寺川正興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

寺川 正興(てらかわ まさおき、1939年12月17日 - 2005年2月2日)は、日本ジャズベーシストスタジオ・ミュージシャンである[1]

来歴[編集]

東京都小石川の生まれ。東京都立芝商業高等学校を卒業した。17歳頃から金井英人からベースを習った[2]。高校時代はハーモニカバンドのベースを担当した。卒業後サラリーマン生活をしていたが、性に合わずプロミュージシャンに転向した[3]

澤田駿吾とダブルビーツに入って素質の良さを認められた。その後、宮沢昭西条孝之介カルテット、八木正生トリオを経てジョージ大塚トリオに入り、1969年スイングジャーナル人気投票第2位になるなど人気ベーシストとなった。その後石川晶とカウントバッファローズ、LOVE LIVE LIFEなどへの参加と平行してスタジオミュージシャンとして活動した[4]1968年からスタジオプレイヤーとしてスタートし、歌謡曲をはじめ、アニメ特撮ソングなどジャンルを問わず多数のレコーディングに参加した。2001年すぎに他界[1]

人物[編集]

「はっきりとした音程、しっかりしたテクニックを持ち、音楽に大切な歌心がある」とスイングジャーナルは評価した[4]グリッサンドを多用し、2オクターブは上下する独特のエレベーター奏法が特徴である。多くの作品で演奏した。編曲家の青木望によると、「野球、ゴルフ、マージャン、酒、その他何でもこいの人。おしゃれで、渋くこったものを買う人」だった[5]

参加作品[編集]

アルバム[編集]

  • 寺川正興とニュービート
    • Bass Bass Bass ドリフのほんとにほんとにご苦労さん(日本クラウン、1970年、GW-5144)
    • Bass Bass Bass 自由の女神(日本クラウン、1970年、GW-5157)
  • 寺川正興とニュービート、小山夏樹とニュービート
    • Bass Bass Bass 何があなたをそうさせた(日本クラウン、1970年、GW-8067-68)
  • 寺川正興・原田政長石松元
    • ベース&ドラムス BASS AND DRUMS(ULP-1005)

演奏者クレジットのあるアルバム[編集]

  • 八木正生と彼のグループ
    • モダン・ジャズ・ブルー・ムード
  • 宮沢昭
    • ナウズ・ザ・タイム(1~5のみ)
  • 中牟礼貞則
    • ギターサンバ
  • ジョージ大塚トリオ
    • ページ・ワン
    • ページ2
    • ラスト・サマー~ページ3
  • 松本浩とスインギング・ハード
    • グルーヴィ・インディード
  • 田畑貞一
    • GROOVY(田畑貞一とグルーヴィ11)
    • スマッシュ・イン・ザ・ロック(田畑貞一とグルーヴィ6)
    • ドラムの世界 歌謡ポップスに挑戦 (RCA JRS-7051)
    • ドラムの世界 – Vol.2 ワールド・トップ・ヒットに挑戦 (RCA JRS-7052)
    • STEREO SOUNDS FROM JAPAN – Vol.1(RCA Victor – LSP 34069 イタリア盤)
    • STEREO SOUNDS FROM JAPAN – Vol.2(RCA Victor – LSP 34082 イタリア盤)
  • 石松元
  • フリーダム・ユニティ
    • ダイナミック・ロック(TP-9509Z)
  • 石川晶
    • ソウル・セッション(石川晶トリオとR&Bオールスターズ)
    • Soul & Rock(カウント・バッファローとジャズ・ロック・バンド)
    • アフリカン・ロック・パーティー(カウントバッファローとロック・バンド)
    • ELECTRUM(カウントバッファローズ)
    • SOULFUL CONGRESS/The Drum Battle(猪俣猛,石川晶,田畑貞一 SONP 50258-L )(連名:寺川正興…A1~A4, B1, B2、荒川康男…A5, B3、鈴木淳…B4)
    • Dynamic Big Band Hit Sound
    • ドラム・ドラム/石川晶・ジャッキー吉川 夢の競演(ビクター CD4B 5084)
    • GET UP!(カウントバッファローズ)
    • BACK TO RHYTHM
    • TAKE ME TO DISCO(カウントバッファロー)
    • EMERGENCY(カウントバッファローズ)
    • EMERGENCY2(カウントバッファローズ)
    • OKINAWA(カウントバッファロー)
  • 木田林松栄石川晶とカウント・バッファローズ
    • 津軽じょんがら節ドラム&津軽三味線
  • サミー&ザ・カウント・バッファロー
    • ソウル・アンド・ソウル/サミー登場
  • 市原宏祐
    • デパーチャー/イントロデューシング
  • LOVE LIVE LIFE
    • LOVE WILL MAKE A BETTER YOU(LOVE LIVE LIFE+ONE)
    • 殺人十章(筒井康隆 / 市原宏祐 / 佐藤允彦
    • ロック=イン・バカラック(SOND-66053)(New Herd [Pick Up]+LLL)
    • ロック=イン・クリスマス(SOND-66071)(LOVE LIVE LIFE+X)
    • デマ Rumour( SOLL-28)
  • 直居隆雄
    • オー・ハッピー・デイ
  • 西村ユリ
    • エレクトーン・ファンタスティック(SOLJ-26)
  • 川原正美とエキゾティック・サウンズ
    • 恍惚 エクスタシー
  • 佐藤允彦
    • Amalgamation - 恍惚の昭和元禄
  • 横田年昭とビート・ジェネレーション
    • フルート・アドヴェンチュアー
    • エキサイティング・フルート
  • 深町純
    • ある若者の肖像
  • ミッキー吉野
    • ミー・アンド・セブンティーズ(2枚組のうち1枚目のみ)
  • 水谷公生
    • A PATH THROUGH HAZE(武部秀明との連名クレジット)
  • 浅川マキ
  • クニ河内
    • 僕の声が聞こえるかい - クニ河内の世界
  • 柳田ヒロ
    • HIRO(武部秀明との連名クレジット)
  • 弘田三枝子
    • MIKO LIVE
    • MIKO LIVE at RIVERA~ミコ・ライブ'73
    • MIEKO IN PERSON~弘田三枝子リサイタル(2枚組のうち1枚目のみ)
  • 田代ユリ
    • 魅惑のハモンド・オルガン(TP-7644)
    • ダイナミック・ハモンド・オルガン(TP-9526Z)
  • 眞帆志ぶき
    • 第二回 真帆志ぶきリサイタル 実況録音
  • 杉本喜代志
    • アワー・タイム
  • 猪俣猛オールスターズ
    • 恋人たちのフォーク・ロック あの素晴らしい愛をもう一度(ビクター W-7024)
  • ザ・ロック インベイダーズ
  • 寺内タケシ
    • 華麗なる寺内タケシの世界II 愛のテーマ(キング SKA92)(鈴木淳、武部秀明との連名クレジット)
  • 大野雄二
    • 永遠のヒーロー(「ニューヨークへ」「愛と反逆の青春」「ジェームズ・ディーン組曲」「1955年9月30日」に参加)
  • 山口健
    • めぐり逢い(自主制作盤PRC30123)
  • V.A
    • The Sounds Of Carpenters, Simon And Garfunkel(日本クラウン GW-7060Q)
    • X’mas Holiday オーケストラとコーラスによるクリスマス名曲アルバム(日本クラウンCD CRCI-20371)

歌謡曲[編集]

アニメ・特撮関連[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ このLP自体には演奏者クレジットがないものの(石川晶を除く)、途中のMCで「ベースの寺川さん」と紹介されている。

出典[編集]

  1. ^ a b ガモウユウイチ 2016, p. 19.
  2. ^ スイングジャーナル』1967年12月、 194頁。
  3. ^ 「フォークからジャズロックまでのベース奏法」『明星ガッツ』第4号、1969年、 9頁。
  4. ^ a b 「別冊 日本のジャズ人名辞典 編集部編」『スイングジャーナル』1971年6月創刊25周年記念号、 39頁。
  5. ^ EVERGREEN Dynamic Sound by Jazz Feeling(東芝EMI、1977年、DOR-0036)封入の解説ブックレットより。

参考文献[編集]

  • ガモウユウイチ 『解析!昭和のTVアニメ特撮主題歌大百科 : 耳に残るメロディを牽引した匠のコード・プログレッション330』ディスクユニオン、2016年。ISBN 978-4-9075-8380-4