ダイナマイトどんどん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダイナマイトどんどん
Dynamite Don-Don
監督 岡本喜八
脚本 井手雅人
古田求
製作 俊藤浩滋
武田敦
製作総指揮 徳間康快
出演者 菅原文太
宮下順子
北大路欣也
嵐寛寿郎
金子信雄
岸田森
中谷一郎
フランキー堺
藤岡琢也
伊佐山ひろ子
岡本麗
ケーシー高峰
音楽 佐藤勝
撮影 村井博
編集 阿良木佳弘
製作会社 大映
配給 東映
公開 日本の旗 1978年10月7日
上映時間 142分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ダイナマイトどんどん』は、1978年大映で製作され、東映から配給された日本映画。143分、カラー、ビスタサイズ。

タイトルは、主人公菅原文太が率いる岡源ダイナマイツの掛け声(「ダイナマイトー!」「どんどーん!」)より。

ストーリー[編集]

舞台は昭和25年。終戦直後、米軍占領下の北九州・小倉。エスカレートする岡源組と橋伝組のヤクザ抗争を解決するため、警察署長の提案で抗争に代えてヤクザ対抗野球大会が(平和的に)開かれることになる。主人公、岡源組の加助は、橋伝組の攻撃を頭を使って抑えるが、痺れを切らした橋伝組は、秘密兵器の銀次を登板させる。彼は女がらみで指を詰めさせられヤクザになった投手であり、彼の投げる魔球に一転岡源組は苦戦を強いられる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

コミカライズ版[編集]

1970年代後期、すがやみつるによる本作のコミカライズ版が、『劇画ザ・タウン』(徳間書店)に連載された。単行本は1978年に全1巻が発行。

外部リンク[編集]