白鳥の騎士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白鳥の騎士(はくちょうのきし)は、北村寿夫原作の新諸国物語の1作として書かれた冒険活劇である。1952年NHKラジオドラマ化され、以降映画化、テレビドラマ化された。

ストーリー[編集]

室町時代蝦夷の宝を狙う幕府の重臣・赤松黒主(あかまつくろぬし)は、丹後の雄麿(たんごのおすまろ)に盗賊の濡れ衣を着せて、蝦夷に追放する。宝を手に入れた後、幕府を乗っ取ろうとする赤松の野望を知った雄麿は、蝦夷の平和とアイヌの人々を守るため白鳥の騎士となる。

ラジオドラマ『新諸国物語 白鳥の騎士』[編集]

映画『白鳥の騎士』[編集]

1953年に公開された(新東宝映画)。

スタッフ
キャスト

テレビドラマ『白鳥の騎士』[編集]

  • 放映:NET
  • 放送期間:1962年7月5日 - 1963年3月27日 木曜 18:15 - 18:45(全26話)
  • 本作品はオープニング映像はDVD化されているものの、本編のDVD、ブルーレイは発売されていない。
  • 東映チャンネル等でもこれまでに第1話の放送もされていないため、第1話のオープニング以外のフィルムの現存は不明である。
スタッフ
キャスト
NET 木曜 18:15 - 18:45枠
前番組 番組名 次番組
白鳥の騎士