コスモゼロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コスモゼロは、アニメ宇宙戦艦ヤマトシリーズ」に登場する架空の宇宙戦闘機である。デザイン担当は松本零士加藤直之宮武一貴[注 1]。以下は劇中設定。

諸設定[編集]

機体諸元
全長 17.4 m
全幅 8.2 m
武装 パルスレーザー機関砲[注 2]×4門(機首下面)
同×4門(機首上面コクピット両脇に2門ずつ)[注 3]
対艦ミサイル×2発(翼下の計2箇所のハードポイント)[注 4]

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』『ヤマトよ永遠に』『宇宙戦艦ヤマトIII』以外の全作品に登場。

地球防衛軍の宇宙戦闘機で、正式名称は「零式宇宙艦上戦闘機」。大気圏内外で運用できる万能戦闘機である。第1作『宇宙戦艦ヤマト』の設定によれば、零式宇宙艦上戦闘機「52型」というサブタイプ名を持つ。「ブラックタイガー」以降に開発・採用された、対ガミラス帝国戦役時の最新鋭機である。名称は、大日本帝国海軍の主力艦上戦闘機である、「ゼロ戦」こと「零式艦上戦闘機52型」に由来するとされている[1]

本来は第1作におけるヤマトの主力艦載機という設定だったが、作画面の都合からより単純なデザインのブラックタイガーが設定され、コスモゼロは劇中では主に古代専用機として活躍している[注 5]。続編の『さらば』では「コスモタイガーII」が主力戦闘機として新たに設定されたことから登場せず、『さらば』のリブート作品である『宇宙戦艦ヤマト2』で再登場するも、量産機としては登場しない。『永遠に』『ヤマトIII』ではコスモタイガーIIのバリエーション機「新コスモゼロ」が新たな古代機として設定されたことから再び登場しなくなったが、『宇宙戦艦ヤマト 完結編』では若干のデザイン変更のうえで再び再登場する。『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』では、発展型である「コスモゼロ21」が登場する。

主翼と上下の垂直尾翼で構成される十文字翼が特徴的。下部垂直尾翼(安定翼)は可動式で、着陸状態では大部分が胴体に収納される。機首部の両側面と下面の計3か所に、姿勢制御用の噴射ノズルを持つ。通常は単座機として運用されるが、後部座席を設置して複座機にすることができる。後部座席の使用例としては、第1作第19話における宇宙に飛び出した相原義一の収容、『ヤマト2』第25話における真田志郎を乗せての都市帝国への突入、『完結編』における森雪をナビゲーターとして同乗させての偵察などがある。

武装に関する描写は安定せず、第1作第4話では機首中央の穴や機首左右のアンテナ状構造物の先端から、同作第5話や第13話ではアンテナ状構造物の根本にある銃口から、同作第22話では機首上面から発射したりしている。『ヤマト2』の第1話や第25話でも武装の位置は明確に描かれておらず、機首下面の機関砲が劇中で描写されたのは『新たなる旅立ち』だけである。

機体のカラーリングは、胴体は灰白色もしくはシルバー、機首が赤、コクピット前方は眩惑防止用の黒、各翼の前縁部分は黄色である。ただし、『完結編』ではカラーリングに若干の変更があり、胴体部が薄い水色に、機首は赤だが下部の突起が白に、上部垂直尾翼全体が赤でその前縁は白、エアインテークの前縁も白になっている。

『復活篇』のコスモゼロ21は、より細身のデザインとなっている。機首と胴体の下にノズルを持ち、垂直離着陸が可能。主翼は胴体サイドブロックの副機関ごと、その根元から上方に折り畳む形式になっている。

本機の発艦は、ヤマト艦体後部に2基あるカタパルトから行われる。格納庫[注 6]から移動してきたコスモゼロが、エレベーターでカタパルトまでリフトアップされ、カタパルトに固定され、射出される。射出後、コスモ・ゼロの下部垂直尾翼が展開する。

なお設定では、カタパルトより射出された機体がヤマトに戻るときは、カタパルト下部の着艦口(『さらば』前半で、救命艇が発進する部分)から収容されることになっているが、画面ではそこまで描かれていない。

漫画版[編集]

松本零士や聖悠紀の漫画版ではほとんど登場しない。逆にひおあきらの漫画版では頻繁に登場する。

ひおあきら版では「宇宙零戦」と呼称されている[注 7]。古代専用機ではなく加藤も中盤まで愛機としており(対バラン星戦から重戦に乗り換えている)、宇宙零戦隊として複数機が登場。ガミラスの冥王星基地を爆撃して破壊したり、銃撃で高速空母を撃沈するなどの活躍している。また、宇宙サルガッソーでの探索や、ガミラスの宇宙要塞潜入にもシームレス機に代わって使用されている。

機体その物はコスモゼロと大差ないが、前述のようにアニメ版にはない爆撃能力があり、主翼下のパイロンが増槽の他に内側へ2箇所増設され、尾部にスネークアイ状のダイブブレーキがある大型の自由落下爆弾を1発ずつ懸架可能[5]

発進シークエンスはアニメ版とは異なり、発進口がヤマトの第三主砲の直下(旧戦艦大和の短艇格納庫付近)にあり、舷側がスライドして横方向へ発進する[6]。収容は舷側から触手状の着艦マニピュレーターが繰り出され、機体を絡める形で強制着艦させる方式である[7]

PSゲームシリーズでの設定[編集]

機体諸元
全長 17.4 m[8]
全幅 8.2 m[8]
全高 5.8 m[8]
武装 パルスレーザー×4門[8]

PS用ゲーム『宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル』制作時に、一部登場メカのリデザインが行われたが、本機も宮武の手によって新しい設定画が描かれている。基本的なデザインは変わらないが、全体的にステルス要素を若干加えた調整がなされている[9]。ディテール面では、コックピット左右前方の上下面に上下方向へのマニューバノズルが追加されているほか、翼端のマニューバノズルや翼端灯、胴体のエアブレーキなどの設定も追加されている[10]。また、機体下部垂直尾翼は引き込み式ではなく、折りたたみ式に変更されている[10]

設定も若干変更され、波動エンジンのノウハウが応用された、2200年に配備される予定の最新鋭機の試作機とされている[10]。シナリオ1「太陽系」序盤のワープテストイベント中では、古代守が実験に携わっていたことが真田の口から語られる。また、続編であるPS用ゲーム『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』では、「コスモタイガーII」に対して「コスモタイガー (I)」 にあたるという扱いにもなっている[11]

ヤマトには試作機1機が搭載されているのみで、当初より古代進専用機として扱われている[10]。ただし、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』においては、加藤三郎山本明らも搭乗できる、黒を基調としたカラーリングの同型機「ブラック・ゼロ」がボーナスユニットとして登場する。

リメイクアニメシリーズでの設定[編集]

機体諸元
全長 16.9 m[12](格納時:15.5 m[12]
全幅 6.8 m[12]
主機 軸流式コスモエンジン(彗星5型2号)[12]
武装 機銃×4丁[12]
機関砲×1門[12]
ミサイル各種[12][注 8]

第1作『宇宙戦艦ヤマト』(以降、「旧作」)のリメイク作品である『宇宙戦艦ヤマト2199』と、そのサイドストーリー『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』に登場する。

「零式52型空間艦上戦闘機〈コスモゼロ〉」という名称で、設定やデザインがリファインされて登場する。デザイン担当は玉盛順一朗[14]、コックピット内は山根公利[15]

国連宇宙海軍/極東方面空間戦闘群/宙技廠が開発した機体で、種別は「全領域制宙戦闘機」である[12]。古代は「ゼロ」、沖田は「零式(れいしき)」と呼んでいる。量産遅延に従い、2機のみヤマトに搭載され、それを補充するためにコスモファルコンが国連地上軍から転用されている[16]。なお、本来は2200年制式化予定であり、「零式」は仮称である[17]

旧作のコスモ・ゼロとの外見上の相違点は、主翼の下反角が翼の根本ではなく途中から付けられていることや、PS版デザインと同じく上下面のマニューバノズルが追加されていることなど。翼下ハードポイントに懸架しているタンク状構造物は「高機動ユニット」と設定されている[注 9][18]。艦上戦闘機として開発されたため、機首・主翼・垂直尾翼が折り畳み可能になっている[12][注 10]。また、コスモゼロの外観上の特徴とも言える機首・垂直尾翼・主翼に存在する突起状の部分については、コスモファルコン編隊のステルス制御用の各種アンテナが内蔵されているという指揮官機・電子戦機の要素を踏まえた解釈となっている[12]。さらに、機首先端の各種複合アンテナには流体制御システムを内蔵し、太陽系標準環境における全領域航行を可能とする[12]

機体中央に円形のノズルを持つ主エンジン、その両側に副エンジンを搭載する[19]。単独での大気圏離脱能力がある[20]。基本的に単座だが、後部に予備シートが収納されており、複座にも対応している[21]

武装は機銃が機首下面に4丁装備になったほか、機首の穴は機関砲と設定されている。機銃や機関砲は一見すると実弾を発射しているような描写だが、実際にはビーム兵器であり、機銃は薬室内に力場を形成し弾丸状のプラズマ等のビームエネルギーを銃身内で加速させ連続発射し[13]、機関砲は薬室内で形成した陽電子砲弾を発射している[22]

ヤマトに艦載されている2機は、それぞれ古代と山本玲がパイロットを務めており、機首が古代機 (0-5201) は赤色に、山本機 (0-5202) はオレンジ色に塗装されている[17]。コールサインは、古代機が「アルファ1」で山本機が「アルファ2」[17]。アルファ1は、『2199』第23話のガミラス本星戦において爆発する第二バレラスの破片によって大破する。その後、同作第25話で航空隊員にいじられており、亜空間回廊内での白兵戦では篠原達がこの機体の機銃を持ち出し、敵兵を撃退するのに使用している。

なお、『2199』第1話で防空基地に配置されていた機体は、主翼に日の丸が描かれている。この機体は厳密には51型[注 11]で、エンジン不調で複座型の試験も兼ねて駐機されていたとされている[23]。一方、公式資料本では、極東管区に配備された増加試作機(九試艦戦)で、宙技廠飛行実験仕様であると表記されている[24]

ヤマトの格納庫の設定が再構築されたのに伴い、本機はコスモファルコンを収容する「第二格納庫」とは互いに独立した「第一格納庫」に収容されている設定になっている。発艦は旧作同様、艦後部のカタパルトから発艦する。カタパルトは左右に2基設置されているが、第一格納庫は中央で仕切られているため、使用されるカタパルトは固定されている。発艦シークエンスは、減圧された格納庫の側面ハッチが開き、機体をスライドして艦外まで移動させた後、リフトによってカタパルトまでリフトアップし、カタパルトに移動・固定する。そして、カタパルトが射出方向へ旋回した後、離発艦管制室から発艦許可をもらい、発艦する。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 松本は原案デザイン、加藤が決定稿、宮武は三面図を担当。
  2. ^ ただし、劇中の描写ではアンテナの先端から発射したり、実体弾らしきものを撃ち出していたりと統一されていない。
  3. ^ 『完結編』のみ。同作では機首下面の機関砲は描写されていない。
  4. ^ 『新たなる旅立ち』のみ。イスカンダルのマザータウン上空の空戦で敵護衛艦に対して使用。他の作品ではいずれも増槽を2つ懸架している。ただし、増槽とミサイルはデザインがほとんど同じであるため、正確な設定は不明。
  5. ^ ただし、第1作第4話では原画担当者への連絡不行き届きから、コスモゼロの編隊が描かれてしまっているカットがある[2]
  6. ^ ここは「上部戦闘機格納庫」と呼ばれ、ブラックタイガーなどが使用する艦内後部下方にあるものとは別のものである[3]。なお、この上方格納庫は艦橋構造物後方、第二副砲直下あたりにあり、カタパルトとは移動通路で結ばれている。
  7. ^ ただし、一度だけ「コスモゼロ」の名称が古代のセリフで出る[4]
  8. ^ 空対地ミサイル・空対空ミサイル・空対艦ミサイルを装備可[12]。翼下にハードポイントが左右2箇所、機体上部に左右各1箇所あり、空対地ミサイルは各ハードポイントに1発ずつ最大4発、空対艦ミサイル・空対空ミサイルは3連パイロン[13]を使用し最大12発装備可能。
  9. ^ 高機動ユニットはミサイル搭載時は機体上部に装着。
  10. ^ なお、『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』p. 259に記載されている出渕のインタビューによると、第一格納庫には翼を折り畳まない状態でも収容可能らしいが、航空機としての面白みから折りたたんだ状態で格納されているとされる。
  11. ^ ただし、劇中で加藤三郎は「零式空間52型」と呼び、垂直尾翼には「0-5200」(零式52型0号機)と書かれている。

出典[編集]

  1. ^ 情報班資料室 コスモ・ゼロ”. 宇宙戦艦ヤマト発信!. 東北新社バンダイネットワークス. 2008年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  2. ^ 『宇宙戦艦ヤマト TV DVD-BOX 記録ファイル』p. 12。
  3. ^ 「宇宙艦隊図録 File01 Sheet01I 地球防衛軍 宇宙戦艦ヤマト 格納庫」『週刊宇宙戦艦ヤマト OFFICIAL FACTFILE』(デアゴスティーニ・ジャパン、2010年 - 2011年)第35号p. 5。
  4. ^ ひおあきら『宇宙戦艦ヤマト (2)』(メディアファクトリーMFコミックス〉、2009年、ISBN 978-4-8401-2949-7)p. 7。
  5. ^ ひおあきら『宇宙戦艦ヤマト (1)』(メディアファクトリー〈MFコミックス〉、2009年、ISBN 978-4-8401-2932-9)pp. 190-193。
  6. ^ ひおあきら『宇宙戦艦ヤマト (1)』(メディアファクトリー〈MFコミックス〉、2009年、ISBN 978-4-8401-2932-9)pp. 98-99。
  7. ^ ひおあきら『宇宙戦艦ヤマト (1)』(メディアファクトリー〈MFコミックス〉、2009年、ISBN 978-4-8401-2932-9)p. 109。
  8. ^ a b c d 『宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル 設定資料集』pp. 052-053。
  9. ^ 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 設定資料集』p. 112。
  10. ^ a b c d 『宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル 設定資料集』p. 052。
  11. ^ 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 設定資料集』p. 044。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』p. 104。
  13. ^ a b 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』p. 109。
  14. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』pp. 106-114, 119。
  15. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』pp. 115-118。
  16. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』pp. 105, 121。
  17. ^ a b c 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』p. 105。
  18. ^ 高機動ユニットについては『グレートメカニックDX 21』(双葉社、2012年)p. 67にてチーフメカニカルディレクター西井正典が解説。
  19. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』p. 110。
  20. ^ 『2199』第23話Bパートの劇中描写より。
  21. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』p. 115。
  22. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』p. 106。
  23. ^ 『グレートメカニックDX 23』(双葉社、2012年)p. 23にある、宣伝協力(メカ設定)担当の小泉聰の解説より。
  24. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』p. 105。

参考文献[編集]

  • 藤川桂介(作)、ひおあきら(画) 『宇宙戦艦ヤマト』第1巻、朝日ソノラマサンコミックス〉、1974年ISBN 978-4257915393
  • 藤川桂介(作)、ひおあきら(画) 『宇宙戦艦ヤマト』第2巻、朝日ソノラマ〈サンコミックス〉、1974年ISBN 978-4257915386
  • 藤川桂介(作)、ひおあきら(画) 『宇宙戦艦ヤマト』第3巻、朝日ソノラマ〈サンコミックス〉、1975年ISBN 978-4257913047
  • 『宇宙戦艦ヤマト全記録集』上巻、オフィス・アカデミー、1978年全国書誌番号:78023262
  • 『宇宙戦艦ヤマト全記録集 設定 資料版』 オフィス・アカデミー、1979年ASIN B00I5G4QF6上記の廉価版。
  • 『ROMAN ALBUM EXCELLENT 53 宇宙戦艦ヤマト PERFECT MANUAL1』 徳間書店〈ロマンアルバムエクセレントシリーズ〉、1983年
  • 『ROMAN ALBUM EXCELLENT 54 宇宙戦艦ヤマト PERFECT MANUAL2』 徳間書店〈ロマンアルバムエクセレントシリーズ〉、1983年
  • 『宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル 設定資料集』 スタジオDNA〈DNAメディアブックス〉、2000年ISBN 4921066833
  • 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 設定資料集』 スタジオDNA〈DNAメディアブックス〉、2001年ISBN 4921066841
  • 「宇宙戦艦ヤマト TV DVD-BOX」(バンダイビジュアル、2008年、BCBA-3167)ライナーノーツ『宇宙戦艦ヤマト TV DVD-BOX 記録ファイル』全国書誌番号:21411108
  • 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』 マッグガーデン2013年ISBN 978-4-80-000192-4

外部リンク[編集]