八洲秀章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八洲 秀章(やしまひであき、1915年大正4年)6月2日 - 1985年昭和60年)12月30日)は昭和期の作曲家。本名鈴木義光。次男はミュージカル俳優の沢木順

経歴[編集]

北海道虻田郡真狩村出身。農家の生まれであったが、17歳のときに馬車の事故で重傷を負い、農業や兵役への道を断たれるほどの後遺症が脚に残った[1]。しかし、この病床でルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの生涯についての書籍を読み、新たに音楽家の道を志すきっかけとなった[1]

21歳で上京し、YMCAオラトリオに参加。その後、山田耕筰に師事。1937年(昭和12年)、「詩と歌謡」に投稿した「漂泊の歌」が同年ポリドールで東海林太郎の歌声でレコード化され作曲家デビュー。作曲家として活動を始めるが、2年後肺結核に侵され、長期療養を余儀なくされる。1940年(昭和15年)6月、伊藤久男の「高原の旅愁」で復帰。

「さくら貝の歌」、「あざみの歌」、「毬藻の唄」を作曲したことで知られる。「あざみの歌」は、自身の歌唱で1949年(昭和24年)8月8日からラジオ歌謡で1週間放送し、その後、のど自慢等で歌われるようになり、1951年(昭和26年)、伊藤久男の歌唱でレコード化された。

一時期、志摩光一の名で歌手活動を行っていた。その後は、日本音楽著作権協会評議員、日本作曲家協会理事などを務めた。

1985年(昭和60年)12月30日死去。享年70。

代表曲[編集]

  • 高原の旅愁(「鈴木義章」名義)(昭和15年6月、関沢潤一郎作詞、歌:伊藤久男
  • 港に赤い灯がともる(昭和22年6月、矢野亮作詞、歌:岡晴夫
  • さくら貝の歌(昭和25年1月、土屋花情作詞、歌:辻輝子
  • あざみの歌(昭和26年8月、横井弘作詞、歌:伊藤久男)
  • 山のけむり(昭和27年7月、大倉芳郎作詞、歌:伊藤久男)
  • 毬藻の唄(昭和28年3月、いわせひろし作詞、歌:安藤まり子
  • 赤色エレジー[2](昭和47年4月、あがた森魚作詞、歌:あがた森魚)
  • 北海道讃歌 交響詩「開拓者」(小船幸次郎指揮 コロムビア・シンフォニック・オーケストラ初演)(昭和33年)
  • やさしい和尚さん(昭和34年、加藤省吾作詞、歌:石井亀次郎・キングほおずき会)(『第1回日本レコード大賞』童謡賞受賞)
  • 鎌倉市立大船中学校校歌(昭和32年)
  • 倶知安町立倶知安小学校校歌(昭和33年)
  • ニセコ町立ニセコ小学校校歌(昭和40年)
  • 北海道札幌藻岩高等学校校歌(昭和47年)
  • 札幌市立新琴似西小学校校歌(昭和49年)
  • その他、管弦楽曲『森の精』、組曲『春告魚(にしん)』、『農村への組曲』、『稔りの秋』、『春の歌ごよみ』、『チャペルの鐘』、等

脚注[編集]

  1. ^ a b ほっかいどう百年物語 北海道の歴史を刻んだ人々──。』第4集、STVラジオ編、中西出版、2004年3月31日、134-144頁。ISBN 978-4-89115-123-2
  2. ^ 実際の作曲者は歌っているあがた森魚である。八洲秀章が作曲者となっている理由は、曲が「あざみの歌」に似ているとのことでレコード会社側の判断による。