さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 音楽集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 音楽集
宮川泰(作曲・編曲・指揮)、シンフォニック・オーケストラ・ヤマト(演奏)サウンドトラック
リリース
ジャンル サウンドトラック
アニメ
交響曲
レーベル 日本コロムビア
宮川泰(作曲・編曲・指揮)、シンフォニック・オーケストラ・ヤマト(演奏) アルバム 年表
交響組曲 宇宙戦艦ヤマト
(1977年)
さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 音楽集
(1978年)
宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち 音楽集
(1979年)
テンプレートを表示

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 音楽集』(さらばうちゅうせんかんヤマト あいのせんしたち おんがくしゅう)は、劇場アニメ映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』のサウンドトラックアルバム1978年8月1日LPレコードとして、日本コロムビアより発売された。型番はCQ-7011

『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 映画音楽集』[1]、『さらば宇宙戦艦ヤマト 音楽集』[2]とも。

その後、1995年1月1日CDCOCC-12228)の形で復刻され、『生誕30周年記念 ETERNAL EDITION PREMIUM 宇宙戦艦ヤマト CD-BOX』(COCX-33021~COCX-33030)にも収録された。2012年9月には、『YAMATO SOUND ALMANAC』シリーズの1枚としてBlu-spec仕様のCD(COCX-37385)で再復刻された。

解説[編集]

1977年夏に公開された劇場向け再編集版『宇宙戦艦ヤマト』のヒットを受け、劇場用新作アニメ映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』が1978年夏に公開されることになった。1977年末発売のLPレコード『交響組曲 宇宙戦艦ヤマト』が好評だったこともあり、『さらば...』のBGMサウンドトラック)も交響曲形式でステレオ録音された。

『交響組曲 宇宙戦艦ヤマト』はサウンドトラックではなかったが、本盤は正規BGM集として、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 音楽集』という名称でリリースされた。オリジナルLP盤の帯では「永遠の愛とロマンをのせて --- ヤマトはいま最後の戦いが待つ宇宙のかなたへ......」「前作に加えられた素晴しい愛の戦慄[3]」などと謳われていた。

作曲・編曲は、『交響組曲 宇宙戦艦ヤマト』に引き続き宮川泰が担当。演奏もシンフォニック・オーケストラ・ヤマト、スキャット[4]川島和子が引き続き担当した。また、本盤より、羽田健太郎がピアノ演奏、木村好夫がギター・ソロで参加した。

「序曲」は『交響組曲 宇宙戦艦ヤマト』からのフレーズおよび、その後に続く「白色彗星」「アンドロメダ」「テレサよ永遠に」などのフレーズも含むダイジェスト的な構成になっている。

「白色彗星」には、武蔵野音楽大学パイプオルガンが使用され、同大学の教授と宮川彬良(当時、高校生)が演奏した[5][6]

デスラーの名が冠された曲が3曲あり、そのうち「デスラー 好敵手」は先行発売のシングル・レコードに収録されていた「好敵手」(歌:ささきいさお)のインストゥルメンタル版である。また、同シングルのカップリング曲「テレサよ永遠に」のインスト版、および本盤と同時発売された主題歌シングル「ヤマトより愛をこめて」(歌:沢田研二)のインスト版も収録されている。

収録曲[編集]

  1. 序曲
  2. 白色彗星
  3. アンドロメダ
  4. 英雄の丘
  5. テレサよ永遠に[7]
  6. 想人(おもいで)
  7. デスラー 襲撃
  8. デスラー 孤独
  9. デスラー 好敵手[8]
  10. 都市帝国
  11. 大いなる愛
  12. ヤマトより愛をこめて[9]

関連音盤[編集]

  • さらば宇宙戦艦ヤマト(CK-515)
    1978年7月に日本コロムビアから発売されたシングル。
    「好敵手」「テレサよ永遠に」(歌:ささきいさお)を収録。『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』の挿入歌として先行発売されたが、どちらも映画本編では使用されなかった。
    その後、「テレサよ永遠に」はテレビ版『宇宙戦艦ヤマト2』のエンディングテーマとして使用されたことから、テレビアニメのコンピレーション・アルバム『テレビアニメスーパーヒストリー Vol.18』(COCC-70066)などに収録されている。
  • さらば宇宙戦艦ヤマト(DR-6235)
    1978年8月1日ポリドールから発売されたシングル。
    『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』の主題歌(エンディングテーマ)「ヤマトより愛をこめて」(歌:沢田研二)を収録。
    作曲は、当時、沢田研二の歌を作曲していた大野克夫による。ヤマト・シリーズにおいて、宮川泰以外の音楽家が作曲した最初の楽曲であり、日本コロムビア以外から発売された最初の音盤である。編曲は、宮川泰が担当。
    作詞は、沢田研二とヤマト・シリーズの両方を担当していた阿久悠による。
    映画本編で使用されたものとは、伴奏が一部異なっている。版権の都合上、1980年12月に日本コロムビアから発売された『宇宙戦艦ヤマト 主題歌ヒット曲集』(CQ-7058)では、ささきいさおがカヴァーした。後年発売の『YAMATO ETERNAL EDITION File No.10 ヤマト・ザ・ベスト』(COCX-31162)には、沢田によるオリジナル版(本編使用版)が収録されている。
  • さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち ドラマ編(CS-7077〜CS-7078)
    1978年10月に日本コロムビアから発売された2枚組LP。1995年にCDとして復刻された(COCC-12478〜COCC-12479)。

脚注[編集]

  1. ^ オリジナルLP盤の帯より。
  2. ^ 『YAMATO ETERNAL EDITION』シリーズおよび『YAMATO SOUND ALMANAC』シリーズのラインナップより。
  3. ^ 「戦慄」は「旋律」の誤植と思われる。
  4. ^ a b 厳密にはヴォカリーズだが、クレジット上は「スキャット」となっている。
  5. ^ ワンダバ「ヤマト」 - 小原篤のアニマゲ丼 - 映画・音楽・芸能 朝日新聞デジタル 2012年3月5日付
  6. ^ 祝! 「宇宙戦艦ヤマト」復活! 宮川彬良先生インタビュー! EnterJam(エンタジャム) 2012年4月6日付
  7. ^ 「テレサよ永遠に」(歌:ささきいさお、フィーリング・フリー)のインストゥルメンタル版。
  8. ^ 「好敵手」(歌:ささきいさお)のインストゥルメンタル版。
  9. ^ 主題歌「ヤマトより愛をこめて」(歌:沢田研二)のインストゥルメンタル版。

関連項目[編集]