デスラー艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デスラー艦(デスラーかん)は、「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」に登場する架空の宇宙戦闘艦

ガミラス帝国、のちにガルマン・ガミラス帝国の総統デスラーの御座艦で、帝国軍総旗艦を兼ねる。初代・二代目・三代目を通じて、青い艦体色と艦首デスラー砲という共通の特徴がある。なお、「初代」「二代目」「三代目」は公式の名称ではないが、本記事内では区別のため便宜上そのように表記する。

初代[編集]

艦体諸元
全長 200 m[要出典]
主機関 波動エンジン×1基[要出典]
兵装 デスラー砲×1門
大口径レーザー砲×3門
ミサイル発射管×8門
移乗戦用チューブミサイル

宇宙戦艦ヤマト』第26話に登場する。デザイン担当は加藤直之

ラムネ瓶状の外観を持つ戦闘艦。ガミラス本星の天井都市の総統府を兼ねている緊急用の脱出艦。

全長はヤマトの半分程度と小型である。艦橋部分は引き込み式。正六角形の主推進ノズルを6つ持つ。デスラー砲の発射直後にワープが可能である[注 1]ほか、微速後進しながらワープに入れるという特徴的なスペックを備える。

兵装はデスラー砲、その他に大レーザー砲塔3門、ミサイル発射管8門。敵艦に白兵戦を挑むための、移乗戦用のチューブミサイルを装備。

劇中での登場は、天井都市の総統府としては第24話時点で出ているが、宇宙戦艦としては第26話のみである。イスカンダル星からの帰還途上のヤマトを付け狙い、銀河系内にて捕捉。ワープ事故でヤマトと衝突し、デスラー自らがヤマトに乗り込み白兵戦を挑むが、コスモクリーナーによって撤退。その後、地球帰還直前のヤマトにデスラー砲を浴びせるが、空間磁力メッキに跳ね返され自滅する。『宇宙戦艦ヤマト2』第11話の回想シーンでは、デスラー砲の直撃後、デスラー自らがレバーを操作してワープしようとしたが、一瞬ワープしかけた直後に爆発し、デスラーの死体が宇宙空間に漂う結果になったと演出されている[1][注 2]

二代目[編集]

艦体諸元
全長 235 m[2]
全幅 74.6 m[2]
自重 49,500 t[2]
主機関 波動エンジン×1基[要出典]
兵装 デスラー砲×1門
大レーザー砲×3門
ミサイル発射管×4門
瞬間物質移送器×1基(2基で1組)
三連装無砲身レーザー砲塔×2基
三連装パルスレーザー機関砲×8基
磁力機雷散布装置
アンドロイド兵部隊制御システム

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち[注 3]宇宙戦艦ヤマト2』『宇宙戦艦ヤマト 完結編』に登場する。デザイン担当は宮武一貴

デスラー艦の中で最も登場作品・話数・時間が多いタイプ。「新型デスラー艦」とも呼ばれる[注 4]

初代デスラー艦の船体下半部および後部機関部を、新たな船体で挟むように増築した構造となっている。ゴーランド艦隊の妨害電波を消去する電子戦装備も持つ。

兵装は、艦首にあるデスラー砲とデスラー戦法用の瞬間物質移送器をはじめ、左右のデッキ上には三連装無砲身レーザー砲塔や対空装備として三連装のパルスレーザー機関砲が、艦底部には磁力機雷散布装置がそれぞれ装備されている。このほか、初代デスラー艦同様、大レーザー砲塔やミサイル発射管も確認できる。

艦橋にチェス盤状のコンソールで操作する、アンドロイド兵部隊の制御システムを備えている(『ヤマト2』では未使用)。デッキ舷側には艦載艇用のハッチが並んでおり、ここに搭載された内火艇でデスラーたちは脱出して第一空母へ旗艦を移している(『ヤマト2』第24話)。

劇中での登場
さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
乗員はデスラーとタラン、および監視役のミル以外はすべてアンドロイド兵。小ワープによって右舷からヤマトに体当たりを受け、白兵戦の際に兵をコントロールする制御システムを破壊され、機能停止する。
宇宙戦艦ヤマト2
第2話から登場する。ガミラス人の乗組員が多数乗艦している。第23話での太陽系での決戦ではヤマトの波動砲を磁力機雷の転送で封じたが、やはり小ワープによる体当たり攻撃を受け[注 5]、直後の白兵戦で大破して遺棄される。
宇宙戦艦ヤマト 完結編
ディンギル帝国艦隊に包囲されて窮地に陥ったヤマトを救援する際に登場し、デスラーがルガールの座乗するプレ・ノアをデスラー砲[注 6]で殲滅する。

三代目[編集]

艦体諸元
全長 702 m[7]または1,350 m[8]
主機関 不明
兵装 ハイパーデスラー砲×1門
瞬間物質移送器×1基(2基で1組)
大口径回転速射砲塔×7基
超大型ミサイル×2基

宇宙戦艦ヤマトIII』に登場する。デザイン担当は板橋克己

ガルマン・ガミラス帝国でのデスラーの御座艦である巨大戦艦。全長は1,350m、あるいは702mと資料によって異なる[注 7]。「新型デスラー艦」とも呼ばれる[注 4]

曲線主体のガミラス様式から外れたブロック構造状のガルマン式の艦体が特徴。兵装は艦首にハイパーデスラー砲を装備。両翼部に瞬間物質移送器を備え、艦体に大口径回転速射砲塔を艦首に3基。左右デッキ上に2基ずつ、計7基[注 8]。艦底には外付けの超大型のミサイル2基がある[3]

エンジン推力はボラー連邦の機動要塞の放つブラックホール砲にも対抗できる力を持つ。

劇中では第24話と第25話に登場する。第24話では、シャルバート星上空でボラー連邦艦隊をハイパーデスラー砲で全滅させる。第25話では、太陽制御中のヤマトがボラー艦隊の攻撃を受けているときに、親衛艦隊のデスラー砲艦を率いて登場。ボラー連邦の首相ベムラーゼを機動要塞もろともハイパーデスラー砲で葬り去る。

PSゲームシリーズ[編集]

デスラー艦[編集]

初代のリメイク艦。PS版『宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル』に登場する。

宮武一貴によりリデザインされている[9]。設定や基本的なデザインに変更点はないが、艦尾にガミラス星の天井都市の残骸が付着している[9]

新型デスラー艦[編集]

二代目のリメイク艦。PS版『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』とPS2版『宇宙戦艦ヤマト 暗黒星団帝国の逆襲』に登場する。

宮武一貴によりデザインがリファインされている[10]。スマートだった原作に比べると全体的に突起が多く角ばった形状になっており、艦首の翼が左右にも備わったり、左右デッキ上の無砲身三連装レーザー砲塔が4基になったりしている。全長・全幅・自重の設定値はアニメ版と同じ[11]

また、空間磁力メッキを搭載しているという設定も追加されている[11]

『さらば』では、ストーリー12「ヒアデス・灯台星系」・ストーリー13「テレザート宙域」・ストーリー19「木星圏・ガニメデ近海」に登場する。ヤマトとの戦いの末に一度放棄された後、再度ガミラスに回収され、戦闘空母にデスラー砲ユニットとして装備される。落ち延びようとするサーベラー達を討ち果たす。『暗黒星団帝国の逆襲』では、名称が「デスラー艦II(改機動デスラー総統府型指揮戦艦)」となっており、回想ステージ「デスラー」に登場する。

SPACE BATTLESHIP ヤマト[編集]

艦体諸元
全長(推定) 2 km
全幅(推定) 3.5 km
全高(推定) 2.8 km
主機関 不明
兵装 ガミラスミサイル
レーザー

SPACE BATTLESHIP ヤマト』では、オリジナルデザインの「デスラー艦」が登場する。

設定ではガミラス前史の恒星間航行船と推測されている。本作品ではガミラスの設定がそれまでと大きく異なり、人類はガミラスという名称で呼称し、自らはデスラーを名乗る鉱石状の集合意識生命体であり、デスラー艦も御座艦・全軍の総旗艦というよりは、ガミラスの最終兵器という意味合いが強い。

デザインも原作と大きく異なっており、ヤマトを遥かに凌ぐ巨大な船体は、艦というよりは悪魔が翼を広げた様な外観を有しており、黒褐色のボディに所々に青い発光が見られ、中央部には顔のような見た目の物も確認できる。

ガミラス星地下都市の一部を構成しており、劇中ではガミラスがガミラス・イスカンダル星でのヤマトクルーとの戦いで壊滅した後、残存兵力が本艦でヤマトを追撃。地球目前でヤマトを攻撃して戦闘能力を奪った後、下部から地球そのものを消滅させるほどのエネルギーを持つミサイルを発射する。その直後に船体はバラバラに四散したが、ヤマトの自爆特攻によりミサイルは破壊される。

リメイクアニメシリーズ[編集]

特一等航宙戦闘艦 デウスーラII世[編集]

艦体諸元
全長 638 m[12]
主機関 ゲシュ=タム機関
兵装 ゲシュ=ダールバム(通称:デスラー砲)×1門[12]
480ミリ三連装陽電子カノン砲塔×6基[12]
330ミリ三連装陽電子カノン砲塔×6基[12]
330ミリ三連装陽電子ビーム砲塔×6基[12]
魚雷発射管(翼部)×24門[12]
魚雷発射管(後部)×14門[12]
魚雷発射管(艦底)×13門[12]

特一等航宙戦闘艦 デウスーラII世は、『宇宙戦艦ヤマト』(以下、「旧作」)のリメイク作である『宇宙戦艦ヤマト2199』に登場する宇宙戦闘艦。デザイン担当は石津泰志[13]

ゼルグート級戦闘艦デウスーラI世」の後継艦[12]で、ヤマトの2倍弱の全長を持つ大型艦[注 9]。デザインは本作オリジナルで、艦首砲口の左右にガミラス艦特有の「目玉」を備えた盾のような構造物が存在し、また艦体左右両舷は翼のように広げられた形状をしている。デザインを担当した石津は「強そうに見えること程度しか意識せずに、手の動くままに線を走らせたらこの形状になった」と述べている[14]

艦首にデスラー砲(正式名称:ゲシュ=ダールバム)を装備するほか、330ミリ三連装陽電子カノン砲塔と330ミリ三連装陽電子ビーム砲塔を6基ずつ、さらにそれらより大口径の480ミリ三連装陽電子カノン砲塔が艦橋両側に計4基、下面に2基装備している。その上、魚雷発射管を計51門装備しており、シリーズ歴代のデスラー艦の中では最も重武装である。なお、ビーム兵器は全て格納式となっている。

デスラー総統座乗艦として、第二バレラス宙軍工廠で極秘裏に建造されていた新型航宙戦闘艦[12]で、その存在を知るのは軍需国防相のヴェルテ・タランと親衛隊のみという背景設定をもつ[15][12]

第二バレラスに設置されており、都市に設営された次元波動兵器(デスラー砲)の射撃中枢を兼ねている[12]。亜光速の移動目標を精密射撃する際には、第二バレラスから分離して、デスラー砲搭載艦として運用できる[12]。デスラー砲へのエネルギー供給は、艦が第二バレラスと接続しているときは第二バレラスの次元波動機関から受けるが、分離後は艦に搭載されている次元波動機関から受けるように切り替わる[16]。なお、独立艦として運用するには後述のコアシップとのドッキングが必須である[15]

劇中では第23話でコアシップとドッキングする際に初登場。第二バレラスに繋留された状態となっており、艦体の一部しか映らず、この話の時点だと全体像は不明。森雪とノラン・オシェットの工作による第二バレラスの爆発に巻き込まれて爆沈したかに見えたが、直前にゲシュ=タム・ジャンプで逃れていた。第25話で、亜空間回廊内でヤマトを待ち伏せ、ヤマトに接舷し、機械化兵(ガミロイド)を用いた白兵戦を行うが、ヤマト側のコンピュータウイルスにより失敗する。その後ヤマトから離れ、亜空間回廊内では通常のビーム兵器が無効であることからデスラー砲でヤマトを沈めようとしたが、発射直前に実体弾である三式融合弾の連射を受けて大破。その状態でデスラー砲を発射したことにより、波動エネルギーが内部で暴発し、爆沈する。

独立戦闘指揮艦(デウスーラII世・コアシップ)[編集]

艦体諸元
全長 252 m[17]
主機関 ゲシュ=タム機関
兵装 近接防御火器(単装)×6基(艦橋基部左右各3)[17]
艦首魚雷発射管×4門[17]

初代のリメイク艦[14]。『宇宙戦艦ヤマト2199』に登場する。デザイン担当は石津泰志[18]

本作ではデウスーラII世の管制ユニットという設定になっている[17]。艦尾には旧作同様六角形の推進機が6機あり[14]、艦橋部分も引き込み式だが、艦首のデスラー砲の砲門は存在しない。また、旧作のデスラー艦における8門のミサイル発射管は、本作におけるガミラス艦の特徴である「目玉」になっている。

他のガミラス艦と大きく異なるロケット型の艦体は、ガミラス古来の星を渡る船の形状を継承したものと設定されている[19]

艦橋内には、二代目に搭載されていたものに似たチェス盤がモニター上に表示されている、機械化兵の指揮用コンソールが備わっている。

コアシップとしての劇中での登場は第22話と第23話。第22話では総統府の内部にモニュメントとして設置されており、雪が見上げている。第23話では、ヤマトがデスラー総統府に突入した際、帝都と部下を見捨てて総統府から発進し、第二バレラスへ向かう。そしてデウスーラII世とドッキングし、艦の制御を第二バレラスからコアシップに移して作戦を行う。

漫画版[編集]

ひおあきらの漫画版『宇宙戦艦ヤマト』では、デスラーは初代デスラー艦ではなく、オリジナルの大型旗艦に乗艦し、艦隊を率いてヤマトに最後の戦いを挑んでくる。

デザインは艦首に角状の突起を持つなど駆逐型デストロイヤー艦と似ているが艦首に「目玉」はなく、代わりに大型のインテークを有しシュルツ艦風の艦橋を持つ。武装は艦首上下に無砲身三連装砲塔を左右並列に計4基、同様に艦尾にも2基配置ほか、インテークに固定式の砲門を上部6門、下部4門の計10門持った重装備の宇宙戦艦である。

この大型旗艦は麾下の艦隊共々、ヤマトに体当たり攻撃を仕掛けるも跳ね飛ばされ、ハーロックの砲撃によって止めを刺される。

その他の御座艦[編集]

上記の3艦の以外にも一時的に御座艦となった艦が存在する。ここでは没となった戦艦スターシャも含め紹介する。

宇宙戦艦ヤマト2
  • 三段空母(第一空母)
    • 第23・24話において、二代目デスラー艦がヤマトとの白兵戦で大破した際、タランの進言もあり、デスラーは二代目を放棄し移乗する。デスラー戦闘空母が完成するまで、仮御座艦として使用されている。
宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』『宇宙戦艦ヤマトIII
宇宙戦艦ヤマト2199
デスラーズ・ウォー
  • 戦艦スターシャ
    • 企画段階で頓挫した『宇宙戦艦ヤマト完結編』以後のデスラーを主役とした後日談のOVAに登場する予定だった艦。当時の公式ヤマト・ファンクラブ会報の記述によると、五代目座乗艦として作られ、その大きさは宇宙要塞並み。内部にはアクエリアス氷塊から回収したヤマトの第一艦橋部分と沖田十三の遺骸が安置されている。艦名は勿論イスカンダル女王スターシャから。松本零士によりデザインされる予定であったが、上述の通り企画が頓挫したため、そのデザインは公開されずどの段階までデザインが進んでいたのかは不明である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ヤマトの場合、波動砲発射直後のワープが可能になったのは『ヤマトよ永遠に』以降である。
  2. ^ 前作からの流用カットは初代だが、新規作画カットでは誤って現在使用しているはずの二代目が描かれている。
  3. ^ 設定画における表記は、デスラー戦艦。『EB22 宇宙戦艦ヤマト メカニック大図鑑1』p. 116のように、この名称を使用している資料本も存在するが、定着しなかった。
  4. ^ a b 「新型デスラー艦」という名称は、二代目と三代目の両方で使用されている。『ロマンアルバムエクセレント54 宇宙戦艦ヤマトPERFECT MANUAL2』p. 132や、2006年発売のメガハウスのフィギュア「宇宙戦艦ヤマト コスモフリート コレクション 愛の戦士たち編」、2008年発売のプレックスのフィギュア「宇宙戦艦ヤマト メカニカルコレクション Part.4」、同年発売の缶コーヒー用の食玩「ローソン限定 TVシリーズ35周年記念 宇宙戦艦ヤマトメカニックコレクション」などでは、二代目がこのように表記されているが、「宇宙戦艦ヤマト発信!」[3]や、バンダイのプラモデルの商標名「宇宙戦艦ヤマト 1/1000 SCALE ガルマン・ガミラス帝国(デスラー総統旗艦) 新型デスラー艦」[4]宇宙戦艦ヤマト メカコレクション No.23 ガルマン・ガミラス帝国(デスラー総統旗艦) 新型デスラー艦」[5]では、三代目がこのように表記されている。また、『宇宙戦艦ヤマト画報 ロマン宇宙戦記二十五年の歩み』pp. 073, 096, 148や、公式ファンクラブサイト「ヤマトクルー」の資料室ページ[6]では、両方が「新型デスラー艦」と表記されている。そのため、本項では「二代目」「三代目」という名称で統一して区別する。
  5. ^ ただし、場所は同じ右舷だが舷側ではなく後部で、ヤマトは艦首から体当たりしているため、突入ボルト(ストライカーボルト)が破損して波動砲が使用不能になっている。
  6. ^ 劇中のセリフなしで発射しているため、デスラー砲なのかハイパーデスラー砲かは不明である。
  7. ^ a b 『宇宙戦艦ヤマトIII DVDメモリアルボックス保完ファイル』p. 28では「当初は1,350mと設定され、バンダイの模型でもこの数値だが、その後702mに変更された」とある。
  8. ^ このタイプの砲塔を、『宇宙戦艦ヤマト画報 ロマン宇宙戦記二十五年の歩み』pp. 148-149では「旋回パルスレーザー砲」、『宇宙戦艦ヤマトメカニック大図鑑1』p. 109では「回転速射砲塔」と表記している。
  9. ^ 本作の艦では、ゼルグート級の730mに次いで2番目に大きい。
  10. ^ 宇宙戦艦ヤマトIII』第16話の回想シーンでは濃緑色である。

出典[編集]

  1. ^ 「宇宙戦艦ヤマト2 DVD MEMORIAL BOX」(バンダイビジュアル、2001年、BCBA-0531)ライナーノーツ『宇宙戦艦ヤマト2 DVDメモリアルボックス 保完ファイル』p. 13。
  2. ^ a b c 『デラックス版 さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』p. 289。
  3. ^ a b 情報班資料室 新型デスラー艦”. 宇宙戦艦ヤマト発信!. 東北新社バンダイネットワークス. 2007年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月22日閲覧。
  4. ^ ガルマン・ガミラス新型デスラー艦|商品詳細”. バンダイホビーサイト. バンダイ. 2015年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  5. ^ メカコレクション NO.23 新型デスラー艦|商品詳細”. バンダイホビーサイト. バンダイ. 2015年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  6. ^ メカニック”. YAMATO CREW. ヤマトクルー. 2017年3月22日閲覧。
  7. ^ 『宇宙戦艦ヤマトIII DVDメモリアルボックス保完ファイル』pp. 17, 28[注 7]
  8. ^ 『宇宙戦艦ヤマト画報 ロマン宇宙戦記二十五年の歩み』p. 148。
  9. ^ a b 『宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル 設定資料集』p. 058。
  10. ^ 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 設定資料集』pp. 060-061。
  11. ^ a b 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 設定資料集』p. 060。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[GARMILLAS]』p. 044。
  13. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[GARMILLAS]』pp. 046-050。
  14. ^ a b c 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[GARMILLAS]』p. 253。
  15. ^ a b 『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く』劇場パンフレット(松竹、2013年)p. 16。
  16. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[GARMILLAS]』p. 047。
  17. ^ a b c d 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[GARMILLAS]』p. 045。
  18. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[GARMILLAS]』pp. 051-055。
  19. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[GARMILLAS]』p. 051。

参考文献[編集]

  • 『宇宙戦艦ヤマト全記録集 下巻』 オフィス・アカデミー、1978年
  • 『宇宙戦艦ヤマト全記録集 設定・資料版』 オフィス・アカデミー、1979年上記の「下巻」の廉価版。
  • 『デラックス版 さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』 オフィスアカデミー、1979年
  • 『スーパーデラックス版 宇宙戦艦ヤマト完結編』 ウエストケープ・コーポレーション、1983年
  • 『ROMAN ALBUM DELUXE 43 宇宙戦艦ヤマトIII』 徳間書店〈ロマンアルバム・デラックスシリーズ〉、1981年ISBN 6157757000
  • 『ROMAN ALBUM EXCELLENT 54 宇宙戦艦ヤマト PERFECT MANUAL2』 徳間書店〈ロマンアルバムエクセレントシリーズ〉、1983年ISBN 6157771003
  • 『ENTERTAINMENT BIBLE 22 宇宙戦艦ヤマト メカニック大図鑑1』 バンダイ〈エンターテイメントバイブルシリーズ〉、1990年。ISBN ISBN 978-4-89189-115-2
  • 『宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル 設定資料集』 スタジオDNA単行本編集部、スタジオDNA2000年ISBN 4-921066-83-3
  • 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 設定資料集』 スタジオDNA単行本編集部、スタジオDNA、2001年ISBN 4-921066-84-1
  • 『宇宙戦艦ヤマト画報 ロマン宇宙戦記二十五年の歩み』 竹書房2001年ISBN 4-8124-0700-4
  • 「宇宙戦艦ヤマトIII DVD MEMORIAL BOX」(バンダイビジュアル、2001年、BCBA-0532)ライナーノーツ『宇宙戦艦ヤマトIII DVDメモリアルボックス 保完ファイル』。
  • 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[GARMILLAS]』 マッグガーデン2013年ISBN 978-4-80-000193-1

外部リンク[編集]