MAMBO A GO GO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
『MAMBO A GO GO』筐体

MAMBO A GO GO』(マンボ ア ゴーゴー)は2001年6月4日[1]コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)が発売した音楽シミュレーションBEMANIシリーズ)のアーケードゲームである。

専用の大型筐体を使用したバージョンと、汎用のビデオゲーム筐体を使用したバージョンの2つがある(ゲーム内容は同じ)。なおBEMANIシリーズで汎用筐体版がリリースされたのは、この作品のみである。

専用筐体は、中央にディスプレイと選択ボタン・決定ボタン、その手前にコンガを模した入力デバイスが3つある。それぞれのコンガにはスイッチが3箇所(手前右・手前左・奥)埋め込まれており、入力の数は合計9個となる。汎用筐体版は、コンパネ部分に前述のコンガに対応した9つのボタンがある。

収録曲は殆どがラテン調の曲であり、ライセンス曲や民謡、コナミオリジナル曲が収録されている。本作自体のサウンドトラックは未発売だが、ボーナス曲を含む数曲が『beatmania』や『pop'n music』、『Dance Dance Revolution』、『REFLEC BEAT』などへ移植されており、その中のいくつかは移植先ゲームのサウンドトラックで聴くことができる。このため、本作以外で収録されず、CD未収録のままの楽曲もいくつかある。

プレイ方法[編集]

プレイヤーは筐体の前にあるパッドの前に立つ。3つのパッドは中央、左手前、右手前の3つに分かれていて、画面上方から流れてくるマークに従ってパッドをたたく。

  • イージーモードはパッドの分かれ目がなくなり、どの部分をたたいても同じに判定される。
  • ノーマルモードは画面に向って左のパッドだけが3つに分かれる。真ん中と右はイージーモードと同じ。
  • ハードモード・ベリーハードモード(隠し難易度)は全てのパッドが3つに分かれる。

時折、数字の書かれた滝のようなマークが落ちてくる。これが来た場合はその数字分の連打が必要となる。

隠し要素[編集]

  • 時折、プレイ中の特定アクションによって「コイン」が手に入る。筐体にコインは蓄積されてゆき、5枚貯まった状態になると隠し曲「One Minutes Kitchen Battle!」を演奏できる。この楽曲は後にタイトルを変えて『pop'n music 8』へアレンジ移植された。
  • 難易度選択中・選曲中にコマンドを入力すると、隠し難易度やオプションを付加できる。これによってしか選べない曲も存在する。

脚注[編集]

外部リンク[編集]