宇宙戦艦ヤマトシリーズの年表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

宇宙戦艦ヤマトシリーズの年表(うちゅうせんかんヤマトシリーズのねんぴょう)では、「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」における架空の出来事を年表形式に掲載する。この世界の出来事は現実の時間軸に沿って展開する設定になっており、以下の年代表記は西暦である。なお、OVA『YAMATO2520』では地球連邦結成時に西暦から年数をそのまま引き継ぐ形で制定された「星暦」が使用されているほか、『宇宙戦艦ヤマト2199』では西暦とは別にガミラスが使用する「サレザー恒星暦」の設定が存在する。

凡例[編集]

原則として「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」のうち、シリーズ第1作『宇宙戦艦ヤマト』から『宇宙戦艦ヤマト 完結編』までの、1970年代から80年代にかけて制作・公開された作品とその直接の続編として2009年に公開された映画『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』および、シリーズ第1作を基に設定を一新の上でリメイクされた『宇宙戦艦ヤマト2199』と続編の『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』について、作中の設定に基づく出来事について列挙する。

『宇宙戦艦ヤマト』〜『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』における年表[編集]

有史以前[編集]

40数億年前[編集]

約1万年前[編集]

  • 地球初の文明が誕生するが、アクエリアスの回遊によって地球が水没。たまたま通りがかった異星人の宇宙船によって救助された人々は、後に連れて行かれた先のディンギル星を征服し、ディンギル帝国の起源となる(『宇宙戦艦ヤマト 完結編』)。

21世紀以前[編集]

1940年代[編集]

1945年

22世紀[編集]

2140年代[編集]

2147年

2150年代[編集]

2151年

2170年代[編集]

2171年
2174年

2190年代[編集]

2192年
2199年

2200年代[編集]

2200年
  • 3月6日 - ヤマトとガミラスのドメル艦隊が七色星団宙域で衝突。激戦の末、ヤマトが勝利する[7](第22話)。
  • 5月5日 - ヤマトがイスカンダルに到着する[7](第25話)。
  • 9月5日 - ヤマト、地球へ帰還。乗組員中の生存者67名、戦死者47名(劇場版)。
  • 9月6日 - デスラーがデスラー砲を用いてヤマトを強襲するも空間磁力メッキにより敗北。その後ヤマトは地球へ帰還、復興が始まる[7](テレビアニメ版最終話)。なお、デスラーは戦死したと思われていたが、後に白色彗星帝国に救助されて復活(『宇宙戦艦ヤマト2』第11話)。

23世紀[編集]

2200年代(2201年以降)[編集]

2201年 - 2202年[注 2]
  • さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』『宇宙戦艦ヤマト2
    • ズォーダー大帝率いる白色彗星帝国(ガトランティス)が地球を狙う。デスラーも再登場し、ヤマトと交戦する。ヤマトの活躍により同帝国は滅び、地球は窮地を脱する。
      • なお、映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』とテレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト2』では結末が大きく異なっている。前者ではヤマトはテレザート星のテレサの力を借りつつガトランティスと相討ちの形で双方が滅び去る。後者では実際にガトランティスを滅ぼすのはテレサのみであり、ヤマトは大破して乗組員のほとんどを失いつつもかろうじて地球に帰還している(生存者19名、戦没者テレサを含めて96名)。ヤマトが消滅して古代進・森雪らも戦死した前者の結末では続編につながらないため、これ以降の年譜は後者の結末を引き継ぐことになる。
  • 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち
    • 彗星帝国との戦いから約1か月後、デスラー率いるガミラス艦隊は故郷であるガミラス本星を訪れるが、そこでは暗黒星団帝国がガミラス星を傷つけ、ガミラシウムを採掘していた。そのことに怒ったデスラーが暗黒星団帝国の艦隊と交戦し、その最中の敵艦の流れ弾によってガミラス星が爆発。その影響でイスカンダル星が漂流を開始する。
    • 同じ頃、ヤマトは新乗組員を乗せて、太陽系内での訓練航海を行う。その最中にデスラーの救援要請を受け、スターシャと古代守の救出に旅立つ。
    • ヤマトとデスラー艦隊はイスカンダル星の資源を狙う暗黒星団帝国のマゼラン方面総司令官メルダーズ率いる艦隊(旗艦は自動惑星ゴルバ)と交戦する。
    • スターシャがイスカンダル星を自爆させ、ゴルバとメルダーズを巻き添えにして死亡する。
2202年
  • ヤマトよ永遠に
    • 重核子爆弾が太陽系に侵入し、各惑星基地を壊滅させ、地球に着陸。その直後、暗黒星団帝国の地球制圧部隊が地球上の各都市を襲撃し、さらに黒色艦隊が地球無人艦隊を撃破。地球全土を制圧する。
    • 古代進、他のヤマトメインクルーとともにヤマトが隠された小惑星イカルスへ向かう。その後、ヤマトが暗黒星団帝国本星へ向けて発進、破壊する。
2202年 - 2203年[注 3]
  • 宇宙戦艦ヤマトIII
    • ボラー連邦ガルマン・ガミラス帝国天の川銀河の覇権をめぐって争う。その最中、ガルマン・ガミラス帝国軍の使用した惑星破壊プロトンミサイルが流れ弾となって太陽に命中し、太陽が核融合異常増進を始める(第1話 - 第2話)。
    • ヤマトが移住可能惑星の探査に出航する。途中、ボラー連邦とガルマン・ガミラス帝国の戦争に巻き込まれる(第3話 - 第24話)。
    • ボラー連邦首相ベムラーゼが、デスラー率いる艦隊と交戦の末に戦死。ヤマトのハイドロコスモジェン砲により、太陽が正常化する(最終話)。
2203年
  • 宇宙戦艦ヤマト 完結編
    • 銀河系中心部の宇宙で別次元の銀河が出現し天の川銀河と交差する。その影響で銀河系同士の衝突が発生、多くの星々が消滅し、ガルマン・ガミラス帝国とボラー連邦も事実上の壊滅状態となる。
    • 回遊惑星アクエリアスが突如出現し、惑星ディンギルを水没させる。
    • アクエリアスがディンギルの手によってワープを繰り返しながら地球へ近づく。
    • 地球避難船団および地球艦隊がディンギル艦隊の襲撃を受けて壊滅。
    • ヤマトがアクエリアスのワープ阻止に出撃するが、失敗する。
    • ヤマトが自爆して、アクエリアスから地球へ伸びる水柱を断ち切り、地球は救われる。

2210年代[編集]

2217年

2220年代[編集]

2220年
  • 『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』第1部
    • 惑星アマールへ向かう第1次・第2次移民船団が星間国家連合艦隊の襲撃を受け壊滅。
    • 古代進が新生ヤマトの艦長に就任し、第3次移民船団護衛艦隊司令となる[8]
    • 4月5日 - アマールに到着したヤマトが地球へ向けて現況を伝えるメッセージを送る。
    • その後、ヤマトは護衛艦隊及びアマール艦隊を率いて星間国家連合艦隊と交戦。SUS超巨大要塞との決戦に及ぶ。超巨大要塞は崩壊し、星間国家連合は事実上瓦解。
    • ヤマト、地球に残る人々を救出すべく地球へ帰投、古代美雪(古代進の娘)ら最後まで残った人々を救出する。
    • カスケードブラックホールが地球に到達。
      • ヤマト、カスケードブラックホールの正体を知り、ブラックホール内部に突入しトランジッション波動砲で破壊。地球の危機を救うが、電算室のクルーを失う(通常版)。
      • 地球はカスケードブラックホールに飲み込まれ、脱出を拒否し地球に残った真田志郎、佐渡酒造、アナライザーほか少数の人々は運命を共にする。その後、銀河系中心部に取り込まれたことが確認された地球の最期を見届けるべく、ヤマトが銀河系中心部に向け旅立つ(ディレクターズカット版)。

リメイクアニメシリーズにおける年表[編集]

2140年代(リメイクアニメ)[編集]

2141年

2170年代(リメイクアニメ)[編集]

2170年
2171年
2178年
2179年

2180年代(リメイクアニメ)[編集]

  • 第二次内惑星戦争が勃発。

2190年代(リメイクアニメ)[編集]

2191年
  • 4月1日 - 天王星の監視ステーションが太陽系に進入してくるガミラス艦隊を映像で捉える[15]
  • 国連宇宙軍が内惑星艦隊を出撃させる。先遣艦ムラサメが中央司令部の命令を受け、ガミラス艦隊に攻撃。しかしその結果、地球は艦隊の8割を喪失するという大敗北となり[16]、地球・ガミラス間に戦争が勃発する。
2193年頃
  • カ号作戦(第一次火星沖海戦)発動[要出典]
  • カ2号作戦(第二次火星沖海戦)が開始され、ガミラス艦隊による地球への直接攻撃を食い止める。以降、ガミラス側は地球への攻撃を遊星爆弾によるロングレンジ爆撃に一本化する[17]
  • 古代の両親と叔父夫婦が遊星爆弾で死亡する[18]
2194年
  • 4月1日 - 島が航宙士官候補生学校へ入学[19]
2198年
  • イスカンダルからの1人目の使者が地球へ訪れる[20]
  • 3月31日 - 島が航宙士官候補生学校を卒業[19]
  • 12月25日 - 国連宇宙軍第一艦隊がメ号作戦へ出撃[19][注 5]
  • 12月26日 - 古代と島が「ウズメ」として火星に降り立ち、待機を始める[19]
2199年
  • 1月17日 - メ号作戦(冥王星海戦)が開始される。艦隊は旗艦キリシマを除き全滅するも、本来の目的である陽動には成功。「アマテラス(イスカンダルからの2人目の使者)」から波動コアを回収[21]。(以下、『宇宙戦艦ヤマト2199』)
  • 2月8日 - キリシマが地球へ帰還[19](第1話)。
  • 2月11日 - 島が戦時特進のうえ、ヤマト計画へ編入[19]
  • ヤマトが地球を発進(第2話)。
  • 地球発進から4日[22] - ヤマトの「メ2号作戦」により、ガミラスの冥王星前線基地が壊滅する(第6話)。
  • 地球発進から10日[22] - ヤマトがヘリオポーズを通過し、太陽系を離れる(第7話)。
  • 地球発進から92日[22] - ヤマトがバラン星突破作戦を行い、大マゼラン銀河近傍に到達する(第18話)。
  • 地球発進から119日[22] - 七色星団海戦が勃発する(第19話)。
  • 地球発進から154日[22] - ヤマトがサレザー恒星系に到達(第22話)。
  • 地球発進から155日[22] - ガミラス本星の第二バレラスが崩壊する(第23話)。
  • 地球発進から166日[22] - ヤマトがイスカンダルを発進(第24話)。
  • イスカンダル発進から約1か月[23] - ヤマトが大マゼラン銀河外縁部でガトランティス艦隊と遭遇(『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』)。
  • 地球発進から222日[22] - ヤマトがバラン星の亜空間ゲートを突破し、銀河系外縁に到達(第25話)。
  • 12月8日 - 沖田十三死没。同日、ヤマトが地球へ帰還[24](最終話)。

2200年代(リメイクアニメ)[編集]

2202年
  • 帝星ガトランティスによるテレザート星侵略作戦が始まる。(以下、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』)
  • 12月8日 - 地球でアンドロメダ級4隻の進宙式が行われる[25]。また、沖田の命日として、英雄の丘に旧ヤマトクルーが集う[26](第2話)。
  • 12月下旬 - ヤマトが地球を発進する[26](第4話)。

『SPACE BATTLESHIP ヤマト』における年表[編集]

2166年
  • 10月31日 - 古代進誕生。
2199年
  • 8月21日 - 火星星域戦にて古代守および沖田良太郎などが死没。
  • ヤマトが地球を発進。
  • ヤマト、ガミラス本星を離れ、イスカンダルに到着。
  • ヤマトがイスカンダルを発進。
  • ヤマトが地球へ帰還。

『YAMATO2520』における年表[編集]

星暦2400年頃
  • 地球連邦とセイレーン連邦による銀河100年戦争開始。
星暦2503年
  • 地球連邦とセイレーン連邦による銀河100年戦争終結。
星暦2520年
  • 墜落した第17代宇宙戦艦YAMATOが発見される。
  • 第17代宇宙戦艦YAMATOにあったデータから第18代宇宙戦艦YAMATOが製造される。
  • ヤマトが惑星リンボスを発進。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『宇宙戦艦ヤマトDVDメモリアルボックス保完ファイル』p. 10第1話、p. 11第3話各「ポイント解説」によると、第1作第18話での真田の回想シーンから逆算すると冥王星海戦(第1話)は2199年4月末〜5月頭と推測される。
  2. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2 DVDメモリアルボックス 保完ファイル』pp. 10-17の各話の解説ポイントによると、『宇宙戦艦ヤマト2』は2201年末〜2202年々頭にかけての物語とされているが、続編の『新たなる旅立ち』が時代設定を2201年としたため矛盾が生じてしまっている。
  3. ^ 『宇宙戦艦ヤマトIII』の年代設定に関しては、劇中では「23世紀初頭」とのみ述べられており、細かい年は明言されていない。なお、当初『III』の年代は2205年の設定だったが、続編となる映画『宇宙戦艦ヤマト 完結編』が2203年の設定になったため、『III』の年代設定も2202年に変更された。
  4. ^ ただし、雪の経歴の真偽は不明。
  5. ^ なお、『宇宙戦艦ヤマト2199』第17話Bパートの回想シーンでのテロップでは、出撃前日が10ヶ月前となっており、逆算すると出撃が7月頃ということになり矛盾が生じている。

出典[編集]

  1. ^ 『宇宙戦艦ヤマト』劇場版ナレーションより。史実では4月7日
  2. ^ 情報班資料室 沖田十三”. 宇宙戦艦ヤマト発信!. 東北新社バンダイネットワークス. 2004年12月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月22日閲覧。
  3. ^ 情報班資料室 佐渡酒造”. 宇宙戦艦ヤマト発信!. 東北新社、バンダイネットワークス. 2009年3月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月22日閲覧。
  4. ^ 情報班資料室 古代守”. 宇宙戦艦ヤマト発信!. 東北新社、バンダイネットワークス. 2004年12月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月22日閲覧。
  5. ^ 情報班資料室 真田志郎”. 宇宙戦艦ヤマト発信!. 東北新社、バンダイネットワークス. 2004年12月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月22日閲覧。
  6. ^ 「宇宙艦隊図録 File01 Sheet09 地球防衛軍 沖田艦」『宇宙戦艦ヤマト OFFICIAL FACTFILE』第23号p. 3。
  7. ^ a b c d e f 大宇宙年表”. 東北新社、バンダイビジュアル. 2017年2月22日閲覧。
  8. ^ a b ストーリー|劇場用アニメーション映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」”. 2009 ヤマトスタジオ、「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」製作委員会. 2017年2月22日閲覧。
  9. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』第12話Aパートに登場する沖田の電子カルテの記載より。
  10. ^ 宇宙巡洋艦ムラサメ宇宙戦艦ヤマト2199公式サイト、2015年10月18日閲覧
  11. ^ 宇宙戦艦キリシマ宇宙戦艦ヤマト2199公式サイト、2015年10月18日閲覧
  12. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 COMPLETE WORKS-全記録集-Vol.1』p. 120。
  13. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 COMPLETE WORKS-全記録集-Vol.1』p. 124。
  14. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 COMPLETE WORKS-全記録集-Vol.1』p. 126。
  15. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199』第11話Aパートに登場する政府広報映像より。
  16. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 第四章 銀河辺境の攻防』劇場パンフレット(松竹、2013年)p. 16。
  17. ^ 宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』BD&DVD(バンダイビジュアル、2014年、BCXA-0918、BCBA-4639)映像特典「地球組織解説」より。
  18. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[EARTH]』(マッグガーデン、2013年)p. 192によると、古代進が14歳の時に死亡したとされる。
  19. ^ a b c d e f 『宇宙戦艦ヤマト2199』第16話Aパートに登場する島大介の経歴書の記載より。
  20. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 COMPLETE WORKS-全記録集-Vol.1』p. 117。
  21. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 COMPLETE WORKS-全記録集-Vol.1』p. 012。
  22. ^ a b c d e f g h 『宇宙戦艦ヤマト2199』第1話エンディング後に流れる第2話予告映像での人類滅亡までの日数「365日」から、各話予告映像での日数を差し引いた日数。
  23. ^ 宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』劇中での桐生美影の日誌より。
  24. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 COMPLETE WORKS-全記録集-Vol.3』(マッグガーデン、2015年、ISBN 978-4800004697)p. 057。
  25. ^ サンケイスポーツ特別版2017年3月24日号『宇宙戦艦ヤマト2202新聞』(産業経済新聞社、2017年2月24日発行)7面。
  26. ^ a b イベントレポート 第四章 / ヤマトーク関西出張版レポート SPECIAL|宇宙戦艦ヤマト2202宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち公式サイト、2018年3月14日閲覧。ヤマト発進日については「年の瀬」「クリスマスより後かな?」と述べられている。

参考文献[編集]

  • 「宇宙戦艦ヤマト2 DVDメモリアルボックス」(バンダイビジュアル、2001年、BCBA-0531)ライナーノーツ『宇宙戦艦ヤマト2 DVDメモリアルボックス 保完ファイル』。
  • 「宇宙戦艦ヤマトIII DVDメモリアルボックス」(バンダイビジュアル、2001年、BCBA-0532)ライナーノーツ『宇宙戦艦ヤマトIII DVDメモリアルボックス 保完ファイル』。
  • 『週刊宇宙戦艦ヤマト OFFICIAL FACTFILE』 デアゴスティーニ・ジャパン、2010 – 2011年。
  • 『宇宙戦艦ヤマト2199「ヤマト計画」記録集』 角川書店2013年ISBN 978-4-04-110597-9
  • 『宇宙戦艦ヤマト2199 COMPLETE WORKS-全記録集-Vol.1』 マッグガーデン、2015年ISBN 978-4800004680