beatmania IIDXの登場キャラクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BEMANIシリーズ > beatmania IIDX > Beatmania IIDXの登場キャラクター

beatmania IIDXの登場キャラクターでは、コナミによる音楽シミュレーションゲーム『beatmania IIDX』に関連したキャラクターについて詳述する。

概要[編集]

beatmania IIDX』(および前身作品である『beatmania』)では楽曲を演奏中、プレー画面中央(ダブルプレー時は左右2箇所ずつ)に曲に関連した実写映像、あるいはCGによるムービーが表示される。本項で詳述するキャラクターはこのムービーにおいて、あるいはムービーとは別に出力されるレイヤー画像、その他演奏終了後のリザルト画面や要所システム画像に登場する。

GYOによるキャラクター[編集]

キャラクターの設定[編集]

トラン(TRAN)
初出は『beatmania IIDX substream』。名前の由来はトランスから。
宇宙人の女の子で、その神秘性のため詳細な設定は特に考えられていないが、『pop'n music』にもゲスト出演した際に簡単なプロフィールが設定された。
「G2」や「ALIEN WORLD」ではトランそっくりの偽物(前者は不完全なクローン生物兵器、後者は謎の青い宇宙人が生み出した相手そっくりの生物になる不思議な液体金属)が登場し、後に『pop'n music 9』の「ABSOLUTE」にてギターを持った液体金属の偽トランが本物のトランになついている設定になった。
虎大和(とら やまと)
初出は『beatmania IIDX 4thstyle』。名前の由来はコンポーザーであるdj nagureoこと南雲玲生の名義の一つ、tiger yamatoから。
筑波 美夏(つくば みか)
初出は『beatmania IIDX 2ndstyle』。苗字の由来は茨城県にある筑波サーキットから。
年齢は20歳で血液型はA型。4th公式サイトのみの設定だが好きなアーティストはNAOKI。趣味は読書、映画・音楽鑑賞(4th公式サイトでは、(実はこれといって無いタイプ。移り気な多趣味)と付属されている)
元は汎用ムービーでスポット的に登場するキャラクターだったが『3rdstyle』にて楽曲「DYNAMITE RAVE」にムービーを付ける際「まさに爆走するイメージ。でもトランじゃ運転は無理」と言う理由で起用し、そこから今日の設定が生まれた。
『beatmania IIDX 7thstyle』よりキャンペーンガールという設定で優里、彩香音と共にスポーツカーで全国のロケーションを回っている。
北海道生まれ東京育ち。母方の祖父母、両親、2歳下の妹冬華と暮らす。東京都杉並区の実家から隣県の大学へ自動車通学をしている工学部の学生。独り暮らしをしないのは車で通うためである。成績は優秀でビーマニ自動車から企業奨励金を受けているが、それも愛車につぎ込むため。かつては高校3年の夏にバイクでの大事故を起こし大学への推薦が取り消されたが二次募集で入学した遠方の大学で哀愁をスピードに乗せて拭い去るかのような、ユーロビートをBGMにした自動車通学、そして優里との親交が今の原動力となっている。理論派ではあるが直感的でアグレッシブで、相手が速ければ自分も速くなるという走り屋としての顔を持つ。しかし将来の夢は変身ヒロインという意外な一面も。
英田 優里(あいだ ゆり)
初出は『beatmania IIDX 4thstyle』の「B4U」より。苗字の由来は岡山県にあるTIサーキット英田(現:岡山国際サーキット)から。
年齢19歳で、血液型はO型。好きなアーティストはdj TAKA、Mr.T(4th公式サイトのみの設定)。趣味は4th公式サイト掲載時:車関係全般(レース鑑賞、読書、ゲーム他)、旅行、スノーボード、ダンス(パラパラ)→IIDXバイブル掲載時:車関係全般、旅行。
千葉県市川市在中。トラックドライバーの父、タクシードライバーの母、中古車販売業を営んでいた父方の祖父母と5人暮らし。幼い頃は両親が不在だったために祖父母の中古車店が遊び場で、車と切っては切れない関係の生活をしていた。小学生の頃はラジコンに夢中で全国大会に何度も入賞する程の腕前で、どちらかと言うと男の子の友達が多い方だった。県内の短大幼児教育学科に在籍。キャンペーンガールに選ばれるまでは都内の大型カー用品店でアルバイト(ちなみにキャンペーンガールをやってみようよと誘ったのは優里のほう)。バイト先の常連であった美夏に密かに好意を寄せ、挨拶代わりのカーバトルを仕掛けた後に意気投合。肌に合わなさそうな彩香音まで仲間に引き入れてしまう魅力を持っている。ドライビングセンスは高くソロのタイムアタックであればプロのレーサーも顔負けだが、逆に対人戦は苦手としている。
肥満を気にしており運動はするがその分食べる量が多いため、中々痩せられずにいるという。その為露出度の高い衣装を着用するのは、実は恥ずかしいという。
菅生 彩香音(すごう あかね)
初出は『beatmania IIDX 7thstyle』の「HEARTBEAT」より。苗字の由来は宮城県にあるスポーツランドSUGOから。
埼玉県出身。21歳でB型。趣味はマリンスポーツ、格闘技観戦。母親の経営する有名美容院の南青山店に勤務する美容師。自身もあまり熱が入らず、接客はイマイチだが腕は超一流。学生の2人とは違い仕事を持っている為、キャンペーンガールとしての活動はスポット参加。幼少の頃、両親が離婚。3歳上の兄は父と、彩香音は母と暮らすようになり。母親の美容院が軌道に乗って成功するまでは2人は苦労を重ねてきた。行動して覚えるタイプで勉強は苦手だが手先の器用さは一流で、優里に頼まれて作ったスクラッチモデルカーは専門誌で優勝した(賞品のミニカーは優里の手に)。荒っぽい性格で美夏と優里との出会いも自分から一方的に売った激しいカーバトルだったが、そのバトル後惜敗して消沈している彩香音を優里がキャンペーンガールに誘い今ではどちらも大親友として行動を共にしている(ちなみに、キャンペーンガールは3名枠で残り1名は2人に一任されていた)。意外にもIIDXの腕は高くSP九段DP十段となっている。車の運転はビーマニレーシングスクールで学んだ本格的なモータースポーツ仕込みのもので、総合力は高い。大手美容整形外科医院長兼レーシングチームオーナーである父と医学生兼レーサーの兄に、勝負を通して再開したいという夢を抱いている。
茂木 英美瑠(もてぎ えみる)
初出は『beatmania IIDX 11 IIDX RED』の『起承転結ムービー DRIVING MUSIC』より。苗字の由来は栃木県にあるツインリンクもてぎから。
『GuitarFreaks V4 Яock×Rock』&『DrumMania V4 Яock×Rock』にて茂木 英魅(もてぎ えみ)へ改名したが、『beatmania IIDX 18 ResortAnthem』で改名前の茂木 英美瑠(もてぎ えみる)へ変更された。
兵庫県神戸市在住の19歳。彩香音のビーマニレーシングスクール時代の同期生で、当時から最強のライバルだった。現役トップクラスのベテランレーサーである父と、元ラリーストの母を持つ。アルバイトをしながらプライベーターとしてレースやラリー等に参戦中。国際C級ライセンスを所持。亞希の父親が営むチューニングメーカーのブランド名である『THUNDER CLAP』の文字が妖しく胸に光っている。イレギュラー的な存在であり、『IIDX RED』以来登場していなかったが『ResortAnthem』で再登場した。
鈴鹿 亞希(すずか あき)
初出は『beatmania IIDX 11 IIDX RED』。苗字の由来は三重県にある鈴鹿サーキットから。
『GuitarFreaks V4 Яock×Rock』&『DrumMania V4 Яock×Rock』にて鈴鹿 亞瑞紗(すずか あずさ)へ改名したが、『beatmania IIDX 18 ResortAnthem』で改名前の鈴鹿 亞希(すずか あき)へ変更された。
大阪府大阪市在住、19歳の高等専門学生。英美瑠とは中学までが一緒の幼馴染で父親の経営するチューニングメーカーの腕を引き継ぐかのような実力を持っており、新進チューナーの兄と共に会社を継ぐべくドライビングも一流どころに手ほどきを受けている。
アクティ・アリエス(Acty Aries)
初出は『beatmania IIDX 9thstyle』の「ACT」。名前の由来は初出の楽曲名「ACT」、苗字の由来は作曲者RAM(山崎耕一)の直訳「雄羊」から連想される星座「牡羊座(Aries)」から。
羊の特殊能力を持つ改造人間。『beatmania IIDX 13 DistorteD』公式サイトのG2ARTにてアクティモデルのギターが公開された。『beatmania IIDX 17 SIRIUS』の「NEW SENSATION-もう、あなたしか見えない-」にて、「SUPER HEROINE 彩香-AYAKA-」名義でアイドルデビュー。
カナ
初出は『beatmania IIDX 2ndstyle』の「Hitch Hiker」。名前の由来は「地元では「カナちゃん」と勝手に呼ばれています(笑)」という質問のメールから。『HAPPY SKY』の「We are Disっ娘よっつ打ち命」で久々の復活を果たす。
トモ
初出は『beatmania IIDX 8thstyle』の「airflow」。名前の由来は作曲者の内田智之から。
嵐 舞子(あらし まいこ)
初出は『beatmania IIDX 3rdstyle』。モデルは荒木久美子。かつて全国の数多くのディスコのお立ち台を制覇した伝説のスーパークイーン。
ラムラ・踊子・ストーム(Ramla Yoko Storm)
初出は『beatmania IIDX 12 HAPPY SKY』の「We are Disっ娘よっつ打ち命」。嵐 舞子の遠い親戚。
尾羽張 剣(おばはり つるぎ)
初出は『beatmania IIDX 14 GOLD』の「Cyber Force」。白と緑のコスチューム。
布都 双刃(ふつ ふたば)
初出は『beatmania IIDX 14 GOLD』の「Cyber Force」。黒と紫のコスチューム。

GOLIによるキャラクター[編集]

MAYAによるキャラクター[編集]

ここではMAYAこと高村真耶によるキャラクターについて解説する。

キャラクターの設定[編集]

キラー(Killer)
age/18,height/178cm,weight/57kg
初出は『beatmania IIDX 11 IIDXRED』。名前はtatshこと清水達也の、dj killerという別名義に由来する。作者によると、ひん曲がった性格だそうである。時の迷子。
「GENOCIDE」、「Xepher」、「The Dirty of Loudness」、「Bleeding Luv ~Immorality act~」「reunion」に登場。
ルルスス(Rursus)
age/12,height/141cm,weight/33kg
初出は『beatmania IIDX 12 HAPPY SKY』の「Xepher」。名前の意味は「再び」。
年齢は初登場作のナンバリングに因んで設定されたもので、2012年現在『beatmania IIDX』シリーズのキャラクター中最年少のキャラクターである。
オロロージョ(Orologio)
age/18,height/179cm,weight/64kg
初出は『beatmania IIDX 12 HAPPY SKY』の「Xepher」。名前の意味は「時計」。
エクレメス(Eculemess)
age/17∞,height/162cm,weight/41.5kg
初出は『beatmania IIDX 12 HAPPY SKY』の「Xepher」。名前の意味は「振り子」。
リヒト(Licht)
age/??∞,height/167cm,weight/42kg
初出は『beatmania IIDX 12 HAPPY SKY』の「Xepher」。名前の意味は「光」。
時の番人。女性的な容姿だが、性別は男性である。作者によると、彼もひん曲がった性格だそうである。
「Xepher」のほか、「The Dirty of Loudness」、「Bleeding Luv ~Immorality act~」「reunion」にも登場。
ヴァニッシャー(Vanisher)
初出は『beatmania IIDX 13 DistorteD』の「Zenius -I- Vanisher」。
マザー(Mother)
初出は『beatmania IIDX 13 DistorteD』の「Zenius -I- Vanisher」。
エリジブル(Eligible)
初出は『beatmania IIDX 13 DistorteD』の「Zenius -I- Vanisher」。
ピラー(Pillar)
初出は『beatmania IIDX 13 DistorteD』の「Zenius -I- Vanisher」。
ここまでの9人にはMAYAの画集『MAYA TAKAMURA's Pieces puzzle』にて詳細なキャラクター設定が振られている。また楽曲「Xepher」と「Zenius -I- Vanisher」はストーリー上でつながりがある。
ノクス・カトルセ(Nox Catorce)
声:石田彰zektbachセカンドアルバム豪華版付属のドラマCD)
age/14,height/159cm,weight/45kg
初出は『beatmania IIDX 14 GOLD』のゼクトバッハ叙事詩第3章の楽曲「Blind Justice 〜 Torn souls, Hart Faiths 〜」。マタンの双子の弟で14歳。GOLDにちなんで髪はハニーゴールド。左利き(ムービーではほとんどの場面で左手に剣を持っている)。
ゼクトバッハ叙事詩の舞台となる世界、アリア・テ・ラリアにおいて世界の覇権を握る大国ノイグラード王国では古来より男性のみに王位継承権が与えられていた。ノクスもまた、王位を継ぐ男子として生まれ国の王となるべき人物だった。しかし国の実権を掌握する王国の一機関、アギオナが突如制定した国家女王制により国の繁栄を司るトリスアギオンの教義に背く存在として捨てられてしまった。腐り果てた国家に幻滅し国を捨てた近衛兵隊筆頭、アドフークによって保護されて成長していく中で見せかけの繁栄の下で苦しむ者たちの姿を目の当たりにし自身もまた大切な人々を次々と失ったことから王国に対し強い憎しみを抱くようになる。そして王国の頂点に立つ女王という存在である実の姉、マタンを排除することが己の正義であるとみなし反乱軍の頭目として蜂起する。
『pop'n music 16 PARTY♪』に楽曲と共に登場している。
マタン・カトルセ(Matin Catorce)
声:名塚佳織(zektbachセカンドアルバム豪華版付属のドラマCD)
age/14,height/159cm,weight/44kg
初出は『beatmania IIDX 14 GOLD』のゼクトバッハ叙事詩第3章「Blind Justice 〜 Torn souls, Hart Faiths 〜」。ノクスの双子の姉で14歳。GOLDにちなんで髪はハニーゴールド。ノクスが左利きなのに対して右利き
ノイグラード王国と東の王国アゼルガットとの戦争終結後、国の実権を掌握する王国の一機関、アギオナが制定した国家女王制により幼くして国始まって以来の女王となった。しかし建国以後700年の歴史を経る内に王国の歴史を支えてきた神器トリスアギオンの力は権力者たちの欲望によって利用されるようになっており、王国はアギオナによって意のままに動かされる傀儡国家と成り果てていた。そのことも知らず、アギオナの監視下に置かれながらも民の祝福によって幸福な暮らしを送ってきたマタンだが、次第にどこか遠くにいる身も知らぬ血を分けた弟の存在を意識するようになる。そして、それは血を分けた姉弟同士の悲しい戦いの運命へと繋がっていくことになるのだった……。
『pop'n music 16 PARTY♪』に楽曲と共に登場している。彼女はノクスの2Pカラー(色替え状態)として登場する。
マルクト
初出は『beatmania IIDX 16 EMPRESS』のゼクトバッハ叙事詩第5章「Turii 〜Panta rhei〜」。
菊桃(きくもも)
初出は『beatmania IIDX 14 GOLD』の「花吹雪」。
SigSig
初出は『beatmania IIDX 12 HAPPYSKY』の「SigSig」ではなく、『beatmania IIDX 11 IIDX RED』の『HORIZON』。また、『beatmania IIDX 16 EMPRESS』の「smooooch・∀・」にも登場する。楽曲発表時にはキャラクター設定が無かったが、『pop'n music 16 PARTY♪』へ楽曲とキャラクターが移植された際に曲名と同じ「SigSig」という名が付いた。IIDXでBad/Poor時にデフォルメキャラクターが転倒するミスレイヤーが存在するのだが、この行為に「ズコー」という名前が付いたのも『pop'n music 16 PARTY♪』である。

shioによるキャラクター[編集]

ここではshioによるキャラクターについて解説する。

キャラクターの設定[編集]

アンネース(hannes)
声:能登麻美子(zektbachセカンドアルバム豪華版付属のドラマCD)
初出は『beatmania IIDX 13 DistorteD』のゼクトバッハ叙事詩第4章「Apocalypse 〜 dirge of swans」。
奇跡の水ルルドによって繁栄を極める楽園の島ファラリエンに生まれた16歳の少女。
かつてノイグラード王国に原因不明の疫病が蔓延し、病に冒されたことを理由に大勢の人間が船に乗せられ外海へと追放された。彼らはたどり着いた無人島で不思議な力を持つ湧き水を発見しその力によって病気が完治したことから水を汲み上げるために作った井戸を「ルルド」と名づけ、以後ルルドのもたらす様々な奇跡の恩恵を授かることになった。ルルドの水を飲んだ処女の女性が妊娠し子を産み落としたことが、その最たるものであった。ルルドのもたらす力は人智を超えた存在がもたらすものと見做され、ルルドを崇める独自の宗教が立ち上がる。
みなしごとなって修道院に預けられ16歳になったその赤子、アンネースはルルドの神の敬虔な信徒、最も神に近い存在として島民に慕われながら穏やかな暮らしを送っていた。
しかしある時、ルルドの水が枯れ果てると共に下された神の啓示の下、アポカリプスソードを授けられ、盲目的な奇跡に執着する人間達を罪びととして裁くという重い使命に苦悩することとなる。
『pop'n music 15 ADVENTURE』への原曲のアレンジ移植に伴ってゲスト出演した。叙事詩の物語はこちらにも付随しており、原曲版の物語から年月が経過した頃の話という位置づけである。
なおデザイナーの名義はIIDXではMichael=Kerorich、ポップン版ではミカエル=ケロリッチとなっている。
その後MAYAによってリファインされ、『beatmania IIDX15 DJ TROOPERS』の楽曲「Ristaccia」のムービーにも出演している。
シャムシール(Shamshir)
初出は『pop'n music 14 FEVER!』のゼクトバッハ叙事詩第1章の楽曲「シャムシールの舞」。
デザイン名義はshio。その後MAYAによってリファインされ、『beatmania IIDX15 DJ TROOPERS』の楽曲「Ristaccia」のムービーにも出演している。
詳細はpop'n musicの登場キャラクターを参照。

参考文献[編集]

IIDXバイブル
発売日:2004年12月6日 発売元:グッドクール

関連項目[編集]

外部リンク[編集]