バース星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

バース星(バースせい)は、テレビアニメ宇宙戦艦ヤマトIII』に登場する架空の惑星

概要[編集]

地球から1500光年、ボラー連邦から35000光年に位置する近隣恒星系バジウド星[1]系第4惑星である。最高気温は5度と気候は冷涼で、針葉樹林に覆われているなど、大気や鉱物組成、植物の分布状態などは地球と酷似している。

元来は独立国家「惑星国家バース」を名乗っていたが、劇中世界(西暦2205年)の10年ほど前に、ボラー連邦の保護国となった。総督府が置かれ、総督ボローズが統治していた。保護国にした理由についてボローズは「絶えず諸国家からの侵略の危機に見舞われ、独立を守れなかったため、ボラー連邦が救援の手を差し伸べた」としている。しかし、ヤマト乗組員の多数はボラー連邦が本星を侵略したと解釈していた。

本星はボラー連邦本国で犯罪を犯した囚人を移送する流刑地として使用されていた。森林や雪原には強制収容所や処刑場が建設され、ビーム柵の中で囚人が多数収容されていた。

バース星人[編集]

惑星の原住民の外観は、肌の色が緑色である以外は地球人類と酷似している。肌の色から白色彗星帝国(ガトランティス)人と容姿が酷似している。しかし、バース星人の特徴として、欧米人風な彫りの深い顔立ちで、太目の眉毛、天然パーマの栗色・茶色の髪を持っていることなどから、両者の区別が出来る。

ラジェンドラ号の艦長ラムのように軍人や警備隊に登用されており、ボラー人に虐げられる描写はなかったため、平等に扱われている様子。

バース星軍[編集]

バース星軍人はラムのように、ボラー連邦よりも故国バース星への忠誠(愛着)心が強い。地球に対しては友好的に接していた。ラジェンドラ号は、地球から補給・修理してもらった恩のため、ヤマトを見捨てて逃走することが出来ず、ガルマン・ガミラス艦隊の攻撃を受け撃沈するなど、生命よりも礼儀を重んじる描写がなされた。なお、軍服はボラー連邦軍とは異なった、帆船時代の船乗りを思わせる独自のデザインのものを着用している。

バース星艦隊は、ボラー連邦から供与された多数の戦艦Aタイプ戦艦Bタイプバルコム艦の同型艦で編成し、ラジェンドラ号を艦隊旗艦にしていた。

劇中の描写[編集]

第1話で、将軍ダゴン率いるガルマン・ガミラス帝国東部方面軍第18機甲艦隊と、ラムのバース星艦隊は太陽系近くで艦隊戦を繰り広げる。バース星艦隊は、惑星破壊プロトンミサイルを使用したガルマン・ガミラス軍に大敗を喫した。ちなみに、この戦いの流れ弾が太陽に突入し、太陽核融合異常増進を招くことになる。

第2話 - 第3話、バース星艦隊とガルマン・ガミラス軍第18機甲艦隊はバース星近くで艦隊決戦を行い、惑星国家バースはガルマン・ガミラス帝国に事実上敗北した。ガルマン・ガミラス軍第18機甲艦隊は、その勢いで地球連邦が宇宙開発をしているケンタウルス座アルファ星の第4惑星を攻撃するが、バース星残存艦隊はその背後に奇襲をかける。しかし、戦況はバース星艦隊が不利のままで、両軍とも太陽系内空域に小ワープし、戦闘を続けた。

第5話 - 第6話、バース星艦隊で唯一生き残った、旗艦ラジェンドラ号は、大破して太陽系に漂着する。宇宙戦艦ヤマトの好意で海王星の宇宙船ドッグで食料・燃料の補給と機関の修理を受けるが、追跡してきたガルマン・ガミラス軍第18機甲艦隊によって撃沈される。ヤマトも戦闘に巻き込まれ、ガルマン・ガミラス帝国と対峙することになった。

第11話 - 第12話、ヤマトはバース星近辺に到達し、警備隊長レバルスのボラー艦隊は威嚇攻撃を加える。ラムの打電でラジェンドラ号を助けた艦がヤマトであることを知っていたレバルスは、古代進の通信によって誤解が解けた。ヤマトを艦体点検と植物採集のため、ボラー星に3日間寄港することを許可し、総督ボローズも歓迎する。

しかし、ボラー連邦から移送されたシャルバート信者を中心とした流刑者が、シャルバート星に向かうことを目的にヤマトを占拠したことで状況が一変する。この囚人達がボラー側に拘束された際、古代はレバルスに対し、寛大な処置をとるようボローズに頼むよう話した。バース星に艦隊を引き連れ状況視察に赴いたボラー連邦首相ベムラーゼは、シャルバート信者の処刑を指示したため、古代の願い虚しく処刑が執行された。

この出来事で古代とベムラーゼは口論となり、ヤマト(地球)を敵国と決め付けたベムラーゼは、表敬に来た古代達とヤマトを捕らえることを命令する。その後、閲兵式を謁見していたベムラーゼは、古代たちの始末に手間取っている警備隊を見て、ボローズにヤマト撃滅を命令。バース星に駐留していたボラー艦隊はヤマトと一戦交えるが全滅。

ベムラーゼは、自分に逆らうヤマトとボローズの不手際に怒り、「あのような醜い星は二度と見たくない」と発言。ボラー艦隊は多数の惑星破壊プロトンミサイルを発射し、ヤマトもろともバース星を消滅させようとする。ヤマトにミサイルをかわされたが、ミサイルはバース星に全弾命中。ボローズをはじめ多くの味方を巻き添えとなり、バース星は破壊された。

脚注[編集]

  1. ^ 「宇宙戦艦ヤマトIII DVDメモリアルボックス 保完ファイル」(バンダイビジュアル・2001/5/25発行)P13では、この名称が松本零士原作の『光速エスパー(1967年・少年ブック)』の侵略星「バシウド」に酷似していると言及されている。