ミル (宇宙戦艦ヤマト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミル
宇宙戦艦ヤマトシリーズのキャラクター
登場(最初) さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
作者 松本零士
声優 市川治[1]
緒方恵美PSゲームシリーズ[2]
プロフィール
性別
種類 ガトランチス人
国籍 白色彗星帝国
肩書き 監視艦隊司令(『さらば』、PSゲーム)
帝国保安・警察局監視官(『ヤマト2』)
テンプレートを表示

ミルは、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(以下、『さらば』)および『宇宙戦艦ヤマト2』(以下、『ヤマト2』)の登場人物。声優市川治、PSゲーム版は緒方恵美

概要[編集]

白色彗星帝国サーベラーの配下。役職は『さらば』では監視艦隊司令[3]、『ヤマト2』では帝国支配庁保安・警察局監視官。サーベラーの命令でデスラー艦に同乗し、デスラーの行動を監視する。

『さらば』では松本零士が直々にデザインを起こしており[4]、目の大きい中性的なデザインとなっていたが、『ヤマト2』では眉の太い凛々しい青年にデザインが変更されている。また、両作品とも白色の軍服を着用していたが、微妙にデザインが異なる。この外観の変化に、声を担当した市川はそれぞれ演じ分けていた。PSゲーム版『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』では、『さらば』のデザインを基にしつつ、より女性的な容姿になっている。

劇中での登場[編集]

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
彗星帝国駆逐艦の攻撃により身動きが取れなくなったヤマトを、デスラー砲によって駆逐艦ごと吹き飛ばそうとするデスラーに対し、「大帝からお預かりした艦」であることを主張して抗議する。その後、小ワープでデスラー艦に激突したヤマトとの白兵戦によって敗色濃厚になりつつある中、大帝ズォーダーにデスラーがヤマトに敗北したことを報告するために退艦しようとしたところ、背後よりデスラーに撃たれる。そのまま瓦礫に埋もれて息絶えたかに見えたが生存しており、デスラーを狙撃するも銃弾は古代をかばった森雪に命中してしまい、その直後にデスラーによって射殺される。
宇宙戦艦ヤマト2
第10話から第13話にかけて登場。デスラーを監視する立場に置かれ、彼の横柄で奔放な言動に翻弄される。第12話では、自らの不手際によってヤマトに敗れたバンデベルを、彼が弁明している途中で射殺したデスラーの行為に対し、衝撃を受けて咎めると共に白色彗星帝国へ急報する。その後、デスラーが空洞惑星に拘束したヤマトをデスラー砲で葬り去ろうとした際、ゲーニッツからズォーダーの命令を騙る帰還命令を受ける。サーベラーからの直接連絡を取り次いだ結果、デスラーはあと一歩のところでヤマト撃破に失敗する。帝国の命令を無視して作戦を続行したデスラーに対し、「大帝の命令に背いた」として出頭しなければならない旨を告げ、第13話でデスラー艦隊と共に帝国へ帰還する。以後、劇中には登場しない。

PSゲーム版[編集]

PS版『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』に登場。

本作では他のキャラクター同様、アニメーターの増永計介によってリデザインされている。前述のように『さらば』準拠の女性的な容姿になっており、アニメーションムービーの原画では「男と思わん方が良い」とまで書かれている[5]

『ヤマト2』に相当するエピソードには登場せず、ステージ13「テレザート宙域」においてデスラーが再出撃する際に初登場する。劇中での基本的な役割は『さらば』と同じ。差異としては、デスラー艦白兵戦時のアンドロイド兵は白色彗星帝国側が提供したものであり、ミルも「彗星帝国の技術の粋を集めた兵士」と発言していたがコントロール機構を破壊され、デスラーに「所詮は操り人形か」と嫌味を言われる場面がある。『ヤマト2』ルートではその後のシーンで画面奥に倒れており、生死は不明となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 『宇宙戦艦ヤマト画報 ロマン宇宙戦記二十五年の歩み』(竹書房、2001年、ISBN 978-4-8124-0700-4)pp. 204-205。
  2. ^ 『宇宙戦艦ヤマト画報 ロマン宇宙戦記二十五年の歩み』(竹書房、2001年、ISBN 978-4-8124-0700-4)p. 211。
  3. ^ 『宇宙戦艦ヤマト発信!』ではソ連政治将校がモデルと考察されている。
  4. ^ 『宇宙戦艦ヤマト画報 ロマン宇宙戦記二十五年の歩み』(竹書房、2001年、ISBN 978-4-8124-0700-4)p. 067。
  5. ^ 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 設定資料集』(スタジオDNA、2001年、ISBN 4-921066-84-1)p. 098。

外部リンク[編集]