安田理央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

安田 理央(やすだ りお、1967年8月22日 - )は日本フリーライター、アダルトメディア研究家、ミュージシャンAV監督埼玉県出身。美学校考現学教室考現学卒。

来歴[編集]

1986年より雑誌編集業務に従事。コピーライター業を経て、1994年よりフリーライターとして活動を開始する。主にAVやエロ本、風俗、ネットなどのアダルトメディアに関しての執筆が多い。1999年以降はAV監督としても活動。

またミュージシャンとしては、高校時代の1984年にニューウェーブバンドであるモデルプランツを結成し、以後25年に渡って活動。川崎ぶらとのデュオ、リオ・ブラボーを経て、現在は10人編成のハイパーロックンロールバンド野獣のリリアン、フリーキーファンクバンドのRoswellsなどにボーカリストとして参加している。

人物[編集]

京王百貨店の駅弁大会(元祖有名駅弁と全国うまいもの大会)のマニアであり、駅弁大会の達人としてテレビ、ラジオ、雑誌などに登場している。とみさわ昭仁柳下毅一郎と、古本屋と居酒屋を巡る「せんべろ古本トリオ」として活動。ライターとしての弟子に、大坪ケムタ、加藤カジカがいる。

2009年には完全自主制作で「黄金期のエロ本を再現する」というコンセプトの元、DVDマガジン「No1 in HEAVEN」を創刊。2013年には「色と食」をコンセプトにしたDVDマガジン「ウララカ」を新たに創刊。

音楽活動[編集]

  • モデルプランツ(1984-2009)
  • リオ・ブラボー(2000-)
  • 野獣のリリアン(2010年-)
  • Roswells(2012年-)

著書[編集]

  • 「裏デジタルカメラの本」 (1997年 秀和システム)
  • 「OPEN&PEACE 風俗嬢ヴァイブス」 (1999年 メディアックス)
  • 「デジハメ娘。」 (2003年 二見書房)
  • 「日本縦断 フーゾクの旅」 (2004年 二見書房)
  • 「痴女の誕生 アダルトメディアは女性をどう描いてきたのか」(2016年 太田出版)
  • 「巨乳の誕生 大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか」(2017年 太田出版)
  • 「AV女優、のち」(2018年 角川新書)

電子書籍[編集]

  • 「安田理央のB級グルメ道」 (2010年 オフィスマイカ)
  • 「安田理央のAVレビュー大全1987-2012」(2012年 Kindle)
  • 「1999年のポルカ」(2013年 Kindle)
  • 「45歳からのアニメ入門」(2013年 田口こくまろと共著 Kindle)

共著[編集]

  • 「ネットトラベラーズ95」(1995年 翔泳社)
  • 「ネットトラベラーズ96」(1996年 翔泳社)
  • 「オトナの裏パソコン」 (1996年 ジャパンミックス)
  • 「20世紀のアダルトビデオ」 (1998年 アスペクト)
  • 「日曜官能家EX」(1998年 イーストプレス)
  • 「薬ミシュラン」(2000年  太田出版)
  • 「サブカルチャー世界遺産」(2001年 扶桑社)
  • 「別冊宝島 100万人のアダルトビデオ」 (2003年 宝島社)
  • 「ファントム」 (2006年 二見書房)
  • 「エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること(雨宮まみと共著 2006年 翔泳社)
  • 「昭和・平成お色気番組グラフティ」(2014年 河出書房新社)
  • 「エロ本黄金時代」(2015年 河出書房新社)

インターネットラジオ番組[編集]

  • WEBスナイパー「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」(第1回:2012年05月24日 - 第25回:2014年09月04日、Youtube インターネットラジオ「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」)[1][2]
  • トイズハートプレゼンツ「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ酒場」(第1回:2014年09月07日 - 第6回:2015年02月14日、Youtube インターネットラジオ「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ酒場」)[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]