三村伸太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1948年

三村 伸太郎(みむら しんたろう、明治30年(1897年10月1日 - 昭和45年(1970年4月29日)は、日本の脚本家である。本名は岩井(いわい)姓。トーキー黎明期の京都にかつて存在した脚本家集団「鳴滝組」に参加、映画史に名を残す。

来歴[編集]

1897年(明治30年)10月1日岡山市に生まれる。上京して、明治大学に入学するも、中退する。

1926年(大正15年)、松竹下加茂撮影所に入社する。松竹キネマが配給提携をしていた衣笠貞之助衣笠映画連盟に脚本を提供し、1927年(昭和2年)、オリジナル脚本『道中双六駕籠』で脚本家デビューする。1928年(昭和3年)、東京・巣鴨町(現在の豊島区西巣鴨)の河合映画製作社に移籍した。マキノ・プロダクションを退社して河合に来ていた曾根純三監督の『東海道膝栗毛 第一篇 地獄から這上った弥次喜多』、その弟子・鈴木桃作監督の『次郎吉三度笠』などの杉狂児主演作からはじまって、脚本を量産し、2年間に21本が映画化された。曾根とのタッグが多かった。

1930年(昭和5年)、マキノにオリジナル脚本を2本提供、マキノ正博久保為義共同監督作『運命線上に躍る人々』、滝沢英輔監督作『南極に立つ女』として公開された。同年、帝国キネマに入社、菊池寛原作の『赤い白鳥』や郡司次郎正原作の『マダムニッポン』、中村武羅夫原作の『嘆きの都』などを1931年(昭和6年)までに手がけた。

1932年(昭和7年)には、前年に東亜キネマから等持院撮影所を引き継いだ東活映画社でわずか半年あまりで11本の脚本を量産し、同年9月の同社の解散に際して、元東亜キネマ等持院撮影所長だった高村正次が東亜キネマを買収して設立した宝塚キネマ御室撮影所に移り、3本を書き、1933年(昭和3年)には葉山純之輔葉山映画連盟のために2本書いて、浪人の身となる。

そのころ、三村は、河合時代の仲間であった脚本家の八尋不二や監督の鈴木桃作、マキノで脚本を提供した滝沢英輔らと同じ地域に住んでいた。そこを彼らは近代以前の名称で「鳴滝村」(京都市右京区鳴滝音戸山町)と呼んでいた。「鳴滝村」に集った同世代の脚本家・藤井滋司、監督の稲垣浩山中貞雄とその助監督の萩原遼とともに、1934年(昭和9年)、脚本集団「鳴滝組」を結成[1]、共同ペンネームを「梶原金八」と命名した。同年11月29日に公開された山中貞夫監督の『雁太郎街道』は、三村にとっての初めてのトーキー作品であったが、原案は「鳴滝組」で考えた(「梶原金六」名義)。同年、三村は日活太秦撮影所に入社する。

1935年(昭和10年)になると、映画界は、謎の新進脚本家「梶原金八」の話題で持ちきりとなった。それと同時にこの時期の三村は、山中や稲垣の監督作に多く取り組み、荒井良平池田富保の作品を手がけ、充実していた。1936年(昭和11年)いっぱいで日活を退社する。1937年(昭和12年)に三村が手がけた『人情紙風船』を撮って山中監督は出征、翌年には戦死してしまうのでこれが遺作となった。「鳴滝組」もその役割を終えた。

その後の三村は、東宝で脚本を書き続け、第二次世界大戦後の1947年(昭和22年)には新東宝の設立に参加した。1964年(昭和39年)の稲垣監督の『がらくた』(東宝)を最後に引退するまで、基本的には新東宝に作品を提供し続けた。

1970年(昭和45年)4月29日、死去。72歳没。

人物・エピソード[編集]

三村や鳴滝組は「梶原金八」仲間でよく旅行したが、あるところで三村を見た旅館女中が「どこかでお見かけしたような・・・」と言った。このとき三村は縫紋の羽織に袴姿だったので、山中貞雄が「知らんのかこの人を、広沢虎造師匠だよ」と言うと急に待遇が良くなり、「師匠、師匠」ともてはやされた。ところが悪いことはできず、虎造師匠の大ファンという宿の女中頭が大喜びでやってきたためバレてしまった。それ以来三村は「師匠」という綽名になってしまった[2]

オールバックに丸眼鏡、無髭という風体で、いつも和服だった。稲垣浩によると「三村伸太郎の立小便は人の三倍も時間がかかった」といい、一緒にいてよく待たされた。あるとき東銀座を酔って歩いていて、「チ、ちょっと待ってくれ」と三村が袴の裾をまくりだした。たいていなら「関東のつれ小便」と一緒に並んでするところ、場所が場所だからと稲垣はぶらぶら歌舞伎座の方へ歩き出した。振り返ったが例によって長小便は終わっていなかった。すると警官らしい人影が三村に近づくので慌てて稲垣は駆け戻ったが、そのときには警官は彼方に行き過ぎていた。

稲垣が「悪いのに見つかったな」というと、三村は用を済ませてスカーッとした顔つきで「やっぱりお江戸だね、いいとこあるよ」と言う。「立ち小便の現行犯だよ」と聞くと、三村は「なにしてるッて言うからこっちも度胸をきめて、ごらんの通りです、済ンませんと言ったところ流石はお江戸八丁堀の旦那だネ、言ったセリフが気にいったよ、片足上げてやんなさい、だと」と答えた。つまり「犬なら見逃してやろう」という洒落である。

自分の描くシナリオに対しては厳しかった。あるとき三村は稲垣に、「監督は一度使った手でも、役者が変わったり少し趣向を変えれば蒸し返しができるけれど、シナリオ作家は同じセリフを二度は使えない」と言ったことがあった。山中貞雄の死後には、故人を偲んで「山中会」の発起人の一人になっている[3]

弟子に池宮彰一郎がいる。

おもなフィルモグラフィ[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

  • 『三村伸太郎創作シナリオ集』、洛陽書院、1942年

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ 立命館大学衣笠キャンパスの「マキノ・プロジェクト」サイト内の「菅家紅葉氏談話」の記述を参照。
  2. ^ 『ひげとちょんまげ』(稲垣浩、毎日新聞社刊)
  3. ^ 『日本映画の若き日々』(稲垣浩、毎日新聞社刊)

外部リンク[編集]