野澤享司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

野澤 享司(野沢享司/のざわ きょうじ、1950年12月23日 - )は日本のシンガーソングライターフォークソング歌手。栃木県宇都宮市出身。URCフォーライフ・レコードからアルバムを出したことがある。ホイホイレコードで活動中。ギタリスト

経歴[編集]

1971年3月、宇都宮で行われた五つの赤い風船コンサートに地元のアマチュア代表として出演した際、同日の出演者であった斉藤哲夫と知り合い、斉藤の紹介で同年8月、岐阜で開催された第三回全日本フォークジャンボリー(中津川フォークジャンボリー)に出演する。この時、ギター/ボーカル、ハーモニカ、トイピアノの同時演奏。斉藤、あがた森魚はちみつぱい、ら東京を活動拠点とする音楽集団“サアカス”に加わり活動。また同じ頃、高校の同級生だったかしぶち哲郎鈴木慶一らに紹介、かしぶちははちみつぱい~後のムーンライダーズに加入する。

1972年6月発売の斉藤哲夫『君は英雄なんかじゃない』のレコーディングにギタリストとして参加したのち、同年9月アルバム『白昼夢』でURCレコードよりデビューする。

1970年代中盤、小室等のギターサポートを務めた縁で、1977年5月フォーライフ・レコードからセカンド・アルバム『Kyoji-Trabelin'』をリリース。アルバムは小室がプロデュースを務め、レコーディングにはムーンライダーズ、矢野顕子矢野誠小原礼谷山浩子などに加え、トム・ウェイツのツアー・バンドのメンバーとして来日中のチップ・ホワイトらがゲスト参加している。フォーライフからはアルバムと同時発売のシングルに加え、翌年にかけて計3枚のシングルをリリースした。

ヒッピーのような繁茂した髭面がトレードマーク。斉藤哲夫とは長年の友人関係にあり、現在でも一緒にライブなどする仲である。

外部リンク[編集]