外山滋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

外山 滋(とやま しげる、1935年 - 2014年3月22日)は、日本ヴァイオリニスト東京都出身。徳島文理大学音楽学部名誉教授

経歴[編集]

アレクサンドル・モギレフスキーに師事。1954年に世界最年少のコンサートマスターとしてNHK交響楽団に在籍。1960年ABC交響楽団の7カ国公演において独奏者として参加。

1980年1984年パガニーニ国際コンクール審査員としてイタリアジェノバに招かれる。2005年にはアートユニオンより初めてのソロCDアルバムをリリース。

またこれまでに東京藝術大学音楽学部講師、桐朋学園大学講師、日本指揮者協会会員、徳島文理大学音楽学部長を歴任。

2014年3月22日、直腸癌のため死去[1]。78歳没。

ディスコグラフィー[編集]

1st モーツァルト・ヴァイオリンソナタ 他三つの小品 2005.2.25 01. ヴァイオリン・ソナタ ト長調K.301
02. ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調K.377
03. ヴァイオリン・ソナタ変ロ長調K.454
04. そよ風(フーバイ)
05. 6つの連作小品op.85-3「カヴァティーナ」(ラフ)
06. ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ長調op.94bis第4楽章(プロコフィエフ)
アートユニオン

脚注[編集]

  1. ^ “訃報:外山滋さん78歳=バイオリニスト”. 毎日新聞. (2014年3月25日). オリジナルの2014年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20140327064243/http://mainichi.jp/select/news/20140325k0000m060160000c.html 2014年3月25日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『1999年度 徳島文理大学大学案内』