月あかり (村下孝蔵の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
月あかり
村下孝蔵シングル
初出アルバム『汽笛がきこえる街
B面 松山行きフェリー
リリース
規格 シングルレコード
録音 1980年
日本の旗 日本
ジャンル フォークソング
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 村下孝蔵
村下孝蔵 シングル 年表
月あかり
(1980年)
春雨
1981年
テンプレートを表示

月あかり」(つきあかり)は村下孝蔵の楽曲で、1980年5月21日CBSソニーより発売された。

解説[編集]

村下の最初のシングルA面の曲であり、商業デビュー曲。のちに同年発売のアルバム『汽笛がきこえる街』の6曲目として収録された。

『それぞれの風』との関係[編集]

この盤はA面の「月あかり」、B面の「松山行きフェリー」ともに新作曲ではなく、元々はデビュー前の自主制作盤『それぞれの風』の1曲目と11曲目であったのを商業向けにアレンジし直したものである。

「月あかり」は元はギターを主体とした弾き語り色の強い曲であった。また歌の主題が全く異なり、「愛し合う男女の旅行先での一夜の風景」であった。これを歌詞を変えて破局の歌に逆転させ、さらにバイオリンなどの楽器を付け加え主体としたのが商業版である。

「松山行きフェリー」はフェリー乗り場のアナウンスが冒頭に入る。またギター主体であり、前奏・後奏ともに長く取られていた。また歌詞も微妙に異なっていた。これをドラムスキーボード主体とし、コーラスを付け加え、さらに前奏・後奏を大きくカットして歌詞を変えたものが商業版となった。

しかし「松山行きフェリー」に関しては、『それぞれの風』版の前奏・後奏の方が盛り上がりがあるため、ライブで前奏・後奏のみ『それぞれの風』版にすげ替えて演奏された例がある。

収録曲[編集]

  1. 月あかり
  2. 松山行きフェリー

カバー[編集]

月あかり
  • ジェニー・ツェン(香港の歌手)-「迷人的五月」というアルバムで「知更鳥」というタイトルで広東語でカヴァーしている。
松山行きフェリー
  • 2006年平川地一丁目(アルバム『絵日記と紙芝居〜村下孝蔵トリビュートアルバム〜』収録)

関連項目[編集]