田邦子である[2]

米川明彦編『日本俗語大辞典』(東京堂出版)には1998年の用例が掲載されており、同年の時点ですでにパイズリという言葉が使われていたことが確認されている[要ページ番号]。1990年発行の『SEX PAL』(データハウス)には、ソープランドテクニックとして、マット洗いの中に「乳房でこするパイずり」が挙げられている[要ページ番号]が、これが今でいう「胸の谷間にペニスを挟んで行うパイズリ」かどうかは不明である。

補足[編集]

イギリスのロックバンドオアシスリアム・ギャラガーは、ロッキング・オンのインタビューにおいて、パイズリのことを「ボンベイ・ロール」と表現した。同じくイギリスのロックバンドザ・シャーラタンズのティム・バージェスは、「シャークス・サンドウィッチ」と表現している。

由来[編集]

日本[編集]

日本では、1752年にはすでにパイズリが行われていたことが確認されている。遊女向けの指南書に、パイズリとフェラチオの実践方法が記載されている[3]

海外[編集]

英語[編集]

イギリスでは、パイズリはFrench fuckまたはtit wankという。titはオッパイ。wankとは、イギリス英語のスラングで、マスターベーションをすること。オッパイでするマスタベーションという意味で、パイズリ。wankが自慰の意味で使われるのは1900年代に入ってから[4]なので、tit wankが使われだしたのは、早くとも1900年代以降ということになる。French fuckについても使用開始年代は不明だが、French kissも1900年代に使用が確認されている[4]ので、French fuckがパイズリの意味で使われはじめたのは、1900年代以降ではなかろうか。当時イギリスは性道徳が非常に厳しく、それに対してフランスはおおらかであったため、性的なプレイの多くはFrenchと名付けられたのであろう(たとえばフレンチキス)。『我が秘密の生涯』では、パイズリの画面が1度確認されている。『我が秘密の生涯』が出版されたのは19世紀末、著者とされるヘンリー・スペンサー・アッシュビーが生まれたのが1834年なので、19世紀のイギリスではパイズリがプレイとしてあったということだ。ただ、著作にてパイズリがどのように表現されているかは、確認されていない。[独自研究?]

米語[編集]

アメリカでは、パイズリは“titfuck”、“tits fuck”、“tittyfuck”または“titjob”である。“tit”は乳房の俗語。“fuck”は犯す。アメリカで“tits”が乳房の意味で使われ出したのは1800年代から[4]なので、“titsfuck”が使われ出したのは、早くとも1800年代以降であると思われる。“titjob”は“blow-job”から連想してつくられたものではないかと推測される[独自研究?]。“blow-job”はフェラチオのこと。“blow-job”は1900年代半ばから使われだした言葉[4]{{独自研究範囲|なので、“titjob”の使用はそれ以降であるとされる。パイズリは2つの“tits”で行うので、なぜ単数形表現があるのかは不明である。[5]

ドイツ語[編集]

ドイツ語では、Busen-Sex、あるいはTittenfickというようだが、実際にそのように使われているかどうかは未確認である。由来も不明である。[独自研究?]

台湾語[編集]

台湾語では、“奶炮”である。

中国語[編集]

中国語では、乳交である。

フランス語[編集]

パイズリを指す言葉で、A la Pompadour、すなわちポンパドゥール方式という言葉がある。小松奎文・編著『いろの辞典』(文芸社)にもポンパドゥール方式という項目が見える。元々ルイ15世は重度のロリータ・コンプレックスだったが、それを矯正するために王の愛人、ポンパドゥール夫人が編み出したというが元になって生まれた言葉のようである。だが、フランスではパイズリのことをポンパドゥール方式とは言わない。 現代のフランスでは、パイズリはcravate de notaire(公証人のネクタイ)、またはbranlette espagnole(スペイン式マスターベーション)と呼ぶ。[6][7][8]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Godson, page 96.
  2. ^ 吉田豪・掟ポルシェによる山田本人へのインタビューによる(『CONTINUE vol.20』2005年2月16日発行[要ページ番号])。
  3. ^ 渡辺 信一郎 『江戸の性愛術』 新潮社、2006年5月24日
  4. ^ a b c d リチャード゛・A・スピアーズ編『英語スラング辞典』(研究社、1989)
  5. ^ 毎日新聞 (2017年2月21日). “テレビ番組で「ゲイ」とカミングアウト… 62歳、その胸の内は 人気声優・三ツ矢雄二さんに聞く”. https://mainichi.jp/articles/20170221/dde/012/040/006000c 
  6. ^ [1]
  7. ^ [2]
  8. ^ [3]

関連項目[編集]