交響組曲 宇宙戦艦ヤマト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
交響組曲 宇宙戦艦ヤマト
宮川泰(作曲・編曲・指揮)、シンフォニック・オーケストラ・ヤマト(演奏)サウンドトラック
リリース
ジャンル 交響曲
アニメ
レーベル 日本コロムビア
宮川泰(作曲・編曲・指揮)、シンフォニック・オーケストラ・ヤマト(演奏) 年表
交響組曲 宇宙戦艦ヤマト
(1977年)
さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 音楽集
(1978年)
テンプレートを表示

交響組曲 宇宙戦艦ヤマト』(こうきょうくみきょく うちゅうせんかんヤマト)は、『宇宙戦艦ヤマト』のBGMオーケストラ向けに再編曲・再編成したインストゥルメンタルアルバム1977年12月25日LPレコード、カセットで、日本コロムビアより発売された。型番は、LPが「CQ-7001」、カセットが「CAK-642」。『Symphonic Suite Yamato[1]とも。

その後、1985年6月21日CD (型番:C35-7529)、1995年1月1日CD (型番:COCC-12227)の形で復刻され、『生誕30周年記念 ETERNAL EDITION PREMIUM 宇宙戦艦ヤマト CD-BOX』(型番:COCX-33021-30)にも収録された。また、2012年7月18日には、『YAMATO SOUND ALMANAC』シリーズの1枚としてBlu-spec仕様のCD(型番:COCX-37382)で再復刻された。

なお、1984年に演奏会ライブ収録、LP音盤とVHSビデオにより販売された『交響曲宇宙戦艦ヤマト』(羽田健太郎作曲・ピアノ独奏、宮川泰・羽田健太郎テーマモチーフ作曲、徳永二男ヴァイオリン独奏、大友直人指揮、NHK交響楽団演奏)とは異なる音楽作品である。

解説[編集]

テレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト』(1974年-1975年放送)を再編集した劇場用アニメ作品が1977年夏に公開され、ヤマト・ブームだけでなく、空前のアニメブームの引き金となった。また、劇場版公開前に発売されたドラマ編LP(型番:CS-7033)も大ヒットとなった[注 1][2]

1977年秋には、テレビ版のエンディングテーマの名を冠したLP『ささきいさお 真赤なスカーフ/アニメロマンの世界』や、劇場版の英語版音声トラックを編集したLP『SPACE CRUISER YAMATO』(型番:CZ-7004)も発売された。

そして、1977年12月25日に発売されたのが本盤である。これは当時としては珍しい「テレビまんが」作品の音楽集であり[注 2][2]、「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」[注 3]における最初の音楽集であった。

本盤の内容は、宮川泰作曲・編曲によるテレビ版のBGMを宮川自身が再編曲し、一部、新しいフレーズを挿入するなどして、新たにフル・オーケストラ編成でステレオ録音したものである。テレビ版でスキャット[注 4]を担当していた川島かず子(川島和子)も新録音で参加した。

本盤はBGM集として企画されたものではなかったが、発売直前の1977年12月1日深夜過ぎ(厳密には12月2日の午前1時から5時まで)にニッポン放送で生放送された『オールナイトニッポンスペシャル 宇宙戦艦ヤマト』[注 5]のBGMとして採用された。さらに、劇場版『宇宙戦艦ヤマト』などの作品がビデオ収録に伴ってステレオ化された際にも、一部BGMが本盤の曲に差し替えられている[3]

シンフォニック・オーケストラ・ヤマトは、本盤のために特別編成されたオーケストラだが、翌年公開の劇場用新作『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』以降、「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」の正規BGMを演奏するようになった。

本盤に収録された「明日への希望 〜夢・ロマン・冒険心〜」は、『宇宙戦艦ヤマト2199』において「地球の緑の丘(旅立ち~帰還、そして明日への希望)」を作曲する際の参考楽曲にもされている[4]

収録曲[編集]

  • 作曲・編曲・指揮:宮川泰
  • 演奏:シンフォニック・オーケストラ・ヤマト
  • スキャット[注 4]:川島かず子(川島和子)
  1. OVERTUNE - 序曲
  2. THE BIRTH - 誕生
  3. SASHIA - サーシャ
  4. TRIAL - 試練
  5. TAKE OFF - 出発(たびだち)
  6. REMINISCENCE - 追憶
  7. SCARLET SCARF - 真赤なスカーフ
  8. DECISIVE BATTLE - 決戦 〜CHALLENGE - 挑戦 = SALLY - 出撃 = VICTORY - 勝利〜
  9. ISKANDALL - イスカンダル
  10. RECOLLECTION - 回想
  11. HOPE FOR TOMORROW - 明日への希望 〜DREAM - 夢・ROMANCE - ロマン・ADVENTURE - 冒険心〜
  12. STASHA - スターシャ
  • 正式な曲名表記については裏ジャケットで英語表記と日本語表記を「-」で繋ぐ。([英語表記 - 日本語表記]

なお8曲目、11曲目のサブタイトルは前後を「〜」を括られ、8曲目のサブタイトル間は「=」、11曲目のサブタイトル間は「・」で繋ぐ表記が最も多く使われている。

影響[編集]

本盤の好反響を受け、既存のアニメ・特撮作品のBGMが『組曲』『交響詩』として再編成・ステレオ録音されて発売されたり、新番組のBGMが商品化を前提としてステレオ録音されるようになった[2]

既存のBGMの再録音
など。
新番組/劇場映画のBGM
など。

そのほか、『組曲』『交響詩』を冠していないものでは、『あしたのジョー2』『宝島』『新・エースをねらえ!』『伝説巨神イデオン』などのBGMがステレオ録音になっていた。また、『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』の場合、番組放送中に毎年、新しいBGM集が発売された。

なお、第1作『機動戦士ガンダム』の場合、番組放送中に2枚のBGM集(ステレオ録音)が発売されたが、放送終了時に『交響詩 ガンダム』として再編成・再録音された。いずれも劇場版のサウンドトラックLPとは別音源である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ドラマ編LPには、レコード用フルサイズのオープニングテーマとエンディングテーマも収録されていた。このヒットの影響で、1974年に初出だった主題歌「宇宙戦艦ヤマト」が『青春歌年鑑 BEST 30 '77』に収録されている。
  2. ^ 一部の劇場映画や刑事ドラマ(『太陽にほえろ!』など)のBGM集は発売されていたが、テレビまんが(アニメ・特撮番組の当時の総称)のインストゥルメンタル音楽集は『交響詩 ジャングル大帝』ぐらいしか先例がなく、しかもそちらは曲間に解説が入っていた。
  3. ^ 厳密には、当時はまだシリーズ化していなかった。
  4. ^ a b 厳密にはヴォカリーズだが、クレジット上は「スキャット」となっている。
  5. ^ 1977年8月にNHK-FMで放送された連続ラジオドラマ『ステレオ劇画 宇宙戦艦ヤマト』とは異なる番組。

出典[編集]

  1. ^ LP・カセット・CDジャケットの表記より。
  2. ^ a b c 「BonusColumn ジャンル作品サントラ考」『超人画報 国産架空ヒーロー四十年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、169頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  3. ^ M.TAKEHARA、Agila、M.D 「第一章 伝説の始まり ステレオ版『ヤマト(劇場版)』」『いま語るべき宇宙戦艦ヤマト ロマン宇宙戦記 40年の軌跡』 竹書房2014年12月11日、054頁。C0076。ISBN 978-4-8019-0075-2
  4. ^ 「宇宙戦艦ヤマト2199 オリジナルサウンドトラック Part.3」(ランティス、2013年、型番:LACA-15336)ライナーノーツより。

関連項目[編集]