美しきチャレンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
美しきチャレンジャー
ジャンル テレビドラマ
脚本 加瀬高之 ほか
監督 小山幹夫 ほか
出演者 新藤恵美
森次浩司
進千賀子
オープニング 「美しきチャレンジャー」(新藤恵美)
製作
プロデューサー 梅村幹比古、古屋克征
制作 TBS
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1971年4月4日 - 同年10月17日
放送時間日曜19:30 - 20:00
放送枠不二家の時間
放送分30分
回数29
テンプレートを表示

美しきチャレンジャー(うつくしきチャレンジャー)は、1971年4月4日から1971年10月17日まで、TBS系列日曜19:30から30分枠『不二家の時間』(不二家一社提供)にて放送されたテレビドラマテレビ映画)である。全29話放送。

また、吉森みき男によるコミカライズが雑誌小学四年生に、1971年6月号から11月号に渡って掲載された。

概要[編集]

ボウリングが大ブームだった時代に登場したスポ根ドラマ。プロデューサーの鈴野尚志は制作意図について、それまでのスポ根にあった競争目的でなく、ボウリングを題材にした青春ドラマに仕上げたいと述べている[1]

当時の人気女子プロボウラーである中山律子などがゲスト出演。主演の新藤恵美は出演に際して、中山からボウリングの指導を受けている[2]

2002年に全話収録のDVD-BOXおよび単巻DVDが発売された。多くのネガフィルムが現存せず、大半の話数は退色したポジフィルムを元に収録されている[注釈 1]

物語[編集]

ハードル選手だった女子高生「小鹿みどり」は、近所をランニング中に大学生「高峰明久」と出会う。みどりにボウリングの楽しさと厳しさを教えてくれた高峰はボウリング修行のため渡米。突然みどりの前から消えてしまう。

高校を卒業したみどりは、父の親友が幹部になっている「ライト建設」に入社したふりをして、ボウリング部があるという理由で勝手に「日本PM商事」に入社してしまう。そこでみどりはボウリング部の新任コーチとして招かれた高峰と感動の再会をする。

部の先輩「七瀬茜」に対して激しいライバル心を燃やすみどり。茜が4-6-7-10のスプリットを倒す魔球「竜巻崩し」を完成させると、みどりは7-10のスプリットを攻略する魔球を開発。その過酷な練習のために腱鞘炎となり右腕に激痛が走る。大事な試合前に医師からボウリングを禁止されてしまう。

物語後半、「日本PM商事」は「ワールド商事」に吸収合併され、高峰コーチは解任、みどりのボウリング部は存続の危機に直面する。その後「ワールド商事」ボウリング部のキャプテン「三波玲子」による数々の謀略に高峰コーチやみどりたちは翻弄される。

最終回、アメリカ遠征に旅立つみどりは空港で高峰に思いを告白する。その言葉は飛行機の轟音にかき消され、高峰の耳には届かなかった……。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

主題歌[編集]

放送日程[編集]

データ参考:『福島民報』1971年4月4日 - 10月17日付朝刊、テレビ欄および全話収録DVD-BOX

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 1971年
4月4日
第1回 加瀬高之 小山幹夫
2 4月11日 第2回 加瀬高之 小山幹夫
3 4月18日 第3回 高久進 長谷部安春
4 4月25日 第4回 高久進 長谷部安春
5 5月2日 第5回 松岡清治 小山幹夫
6 5月9日 第6回 松岡清治 小山幹夫
7 5月16日 第7回 加瀬高之 香月一郎
8 5月23日 第8回 加瀬高之 香月一郎
9 5月30日 第9回 加瀬高之 小山幹夫
10 6月6日 第10回 加瀬高之 小山幹夫
11 6月13日 栄光の陰に涙 高久進 香月一郎
12 6月20日 北海道に燃える闘志 高久進 香月一郎
13 6月27日 恐るべき罠 高久進 小山幹夫
14 7月4日 魔球への挑戦 松岡清治 小山幹夫
15 7月11日 愛の魔球 松岡清治 小山幹夫
16 7月18日 失われた右腕 加瀬高之 香月一郎
17 7月25日 輝く友情の星 加瀬高之 香月一郎
18 8月1日 混血のライバル 高久進 小山幹夫
19 8月8日 鮮血のサウスポー 高久進 小山幹夫
20 8月15日 愛と憎しみのレーン 松岡清治 榎本冨士夫
21 8月22日 試練の中の対決 松岡清治 榎本冨士夫
22 8月29日 どす黒い陰謀 松岡清治 長谷部安春
23 9月5日 敗者の涙 加瀬高之 長谷部安春
24 9月12日 傷ついた雛鳥 加瀬高之 香月一郎
25 9月19日 涙の友情 加瀬高之 香月一郎
26 9月26日 ジンクスへの挑戦 松岡清治 榎本冨士夫
27 10月3日 はばたけ不死鳥 松岡清治 榎本冨士夫
28 10月10日 決勝戦前夜 加瀬高之 小山幹夫
29 10月17日 栄光の星 加瀬高之 小山幹夫

放送局[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 第2話、第5話、第8話 - 第13話、第17話、第20話 - 第26話、第28話。
  2. ^ ノンクレジット
  3. ^ 現:ソニー・ミュージックレーベルズ アリオラジャパン

出典[編集]

  1. ^ 『福島民報』1971年2月15日付朝刊、8面。
  2. ^ 『福島民報』1971年3月13日付夕刊、4面。
  3. ^ a b c 『河北新報』1971年8月1日 - 10月17日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ a b 『河北新報』1971年8月3日 - 11月2日付朝刊、テレビ欄。
  5. ^ 『福島民報』1971年4月4日 - 10月17日付朝刊、テレビ欄。
  6. ^ a b c 『北國新聞』1971年9月26日付朝刊、テレビ欄。
  7. ^ 1971年4月4日、10月17日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  8. ^ 『北日本新聞』1971年9月26日付朝刊、テレビ欄。
TBS 日曜19:30 - 20:00枠(不二家の時間
前番組 番組名 次番組
アテンションプリーズ
(1970.9 - 1971.3)
美しきチャレンジャー
(1971.4 - 1971.10)
美人はいかが?
(1971.10 - 1972.4)