エルモ・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エルモ・ウィリアムズ
Elmo Williams
Elmo Williams
2007年
本名 James Elmo Williams
生年月日 (1913-04-30) 1913年4月30日
没年月日 (2015-11-25) 2015年11月25日(102歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オクラホマ州ローンウルフ英語版
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オレゴン州ブルッキングズ
職業 映画監督、プロデューサー、編集技師
配偶者 ロレイン・ウィリアムズ (m. 1940; d. 2004)

ジェームズ・エルモ・ウィリアムズJames Elmo Williams, 1913年4月30日 - 2015年11月25日)は、アメリカ合衆国の編集技師プロデューサー映画監督、映画会社重役である[1]。『真昼の決闘』によりアカデミー編集賞を受賞した[2]。2006年に『Elmo Williams: A Hollywood Memoir』を出版した[3]

生い立ちと私生活[編集]

オクラホマ州ローンウルフで生まれる。1940年に結婚し、2人の娘と1人の息子をもうける[4]。夫婦は1983年にオレゴン州ブルッキングズに移った[4]。2008年12月にウィリアムズは妻を偲んで市に礼拝堂を寄贈した[4]

2013年4月にウィリアムズは100歳を迎えた[5]

2015年11月25日にブルッキングズの自宅で102歳で亡くなった[1]

キャリア[編集]

ウィリアムズの編集作には『真昼の決闘』(1952年)、『海底二万哩』(1954年)、『ヴァイキング』(1958年)などがある。プロデューサーとては『史上最大の作戦』(1962年)や『クレオパトラ』(1963年)[6]、『トラ・トラ・トラ!』(1970年)を手がけている。1971年から1974年のあいだは20世紀フォックスの制作部門の責任者を務めていた。

ウィリアムズはアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞受賞作である『Design for Death』(1947年)を編集した。ウィリアムズ自身はフレッド・ジンネマン監督による『真昼の決闘』(1952年)でアカデミー編集賞を受賞した。またリチャード・フライシャー監督の『海底二万哩』(1954年)でも同部門にノミネートされた。

ウィリアムズはアメリカ映画編集者協会(ACE)の会員でもあった[7]。1971年にゴールデン・エディ賞、1990年に生涯功労賞を受賞した。

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

テレビシリーズ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Graves, Scott (2015年11月25日). “Brookings' Elmo Williams dies at age 102”. Curry Coastal Pilot. http://www.currypilot.com/News/Local-News/Brookings-Elmo-Williams-dies-at-age-102 
  2. ^ Williams, Elmo (2008年). “Elmo Williams Bio One”. 2008年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月27日閲覧。
  3. ^ Williams, Elmo (2006). Elmo Williams: A Hollywood Memoir. McFarland. ISBN 0-7864-2621-7. 
  4. ^ a b c Tobias, Lori (2008年12月11日). “Film producer gives Brookings a chapel in wife's memory”. The Oregonian. http://www.oregonlive.com/news/index.ssf/2008/12/film_producer_gives_brookings.html 2008年12月12日閲覧。 
  5. ^ Schlichting, Bill (2013年5月3日). “Elmo turns 100”. Curry Coastal Pilot (Western Communications). http://www.currypilot.com/Features/Features/Elmo-turns-100 2013年5月27日閲覧。 
  6. ^ Williams, Elmo (2008年). “Films by Elmo Williams”. 2008年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月27日閲覧。
  7. ^ American Cinema Editors > Members”. 2008年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月27日閲覧。

関連文献[編集]

外部リンク[編集]