中村芝鶴 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
にだいめ なかむら しかく
二代目中村芝鶴
屋号 新駒屋
生年月日 1900年4月14日
没年月日 (1981-09-03) 1981年9月3日(81歳没)
本名 祖父江由良
襲名歴 1. 中村由丸
2. 3代目中村歌之助
3. 2代目中村芝鶴
出身地 日本の旗 東京府東京市浅草区
実父:五代目中村傳九郎
養父:六代目中村傳九郎

二代目中村 芝鶴(にだいめ なかむら しかく、1900年4月14日 - 1981年9月3日)は明治時代後期から昭和時代にかけて活躍した歌舞伎役者。屋号は新駒屋。本名は祖父江由良。実父は五代目中村傳九郎。養父は六代目中村傳九郎

略歴[編集]

東京府東京市浅草区で生まれる。母方は、吉原の大店である大文字楼の楼主である。

1905年2月、中村由丸を名乗って、新富座で『籠釣瓶花街酔醒』の禿として、初舞台を踏む。のちに五代目中村歌右衛門の門弟となった。

1911年11月、歌舞伎座で、初代歌右衛門の幼名である三代目中村歌之助を襲名した。1919年5月、歌舞伎座で『丹前朝比奈』の古之蔵を演じて、二代目中村芝鶴を襲名、名題昇進した。戦前は二代目市川左團次の一座にあって相手役を務めていた。

若き日は、六代目尾上梅幸の信奉者で、実に美しいブロマイド写真が残っており、熱烈なファンが多かったというのも察せられる。

戦後になってからは渋い老女役、さらに男役としても活躍した。『籠釣瓶』の立花屋の女房、『瞼の母』の老いた夜鷹、『井伊大老』の浪人・水無部大臣役、『天守物語』の舌長婆などが当たり役であった。

歌舞伎からテレビ界、現代演劇にまで演技の幅を広げ、NHK大河ドラマにも、3作品に出演している。このうち、『春の坂道』における秀吉役は大河ドラマ史上最年長の秀吉役(71歳)で大変話題になった。舞台では、『ぼく東綺譚』で、永井荷風に扮し実物ソックリに演じた。森光子の『放浪記』の初演で安岡信雄役を演じた。

1960年東宝1975年松竹の映画に次々出演。

晩年は、梨園出身でない後進の指導に取り組み、松竹歌舞伎学校校長として、坂東玉三郎をはじめ多くの女形の指導にあたった。

最後の舞台は1981年2月、八代目坂東玉三郎主演の東京・日生劇場『天守物語』の舌長姥役。その年の9月3日に逝去。81歳没。戒名は深達院法道日良信士。歴代の墓所は、東京都台東区谷中瑞輪寺

著書に、『役者の世界』正・続、吉原の思い出を綴った『大文字草』や『遊廓の世界』など著書・随想録が多い。

受賞歴[編集]

  • 1965年4月、伝統歌舞伎保存会会員第一次認定。
  • 1968年紫綬褒章受章。
  • 1974年勲四等旭日小綬章受勲。

親族[編集]

  • 義父:佐々木染之丞 - 興行師・横浜喜楽座・朝日座(旧・伊勢佐木町東映)座主。
  • 甥孫:佐々木秀康 - チェコ・オストラヴァ国立工科大学客員教授・情報工学者・国際弁護士。
  • 姪孫:戸松重徳 - 岸本ハウジング(株)取締役(KISCO(株)元兄弟会社)。

出演作品[編集]

著書[編集]

  • 大文字草
  • 役者の世界
  • 歌舞伎随筆

参考文献[編集]